宮城県のT.Tさんの合格体験記

執筆者紹介

T.Tさん

自己紹介
私は中学時代に英語と数学につまずいて自信をうしないましたが、家庭教師の先生のお陰で進学校に合格してその後大学で教育を学び、夢だった英語の教師になりました。

家庭教師の利用方法

受験のための英語と数学を週に2回ずつ指導してもらいました。授業時間は毎回1時間で、月曜と水曜が数学で、火曜と木曜は英語を指導してもらいました。2年生の時は学校の予習や復習を中心に行い3年生になると半分は受験対策に充てていました。

合格体験記

私は中学校時代スポーツに明け暮れていて、十分に勉強ができませんでした。特に数学と英語は苦手で、英語はどのように勉強すれば点数が伸びるのかが分かりませんでした。毎回単語を一生懸命練習して定期テストに臨んでもクラスの平均に届かず、中学2年の時にこのままではマズイと思い母と塾や家庭教師を探しました。しかし塾も大勢の所はあまり乗り気がせず、家庭教師も大学生などは嫌だなと思っていてなかなか良い所が見つかりませんでした。

そんな時に偶然母の会社の同僚の紹介で個別で学習指導をしている方に巡り合いました。学生のような若さではないものの今までに色々な生徒の指導経験があり、ご自身も海外留学の経験者でした。母親の年齢に近い感じの女性でその方に受験までの約2年間英語と数学をお世話になりました。

彼女の指導は魔法のようなものではなく、ひたすら基本となるものを繰り返して行うものでした。また学習だけではなく、学校生活でのストレスや悩みなども聞いてくれて先生の都合で学習を進めるのではなく、あくまでも私のその日の体調ややる気に合わせて勉強を進めてくれました。
英語は最初は全く分からなかったものの、同じような問題を繰り返すことで単語も自然に覚えることができ、学校の授業も以前より分かるようになりました。そして家庭教師を始めて最初の定期テストで私はそれまで取ったことのないような成績を取ることができました。何より英語と数学で85点以上取ることができるようになったのです。そして学年の順位も中間あたりだったのがひと桁になりました。希望する高校への進学も手が届くような所に少しずつ近づくことができました。

2年生の後半になると受験に向けた準備やアドバイスをしてもらい、週の半分は受験対策を行いました。英語では1年生からの内容を復習しながら統一テストなどの過去問や長文読解の練習を行い本番に近い形式で重要な部分を重点的に勉強しました。また先生は教わっている教科以外にも入試のポイントや準備の仕方、おすすめの参考書や問題集を教えてくれました。私は安心して毎日学習に取り組むことができました。数学は基本的な計算能力を高めながら時間を区切って応用問題に取り組む練習を繰り返し行いました。私はこの練習のお陰で統一テストや入試本番でも決して時間配分を間違えることなくテストに臨むことができました。また最初は立体の図形の問題や証明問題が苦手だったのですが毎回丁寧にポイントを説明してもらうことで解き方を理解することができ、クラスの友達が応用問題に苦戦している中で安定して点数を取ることができました。

夏頃にはある程度成績が安定してきて、当初希望していた高校にはほぼ安全に合格できると言われていました。しかし学校の先生からも少し頑張れば一番上の進学校も狙えると言われて私は正直迷いました。1年前の自分にとってその高校はただの夢であり実現が不可能な憧れでした。その高校に進学できる可能性があると言われたのです。母も非常に喜びましたが、一方で私はレベルの高い学校に行って本当に自分がついて行けるのだろうかと不安になりました。そして家庭教師の先生に相談しました。先生は今まで希望してきた学校も一番上の学校もそれほど大きな差はないけれど、自分が高校で何をしたいのかと高校を卒業してからどうなりたいのかをある程度考えておくことで自分が頑張れることにつながると言ってくれました。私は色々考えて親とも相談して一番上の学校を目指すことになりました。

先生はそれからも高校に行ってからもしっかり授業についていけるような力をつけるための問題を多く準備してくれました。基礎と応用を織り交ぜて学習することで3年生の冬には、どの教科も満点近く取れるような状態にまでなりました。
しかし入試が近づいてくると緊張や不安が大きくなりました。特に私は滑り止めの高校を受けていなかったので不合格になったらどうしようという気持ちは常にありました。それでも先生は緊張や不安と向き合うことの大切さを教えてくれて常に前向きに励ましてくれました。

入試本番で私は数学で突然作図の問題の解き方が分からなくなり頭が真っ白になりました。このままでは確実に不合格になると思い益々不安になりました。どうしようと泣きたくなった時に受験直前に先生が言ってくれた言葉を思い出しました。それは「受験当日は自分が予期せぬことが起こるもの。決して焦らずそこでできる一番ベストなことをすれば良い。何気ない顔で隣に座っている子も必ず同じような思いをしているから。」というものでした。私は問題をもう一度見てできる問題から解いて行きました。最終的には落ち着くとその問題も解くことができました。その後の教科でもできることをしっかりやりました。
結果は合格でした。しかも入学してからかなり上位で合格していたと知らされました。その時の嬉しさは今でも忘れることができません。
お陰で私はその後教育関係の大学に進み教員になることができました。

資料請求は1度に最大5社までとなっておりますので、ご注意下さい。
現在、6社以上選択しています。

関連ページ

宮城県に関する特集記事

宮城県の受験情報や、家庭教師を利用していた元受験生の体験記を記載しています。
家庭教師を選ぶ上で参考になる情報が多くありますので、是非ご活用ください。

合格体験記
E.Nさんの合格体験記
私は国立大学の薬学部が第一志望でしたが、地元である宮城県の東北大学に限らずどこの大学も薬学部は偏差値・競争倍率ともに高く、模試などでは・・・続きを見る
高校受験対策情報
S.Yさんの受験対策情報
■宮城県の高校受験の特徴とは 公立は、 仙台第一高校・仙台第二高校・仙台二華高校 等が偏差値65以上の上位校として知られています。 ・・・続きを見る

宮城県の特集記事一覧を見る

家庭教師比較ネットのおすすめコンテンツ
  • ぴったり家庭教師診断
  • 家庭教師ランキング
中学受験にオススメの家庭教師派遣会社

近くの都道府県から家庭教師を探す

北海道・東北地方
家庭教師派遣会社を探す