和歌山県のK.Nさんの合格体験記

執筆者紹介

K.Nさん

自己紹介
現在社会人の男ですが、高校2年生の春から卒業まで家庭教師の先生に見ていただいていました。好きな科目は生物で、嫌いな科目は数学でした。

家庭教師の利用方法

金額については一時間1000円程度で見てもらっていました。頻度は週に2回程度で、受験が近くなると3回きて頂いていました。学生教師ですが、教育学部のため教えたいという気持ちが伝わってきて熱心さはすごく惹かれました。塾とは併用せず、家庭教師一本での受験でした。

合格体験記

私が家庭教師を利用したのは和歌山県の高校で2年生の春でした。中学までは成績も上位で、特に熱心に勉強することもなく部活動に明け暮れている生活で高校1年生のときにも同じ生活を続けていました。しかし、勉強しないことによって成績は見事に急降下。どんどんわからないことが増え、成績もしたから数える方が早いようになってきました。

それを見兼ねた親が知り合いの伝手で教育学部の先生を見つけてきました。しばらく教えてもらっていたのですが、なかなか集中力が続かず、すぐに勉強に飽きてしまってゲームがしたくなることがしばしば見受けられました。それに気づいた先生が雑学を交えて授業をするようになりました。すると授業の話が面白いから聞く、とりあえず言われたことをやってみて出来たら褒めてくれる。飽きないように面白い話を挟むなど、私のペースに合わせてうまいこと教えてくれていました。

次第に自分でも学ぶ楽しさを知り、ただの勉強ではなく、社会に出てこういう時に役立つんだなと気づき始めてからのめり込むように勉強するようになりました。通常の塾とはかなり違う点が個人指導なのでわかりにくいところは納得がいくまで質問ができるということでした。分からないことはすべて後回しにしていたのですが、先生にそれだと自分の成長につながらないよとおっしゃっていただいたを今でもはっきり覚えています。そういった学ぶということの本質を知ることができたというのが一番の家庭教師の利点だと思います。

ただ一つ悪かった点をあげるとすれば塾と違って仲間意識や競争意識がないということです。だれているときにも自分でやらなければいけないという環境にはあるので、逆にいうとサボろうとおもえばいくらでもサボれる環境にはありました。そこをどう改善するかが鍵で、私の場合は楽しみを一つ作るということをやっていました。ここまで終わったらあれをしよう、これをしようといったこともしました。また、出来たら先生に報告をしていました。そうすると褒めてもらえたりしたのです。そういった細かいことがモチベーションを維持する秘訣だと思います。

成績はある程度安定してきたのですが、受験間際になると求められるレベルが全然違ってきたことに一時期は心を痛めていたこともあります。そんな時には家庭教師の先生が、いま自分にはなにが足りてなくて、なにが得意かということをしっかりと見極めてくれました。私の場合は生物や国語など比較的暗記要素が強いものが得意だったのですが、数学などが苦手であまり進んでは勉強しないようになっていました。そこで得意な教科についてはどんどん伸ばすように発展的な問題を中心に、苦手な教科については中学のレベルまでさかのぼって教えてくれたりと個人で見ていただいていたのでそういう点がはっきりとわかったということが本当に家庭教師で良かったと思える点です。ここで自分が塾通いだったとしたら好きな大学に通うことはできなかったでしょう。ましてや勉強に対する姿勢、学ぶということはどういうことかという本質的な部分を知ることは絶対にできなかったでしょう。

私は家庭教師か塾かどちらかがいいかと聞かれると迷わず家庭教師と答えます。

志望校には最初は通ることはないだろうと散々言われました。しかし、家庭教師の先生は一言「できるだろう。」とおっしゃってくれました。そこで私の気持ちが燃え、先生もその気持ちに応えてくれて必死で私を受からせようとしているという姿勢が伝わってきた時に私の本気度もかなり上がりました。これだけ思ってくれる先生がいる自分は幸せ者だし、ここで受からないと応援してくれているのに申し訳ないなという気持ちからどんどん積極的に質問も投げかけました。その度に丁寧に教えてくれて自分でも考えるのを促すように導いてくれたりもしました。一度の質問ではわからない時には二度目の質問をし、二度目の質問がわからない時は三度目の質問をし、とかなりしつこく聞いたという風に後から聞かされもしました。

その結果、志望校に合格し元々好きであったバイオ系の遺伝子を扱う学部にはいることができました。

最後に私がオススメするのはやはり家庭教師です。マンツーマンで教えてもらえること、それが一番の魅力だと感じています。質問がしやすく自分のペースにあわせることがことが出来、成績の伸びも人間的にも非常に成長できると思っています。

資料請求は1度に最大5社までとなっておりますので、ご注意下さい。
現在、6社以上選択しています。

和歌山県に関する特集記事

和歌山県の受験情報や、家庭教師を利用していた元受験生の体験記を記載しています。
家庭教師を選ぶ上で参考になる情報が多くありますので、是非ご活用ください。

合格体験記
S.Mさんの合格体験記
大学受験前の高校三年に突入する頃は、大学入試に挑むような準備は全く行っていませんでした、部活が厳しかった事と3年の6月までは部活を行っ・・・続きを見る
高校受験対策情報
S.Yさんの受験対策情報
■和歌山県の高校受験の特徴とは 私立は、 智辯学園和歌山高校・近畿大学附属和歌山高等学校・開智高等学校 公立は、 和歌山県立桐蔭高・・・続きを見る

和歌山県の特集記事一覧を見る

家庭教師比較ネットのおすすめコンテンツ
  • ぴったり家庭教師診断
  • 家庭教師ランキング
大学受験にオススメの家庭教師派遣会社

近くの都道府県から家庭教師を探す

家庭教師派遣会社を探す