和歌山県の高校受験対策情報

執筆者紹介

S.Yさん

自己紹介
3児の母で子どもの幼稚園受験を経験しており、現在は中学校受験及び小学校受験を目指して情報収集や子どもへの指導を行っております。主人の指導経験及び、受験経験(幼稚園受験・小学校編入試験・中学校受験・筑波大学附属駒場高等学校・東京大学文科一類合格)に基づき、記事の執筆を手がけました。

執筆者経歴

東大螢雪会2年、SAPIX中学部(高校受験)Zクラス2年の指導経験があり、主に高校受験を指導してきました。筑波大学附属駒場高等学校や開成高等学校をはじめとし、多数の難関校への合格実績があります。

受験対策情報

■和歌山県の高校受験の特徴とは

私立は、
智辯学園和歌山高校・近畿大学附属和歌山高等学校・開智高等学校

公立は、
和歌山県立桐蔭高等学校・和歌山県立向陽高校

等が、偏差値60以上の上位校として知られています。
和歌山県では、私立優位で、公立の併願校としてではなく、本命校としても私立高校が人気を集めています。
また、近隣の大阪府や奈良県そして京都府等の、私立の上位校を併願校とする方も多くいらっしゃいます。

■和歌山県の高校受験の上位校とは

智辯学園和歌山高校は、小中高一貫教育を行っており、高校からの入学は「編入コース」もしくは「スポーツコース」となります。
編入コースは国立大学の受験を目指す生徒の為のコースで、二年次から内部進学生と合流します。
3年間で4年分の授業時数を確保するコースです。
スポーツコースは野球で甲子園を目指すためのコースで、甲子園の常勝校として知られています。

2013年度の大学合格実績は、東京大学6名、京都大学13名で、国公立大学及び文部科学省管轄外大学校の医学部医学科に56名の合格者を輩出しています。

近畿大学附属和歌山高等学校は、中高大の一貫教育を行っている共学の高校です。
進路指導の充実を目標に掲げており、バックアップ体制が整っています。
2期制を採用しており、土曜日にも授業を行い、授業時数を確保しています。

2014年度の大学合格者実績は、東京大学3名(内現役3名)、京都大学9名(内現役8名)で、付属の近畿大学には368名(内現役354名)の合格者を輩出しています。

和歌山県立桐蔭高等学校は、中高一貫教育を行っている共学の高校です。
全国大会出場を果たした強豪の部活も多くあり、文武両道を目標としています。

2013年度の大学合格実績は、東京大学1名(内現役1名)、京都大学4名(内現役2名)、同志社大学36名(内現役16名)、立命館大学54名(内現役28名)と、難関校に多くの合格者を輩出しています。

■和歌山県での高校受験で大切な「内申点」の対策

和歌山県は、公立高校だけではなく私立高校にも上位校が沢山あり、近隣他府県へも目を向けると併願の選択肢が広いエリアです。
けれども公立高校を第一志望に考えている方や、推薦を狙っている方は、やはり「内申点」をある程度の基準でキープしておく必要があります。

内申点は、テストの点数のように対策をしたからいきなり伸びる物ではありません。
提出物や授業態度など、日頃の積み重ねが非常に大切になります。
高校受験の対策を早期から行うのであれば、是非内申点の対策をすることをお勧めします。
内申点が高ければ、その分選択肢が広がります。

・授業態度
授業に出席することは勿論ですが、授業中の態度にも気を配りましょう。
例えば、授業中寝ていたり集中していないのでは、授業態度が良いとは言えません。
授業をきちんと聞き、授業に積極的に参加する姿勢が大切です。

・提出物
先生によっては、ノートを点数化したり、宿題を出すことは珍しくありません。
また、忘れ物が多すぎるのもマイナスになります。
提出物は忘れずに出し、期限をきちんと守ることが大切です。

・小テストや定期テスト
テストは、習熟度を知る大切な目安になります。
いくら授業態度が素晴らしくても、テストの成績がいまいちだと内申点をあげるのは難しいです。
予習だけでは無く復習もしっかりとして、基礎学力の定着をはかりましょう。

・遅刻や早退そして欠席など
学校によっては、欠席日数に基準を作って、それ以上学校を休んでいると推薦入試に出願できないケースもあります。
「遅刻や早退を3回で1日欠席の扱い」等の、細かい規定があることも珍しくありません。
折角授業態度や提出物に気を配っていても、欠席や遅刻が多すぎては意味が無いのです。
怪我や入院等の特別の理由が無い限り、毎日学校へきちんと通うことが大切です。

■早期から高校受験を視野に入れるメリット

中学入学と同時に、高校受験を考えて勉強を始めるメリットをご紹介します。
いつから受験勉強をはじめるか悩んでいる方は、是非今から対策をはじめて下さい。

・頑張った分成績に反映されやすい
中学入学から勉強をはじめる子が少ない環境の場合には、頑張った分すぐに成績に反映されやすいと言えます。
他の子はまだ高校受験の為の勉強をはじめていないなら、順位を上げることはそんなに難しくありません。
そうして順位があがり、結果が出ると、今度はその順位をキープするために勉強を続けるお子さんが多いのです。
つまり、努力の結果が目に見えると、勉強へのモチベーションに繋がるのです。

・内申点の対策が十分に出来る
和歌山県の公立高校入試では、中学1年生の成績も選抜で利用されます。
つまり、早期から内申点の対策を行うことが出来ると、その分合格もしやすいと言えます。

・粘り強さが身につく
毎日コツコツと勉強を続けることで、粘り強さや我慢強さを身につけることが出来ます。
試験前にさっと勉強をして良い点数を取るお子さんもいらっしゃいますが、高校受験そして難関大学への受験を視野に入れた場合、コツコツと勉強を続けることは非常に大切なポイントになります。

資料請求は1度に最大5社までとなっておりますので、ご注意下さい。
現在、6社以上選択しています。

和歌山県に関する特集記事

和歌山県の受験情報や、家庭教師を利用していた元受験生の体験記を記載しています。
家庭教師を選ぶ上で参考になる情報が多くありますので、是非ご活用ください。

合格体験記
K.Nさんの合格体験記
私が家庭教師を利用したのは和歌山県の高校で2年生の春でした。中学までは成績も上位で、特に熱心に勉強することもなく部活動に明け暮れている・・・続きを見る

和歌山県の特集記事一覧を見る

家庭教師比較ネットのおすすめコンテンツ
  • ぴったり家庭教師診断
  • 家庭教師ランキング
高校受験にオススメの家庭教師派遣会社

近くの都道府県から家庭教師を探す

家庭教師派遣会社を探す