家庭教師のトラブルシューティング

家庭教師トラブルとは?

家庭教師派遣会社は当サイト「家庭教師比較ネット」で掲載されている会社以外にも、数多くあります。しかし、中には利用者をだまして、高額な学習教材を押しつけたり、契約後にはすべてのサポートを一方的に打ち切ってしまうなど悪質な家庭教師派遣会社も存在します。
お子様の貴重な時間・大事な成長の機会を預ける家庭教師派遣会社です。質の低い会社を選んでしまえば、それだけで成長の妨げになりますし、お金や時間の無駄になってしまいます。
このページでは、そんな悪質な家庭教師派遣会社・家庭教師と付き合うことで生じる様々な「家庭教師トラブル」を、皆様に事前に知っていただき避けてもらうために、トラブルの実例と解決策や対策法を紹介いたします。

料金・契約に関するトラブル

家庭教師を申し込むにあたって、絶対に避けたいのは「お金」や「契約」に関するトラブルです。このコーナーでは「高額教材」や「悪質な契約」についてのトラブルの実例と対策法を紹介します。

Case1 高額な商材を買わされた!

家庭教師派遣会社の中には、その会社オリジナルの教材を販売しているところもあります。金額が常識的な範囲内に収まるなら問題ありませんが、悪質な家庭教師派遣会社だと、10万円以上もする高額教材を売りつけることもあります。
お子様の学習に高額な教材は一切必要ありません。高額な教材を勧められたら、必ず断りましょう。
もし高額な教材を購入してしまった場合は、クーリングオフ制度を利用してください。サービスだけでなく教材に関しても返金してもらうことができます。

Case2 支払い方法が一括・またはローンだった!

支払い方法に関しても注意が必要です。一般的には、家庭教師派遣会社・家庭教師の授業料は月ごとの支払いになりますが、悪質な家庭教師派遣会社は1年間の授業料を一括で請求してきます。1年分の料金を支払った後は、教師の途中変更など満足にサポートやアフターケアに応じなかったり、最悪の場合、音信不通になることもあります。
また、ローンでの支払いにも注意です。数年単位のローンで契約してしまうと、家庭教師との契約終了後・中途解約後にも、テキスト代金の支払いが続き、不必要な出費を強いられます。
リスクの高い契約を避けるために、一括方式・ローン方式での支払いを求める家庭教師派遣会社とは契約しないでください。もし契約してしまった場合は、消費生活センターやお近くの行政書士と相談してみましょう。

Case3 中途解約ができない!

家庭の事情や成果が見えないことから家庭教師の中途解約を申し込むことがあると思います。しかし、悪質な家庭教師派遣会社だと、事前に聞いていなかった違約金が発生したり、中途解約を断られることがあります。
家庭教師と契約するときは、事前に中途契約の条件について質問してみましょう。悪質でない家庭教師派遣会社なら、条件についての説明があるはずです。納得できる説明がない家庭教師派遣会社とは契約しないでください。
もし契約している家庭教師派遣会社に教師の変更や中途解約を断られた場合は、消費生活センターや行政書士に相談しましょう。特定商取引法(とくていしょうとりひきほう)にて、利用者が中途解約する権利は認められているので、一方的に不利益を受けることはありません。

Case4 契約していた家庭教師派遣会社が倒産してしまった!

過去に消費生活センターでは「家庭教師の契約をしていた会社が倒産しました。事前に払っていた料金はどうなるのでしょうか」といった相談が寄せられました。
長期間の契約をする場合に代金を前払いしていると、家庭教師派遣会社が倒産しまった時に、そのお金を取り戻すのはかなり難しいのです。
大きなリスクを避けるために、家庭教師を申し込むときは、一括の支払いはなく、月謝制など月単位の支払いができる会社を選んでください。

家庭教師比較ネットでは上記のような「料金」や「契約」トラブルを起こすような悪質な会社は一切掲載しておりません。
子どもにとって最高の教師を見つけたい方は、トップページから家庭教師派遣会社を探してみましょう。

家庭教師に関するトラブル

ここまでに「料金や契約」「家庭教師派遣会社」にまつわるトラブルを紹介してきました。最後のコーナーでは、「家庭教師」にまつわるトラブルを紹介します。子どものこれからの成長に大きな影響を与える家庭教師。悪質な家庭教師を選ばないよう注意しましょう。

Case1 社会人として最低限のマナーが守れていない!

