和歌山県のS.Mさんの合格体験記

執筆者紹介

S.Mさん

自己紹介
高校は進学校でしたが部活で3年間みっちり行った為に、成績は中の下辺りで、赤点を取らない程度にテストに取り組むような勉強しかしていなかったです、そこから家庭教師に教わり、私立上位校に現役で入りました。

家庭教師の利用方法

個人契約で家庭教師の方に勉強を教わりました、3年の部活がある6月までは週に2回程度、それ以降は週に5回、2人の家庭教師に教わりながら大学受験に備えました、私立大学の政治経済を志望し、教科は日本史選択し、現代文や英語の対策を行いました。

合格体験記

大学受験前の高校三年に突入する頃は、大学入試に挑むような準備は全く行っていませんでした、部活が厳しかった事と3年の6月までは部活を行っていましたから、何の準備もせずにダラダラと過ごしていました、精々英語だけはコツコツと積み重ねて勉強していた程度で、他教科は赤点を免れる程度に勉強する程度でした。

進学校だったので、周りは1年から受験準備を行っている生徒も多かったですが、私は全く準備不足でした、そこで三年生になった時から部活が終わるまでは週に2回程度家庭教師の方に入ってもらう事にしました、志望校に合格経験のある親戚が居たので、その親戚から紹介された方で、とにかく勉強癖もついていませんでしたし、時間も無かったので、受験科目を絞りこんで受験対策を行ってもらいました。

英語だけは少し余裕がありましたが、現代文や歴史に関しては、ほぼ一からのスタートと言っても過言では無い状態からのスタートです。部活が終わるまでの間に記憶系の歴史や英単語関係の勉強のコツを教えてもらい、地道に行って行く事にしました、漠然と勉強しても無駄という事を教わって、とにかく勉強癖をつける所から始まりました。

本当に基礎中の基礎ですが、記憶するだけでなく、想起を組み合わせて勉強するという所から指導されて、高校入学時の受験程度なら、適当に教科書を眺めて繰り返して読んだり問題集を解いていれば何とかなりますが、勉強のコツを教わりながら確実に知識を定着させやすい方法を組み込んで勉強していきました。

予定を組んでもらって、記憶1に対して想起が2というような比率での勉強で、記憶して終了というのではなく、その記憶した情報を活かして実際に使ってみるという訓練の方法も勉強方法の中に組み込んでもらって、脳の忘却曲線の特性を活かして学習していきました。簡単に言えば一般の方の脳は、記憶した所からドンドンと忘れていくので、忘れかけた頃にまた同じ所を記憶するというようなリズムを取っていく方法です、家庭教師の方にプランニングしてもらって管理されながら行っていったので非常に効率良く記憶する事が出来ましたし、歴史に関しても学校で学ぶレベルの事を、家庭教師に1か月程度で一気に流れを教えてもらいつつ、記憶しやすい土台を作ってもらいました。

部活が終わってからは週に5回程度は来て貰い、現代文の先生は別に紹介してもらいました。現代文はテストを行っても波があるという感じだったのですが、先生に指導してもらってからは、波がなく、確実に解けるものは解けるという自信が付きました。現代文も読み方やコツを教えてもらうだけで、随分と視点が変わりました、それまで現代文と言えば漠然と読んでみて、解る時は解るけど解らない時は解らないという非常に曖昧な捉え方をしていたのですが、取組方や読む時の作法、着眼点等を教えてもらい、あとは読解して問題を解き、先生に解説してもらうという事を繰り返しているうちに自信科目になりえました。

問題集や過去問を用意してもらって、確実に6.7割程度取れるようになってきて、2か月経つ頃には8.9割取れるようにもなり、現代文に関してはコツを知るか知らないかで全く違ってくるという事が解り、苦手意識は無くなりました。現代文は完璧に仕上げるという意識をしなくても、土台になる考え方を知る事で、ボーダーラインまでは比較的早く行ける実感がありました。

日本史は恥ずかしいですが、律令制度というキーワードが出ても何かよく解らないという程度の所からのスタートです、鎌倉時代と室町時代、平安時代の並びすら曖昧で怪しいという感じで、断片的に得意な年代もありましたが、典型的な時代が繋がっていない断片知識しか無かったです、それまで漠然と知識詰め込み型の勉強で、テスト前だけ年号や重要事項を暗記してその場をやり過ごし、学校レベルのテストでは7割取れても何も身につかないという勉強方法でしたが、先生に断片知識を体系化させるコツを教えてもらいました。日本史や世界史はまともにやっていくと膨大過ぎて数か月で仕上げるのは不可能ですから、ポイントだけは押さえて7.8割の完成を目指すという感じで取り組む事になりました。やはり最初に流れを知る事が重要だったので、流れからザックリと面白おかしく教えてもらえましたから、飽きる事無く教わる事が出来ました、知識を詰め込みやすい土台を作ってからは、大学受験レベルの日本史だとそれ程苦労せずに解けるようになっていきましたし、かなり効率的に受験に特化した勉強カリキュラムを組んでもらえましたし、切り捨てる部分は切り捨てるという方法で大学受験に合格する事が出来ました。

おそらく一浪、二浪しても独学で行えば合格が無理だったと思いますが、指導してくれた家庭教師が非常に良かったという事もあり、数か月の勉強で志望校に合格する事が出来ました。

私の場合は家庭教師会社からの派遣という形では無く、志望校受験に失敗した経験も持った方が教えてくれましたから、教え方も上手く、何をすれば失敗して何をすれば成功出来るかを明確化してくれたので、家庭教師選びには迷う事が無かったです。

資料請求は1度に最大5社までとなっておりますので、ご注意下さい。
現在、6社以上選択しています。

和歌山県に関する特集記事

和歌山県の受験情報や、家庭教師を利用していた元受験生の体験記を記載しています。
家庭教師を選ぶ上で参考になる情報が多くありますので、是非ご活用ください。

合格体験記
K.Nさんの合格体験記
私が家庭教師を利用したのは和歌山県の高校で2年生の春でした。中学までは成績も上位で、特に熱心に勉強することもなく部活動に明け暮れている・・・続きを見る
高校受験対策情報
S.Yさんの受験対策情報
■和歌山県の高校受験の特徴とは 私立は、 智辯学園和歌山高校・近畿大学附属和歌山高等学校・開智高等学校 公立は、 和歌山県立桐蔭高・・・続きを見る

和歌山県の特集記事一覧を見る

家庭教師比較ネットのおすすめコンテンツ
  • ぴったり家庭教師診断
  • 家庭教師ランキング
高校受験にオススメの家庭教師派遣会社

近くの都道府県から家庭教師を探す

家庭教師派遣会社を探す