派遣会社の活用方法

家庭教師派遣会社の効果的な活用方法

成績を上げるには、それなりの工夫が必要です。家庭教師から、ただ受け身で勉強を教えてもらうだけでは、上手く機能しないこともあります。ここでは、家庭教師派遣会社活用例を紹介します。

明確な目標を決める

まず、勉強をするには“目標”が必要です。今の成績をどう変えたいのか?「苦手科目を克服したい」、「○○大学に受かりたい」、など、目標は生徒によって様々です。到達点を定めることによって、授業のカリキュラムが組み立てやすくなり、非常に有効です。

目標が明確な場合と目標があいまいな場合

苦手な科目や単元を把握し、克服する

家庭教師の良いところは何といっても、学校や集団塾でよくわからなかったところを中心に教えてもらえるところ。もし、自分で苦手な単元がわかっていれば、苦手な部分を中心にカリキュラムを組んでもらいましょう。自分では苦手な単元がよくわからず、成績が伸び悩んでいる場合もあります。そのような場合には、最初の授業でどのような部分が苦手なのかを講師にしっかりと診断してもらいましょう。

苦手を発見!! 苦手を集中講義 苦手を克服

教師を変えるタイミング

教師と生徒様の相性というのは非常に重要です。三ヵ月たって、成績に変化が見られないと感じた際には教師の変更を申し出ましょう。
教師を見極める方法として、同じ教科に違う教師を二人つける、というやり方があります。二人つけることで、指導方法や相性の違いが分かるようになり、自分により合った教師を選ぶきっかけになります。家庭教師派遣会社に依頼すれば、教師の変更は何度でも可能です。「この先生となら頑張れる」と思える教師を探しましょう。

教師を変えるタイミング

家庭教師派遣会社を探す