これは家庭教師だけでなく、塾や学校にも当てはまることですが、社会人としてのマナーや礼儀がしっかりしていない人間は、あまり教師としての能力も高くありません。
優れた家庭教師は子どもの学力だけでなく、人間としての成長も考慮するので、必然的に礼儀やマナーに関しても目を配ります。もし、家庭教師のマナーや態度が悪いと、一緒に過ごすお子様にまで悪影響を与えるでしょう。
事前の面談や体験授業、初回の授業などで教師の服装やマナーについて、常識的かどうか判断してください。
お子様の大切な時間や成長の機会を預ける家庭教師、同じ大人として信頼できる相手を見つけましょう。

Case2 子どもの成績がまったく上がらない!

家庭教師を雇う一番の目的は何でしょうか? それは、「子どもの成績を上げること」です。いくら人当たりが良く、子どもに好かれていても、成績を上げられない家庭教師は問題です。
子どもによっては、家庭教師をつけてもすぐには成績が上がらず、数ヶ月後~半年後に伸びてくる場合もあります。ただそこを保護者が見極めるのは難しいので、家庭教師派遣会社との電話ヒアリングや面談時に、教師の過去の実績や、指導方法について尋ねてみるといいでしょう。お子様の成長を助けてくれる教師選びの参考になります。
もし半年たっても、子どもの成長が見られなければ、家庭教師派遣会社と相談して、教師を変えてもらいましょう。教師の変更も家庭教師派遣会社のサポート内容の一つです。

Case3 教師の責任感がない!

プロ・学生の家庭教師関係なく、責任感がない人は問題です。家庭教師には、指導料だけでなく、子どもの将来への期待や貴重な時間を預けています。
「理由もなく遅刻をしてしまう」「成績が上がらないことを子どものせいにする」「自分の都合で何度も休みをとる」、こんな教師は最悪でしょう。
責任を持って子どもの成長を応援してくれる、そんな家庭教師を見つけましょう。また、もし上記のような教師が担当になってしまったら、すぐに家庭教師派遣会社に教師の変更をお願いしてください。

Case4 子どもとの相性が良くない!

あまり起こっては欲しくないことですが、家庭教師とお子様の相性が良くないと、「お子様のモチベーションが続かない」「教える側も指導に力が入らない」といった弊害が生まれます。
どうすれば相性がいい家庭教師を見つけられるのか? やはり契約前の体験授業や面談などのサポートが充実している家庭教師派遣会社を選ぶのがいいでしょう。サポート体制が整っている会社なら、教師の変更にもすぐに対応してくれます。もし、体験授業・面談がない場合は、初回の授業が終わった後に子どもに授業の感想を聞くといいでしょう。
家庭教師比較ネットでは、体験授業や面談に対応した家庭教師派遣会社を掲載しています。お子様に一番合った家庭教師を見つけましょう。

家庭教師はお子様の成長を担うパートナーです。お子様にとって最高のパートナーを選んであげれば、今後の人生にすばらしい影響を与えることでしょう。自分の子どもにはどんな家庭教師がいいのか知りたい方は、ピッタリ家庭教師診断をご利用ください。

まとめ

ここまで「料金・契約」「家庭教師派遣会社」「家庭教師」にまつわるトラブルと解決策を紹介してきました。 家庭教師比較ネットでは、「①高額教材を販売しない」「②教師の評判が良い」「③本部のサポート体制が万全」「④健全な会社運営をしている」「⑤合格実績が豊富」、以上5つの安心基準を満たした会社しか掲載しておりません。だから上記のようなトラブルの心配は一切ありませんし、皆様に安心してご利用していただけます。

家庭教師比較ネットは独自の基準により、以上のような悪徳家庭教師派遣会社を一切掲載しておりません。お子様にとって一番のパートナーを見つけましょう。

家庭教師派遣会社を探す