埼玉県のE.Iさんの合格体験記

執筆者紹介

E.Iさん

自己紹介

私は現在大学生で、家庭教師のアルバイトをしています。家庭教師のアルバイトをはじめたきっかけは、私が小学校6年生の頃に半年ほど家庭教師に勉強を教わっていた経験があったからです。当時は塾にも通っていたので、家庭教師の先生には塾の学習に対するサポートを依頼しいました。

家庭教師の利用方法


利用料金としては1時間2000円程度、学生家庭教師に半年ほど教わっていました。塾での学習をサポートする形で、勉強の習慣づけのために家庭教師をつけていました。

合格体験記


当時、私は地元の小学校に通っていました。成績は上の方だったので、本当なら何もせずに現状に甘え、上を目指すことはできなかっただろうと思います。今にして思うと、当時の私に一番必要だったのは「周囲の友達に流されず、それなりのペースで学習を進めていくこと」だったと思います。そんな私ですから、中学受験について自分も親も深く考えていたわけではなく、そのまま地元の公立中学に進む予定でした。

ですがある日、なにとなしに通っていた塾の成績でそこそこ良い点を取ることができ、頑張ればもっといい中学を受験できる、と当時の塾講師に声をかけられました。

塾講師の言葉に半ば流されるままでしたが、埼玉県の大学付属の中学への受験に向けて対策を進めていくことにしました。東京の有名私立を目指すには、さすがに準備が足りないだろうということで、そこからワンランク下の受験を目指すことになったのです。とはいえ、それなりに倍率は高い中学です。
こうして学習の方向性が決まったのが小学校6年生になってしばらく経った頃でした。

いざ受験勉強を開始したのですが時期が中途半端だったため、塾でのクラスを変更することができませんでした。目標にむけてある程度の学力が必要だったのですが、塾のみでそこまでカバーできるのかやや疑問でした。そこで浮かんだ案が家庭教師をつける、という案でした。

塾で週2回基礎的な勉強、家庭教師には週1回、志望校合格に向けた実践的な学習を行いました。はじめは知らない人を自分の部屋にあげる、ということで子供ながらに緊張していたものですが、家庭教師の先生と打ち解けていくにつれて、塾での学習よりも楽しいものとなっていきました。

それまでも、塾では基礎的な学習は身についていたので、成績で行き詰ったり、大きくつまづいたりすることはありませんでした。とにかく過去問に準じた問題をひたすら解き、間違えたり分からなかったりした点は基礎に立ち返って確認する、という地道な繰り返しを早いうちから行うことができたことは非常に大きかったと、今となっては振り返ることができます。その甲斐あって、中学では無事志望校に合格することができました。


私が塾に行っていたにも関わらず家庭教師をえらんだきっかけは、あくまで塾での学習のサポートとしてでした。深く考えることもなく、受験が目の前に迫った年度の途中で慌てて付けたものとなりました。

通っていた塾では中学受験専門のクラスに入ることが出来ず、大人数クラスだったので質問するのもどうしても億劫になりがちでした。先生も生徒一人一人の学習状況や成績を把握するのはなかなか難しいものでしょうから、勉強が苦手で質問が出来ない生徒は置いて行かれる傾向があったように思います。塾とは違い家庭教師なら基本的に一人の生徒の成績をずっと追いかけていけることができますので、家庭教師をお願いすまでは慌ただしかったですが一度お願いしてからはスムースな学習姿勢に入る事ができました。

一つだけ私なりに注意点があります。家庭教師ではプロの家庭教師ではなく、大学生のアルバイトが家庭教師をやっている事例が非常に多くあります。
家庭教師の「アルバイト」とはいえ、生徒の人生、志望校への合格を左右する仕事であることに間違いはありません。

これは家庭教師をする人ひとりひとりの意識の問題ですが、「いい時給をもらえる」という感覚のみでアルバイトに応募する人もいます。結果的に数時間の面接で家庭教師として採用され、受験生に割り当てられることだってあり得る、ということです。

こういった点は、家庭教師を選ぶうえで注意しておくべきことだと思います。

これは私個人の意見ですが、大手の家庭教師派遣会社は大手である分、生徒に先生を割り振ったらそれで終わりとなっているところもあるという印象を受けます。先生と生徒がマッチングした後は、個人間の良心に任されるというわけです。もちろん、家庭教師にやる気がないことが明らかなら教師の変更を申し出ればいいのでしょうが、そうとも限りません。家庭教師を決める際には実際にあってみて、面倒見のよさそうな人間を選ぶことが理想的と言えるでしょう。

かといって、やる気がある先生ならどんな生徒でも志望校に合格させることができるかというと、そういうわけでもありません。塾もそうですが、家庭教師は志望校への合格を100%保証するものではありません。勉強する生徒本人のやる気もそうですが、試験は基本的に一発勝負なので、当日たまたま、わずかなミスをしたとしてもそれが結果に出てしまう、完全な「結果主義」の戦いだと考えます。

とはいっても志望校に合格しなかったら勉強してきたことの全てが無意味になるかと考えたら、そんなことはないでしょう。学校の勉強は、一般教養、常識として知っているべきことも多いですが、将来二度と使わない知識だって確かにあります。ですが、私は勉強する「内容」よりも、机に向かって内容を覚え、理解しようと「努力をする」習慣をつけることに意味があるのではないかと考えます。

努力ができる人間とできない人間では、その後の人生は確かに変わってくることでしょう。塾はサボることができないわけでもありませんが、家庭教師は自分の部屋の自分の机で学習せざるを得ないのですから、その時は嫌々勉強していたとしても、その無意識のうちに形成された習慣が、その後の人生を歩みやすくするものだと私は考えます。家庭教師の良い点はただただ学力を伸ばすに留まらず、家での学習習慣をつけることできるという点でしょう。

資料請求は1度に最大5社までとなっておりますので、ご注意下さい。
現在、6社以上選択しています。

関連ページ

埼玉県に関する特集記事

埼玉県の受験情報や、家庭教師を利用していた元受験生の体験記を記載しています。
家庭教師を選ぶ上で参考になる情報が多くありますので、是非ご活用ください。

合格体験記
I.Kさんの合格体験記
私は中学生になり、学校の勉強を甘く見ていて、小学校の延長で授業中に寝たりしていました。数学は、小学生時代に算数が特に苦手ではなかったの・・・続きを見る
中学校受験対策情報
S.Yさんの受験対策情報
■ダブル出願とは? 埼玉県の上位校は、1月入試なので都内や他県のお試し入試として利用されます。その為埼玉県の上位校では合格者数が非常・・・続きを見る

埼玉県の特集記事一覧を見る

家庭教師比較ネットのおすすめコンテンツ
  • ぴったり家庭教師診断
  • 家庭教師ランキング
中学受験にオススメの家庭教師派遣会社

近くの都道府県から家庭教師を探す

家庭教師派遣会社を探す