最適な家庭教師の見分け方

なぜ家庭教師を見分ける必要があるのか?

信頼のおける家庭教師派遣会社の家庭教師でも、家庭教師によって特性、性格、能力には違いがあります。また、指導を受ける ことでどれだけ成績が伸びるかは、もちろん生徒のやる気にもよりますが、家庭教師次第と言えます。そのため、家庭教師を決 定する前にチェックをして、生徒にとってベストな家庭教師を選びましょう。

見分ける上で確認すること

家庭教師の優秀さを見分ける上で、確認すべきことは以下の8つの項目です。

指導力 相性
  • ・指導経験
  • ・指導ノウハウ
  • ・学力
  • ・熱意
  • ・性別、年齢
  • ・性格
  • ・得意分野
  • ・教育観、指導方針
指導経験
指導力を確かめる上で、重要な指標となります。指導経験が豊富なほど、指導力が高いことが予想されます。確かめるには、 過去の指導実績を聞けばよいでしょう。どれくらいの学力の生徒を、どれほど伸ばしたかを詳しく聞くことで、指導力につ いて推察することができます。
指導ノウハウ
家庭教師によっては明確なノウハウを有していない場合があります。どのように指導をおこなうか、指導に関する能力向上を どのようにしているか、指導面に関する派遣会社との連携方法、教師の受けた研修等を確認することで、ある程度推察するこ とができます。最終的には体験授業に同席してチェックすることをお勧めします。
学力
偏差値の高い中学・高校に所属している場合や、難関学校への受験を考えている場合、当然同レベル以上の偏差値の学校出身 者が望ましいです。教師の学歴と、その大学・学部の偏差値について調べましょう。
熱意
熱意があるほど、質の高い指導が望めます。家庭教師をしている目的、家庭教師をはじめたきっかけを確認し、指導に対する モチベーションをチェックしましょう。お金を稼ぐことのみを目的としている教師は指導の質が低い可能性が高いと言えるで しょう。
性別・年齢
生徒のタイプに合わせて教師の年齢層・性別を選びましょう。例えば、勉強することが嫌いなタイプの生徒の場合は、一緒に 寄り添ってがんばれるという点で親しみを持ちやすい大学生の先生がいいでしょうし、明確な目標が決まっており厳しく指導 してほしい場合は経験豊富な教師がいいでしょう。
性格
性格は相性を考える上で、非常に重要な要素と言えるでしょう。やさしい、まじめ、厳格、気さく、明るい、元気等、教師に よって性格は様々です。実際に会話や体験授業を通して確かめる必要があります。生徒が指導を気持ちよく受けられる教師が 望ましいでしょう。
得意分野・経歴
家庭教師には得意分野があります。生徒の抱える課題に対してマッチした教師を選びましょう。また、受験対策を希望する場 合は、実際にその受験を経験している教師が望ましいです。例えば私立中学への受験を考えているのであれば、私立中学出身 の教師のほうがより細かで適切な指導が期待できます。
教育観・指導方針
指導方針や教育観は合う・合わないがあるので、事前に確認しましょう。解き方・公式を覚えることを重視するのと、なぜそ ういった解答になるかをとことんつきつめて考えさせるといった思考力を鍛えることを重視するのでは、一長一短があります。 目的や生徒のタイプに合う教師を選びましょう。

見分ける方法

上記で挙げた確認すべき8つの項目を以下の手順でチェックします。

事前準備

指導を受ける上での目標設定をし、教師に求める人物像・指導能力を明らかにしましょう。 派遣会社を利用する場合は、事前に要望を伝えることで、比較的生徒に合った教師の紹介 を受けることができます。

派遣会社にヒヤリング

候補の教師が決定したら、家庭教師派遣会社にヒアリングをしましょう。
学歴等の履歴書でわかるレベルの情報や、指導経験、指導ノウハウ、得意分野等に関して はこの段階でヒアリングし、問題があれば要望を伝えましょう。

教師と面談

可能であれば教師、生徒、生徒の親の3者で面談をしましょう。
手順1で聞いたことを確認・深堀りしつつ、熱意や教育観、指導方針を確認します。
さらにマナー、誠実さについても確かめ、信頼しうる人物か判断しましょう。

体験授業

最終チェックのために、体験授業を受けましょう。教師と生徒の2人ではなく、生徒の親 も一緒に同席し、指導ノウハウなど、手順1-2で確認してきたことに誤りがないかを確か めましょう。

教師決定

教師決定後も積極的に教師・生徒それぞれとコミュニケーションをとりましょう。
コミュニケーションをとることで、うまくいっていない点のキャッチアップや熱意の低下 防止が可能となります。

最適な教師を見つけて、より効率的に志望校合格、成績向上等の目標達成をしよう!

家庭教師派遣会社を探す