宮城県のO.Tさんの合格体験記

執筆者紹介

O.Tさん

自己紹介
私は現在、専業主婦をしている36歳です。子供は三人います。家族の介護をしながら、子育てと家事をして家族を助けています。

家庭教師の利用方法

私が家庭教師を利用していた時期は、中学三年生の夏から高校入試前日までの期間です。週3回、一回2時間、先生に自宅に来てもらいました。
先生とは個人契約だったので(父の会社の友人の紹介で知り合いました)時給で支払っていたのは一時間千円です。塾には行かず家庭教師のみでした。

合格体験記

私は、宮城県仙台市出身です。
高校受験の時に一度だけ家庭教師をお願いしたことがあります。

私は、もともと勉強が苦手でした。予習復習は毎日やっていましたが、結局、自分よがりの勉強しかしてこなかったのか、全く身につかず、全然頭に入っていませんでした。
ただ、ノートをきれいに書くことだけは凝っていた方だったので、小まめにノートにポイント等をまとめて書いていましたが、『ただ書くだけ』のようなものです。
クラスでの成績も下の下程度。学年でいうと、ビリから数えた方が早いくらいの成績でした。

正直、勉強よりも美容に興味があったので、高校には進学しないで美容師の見習いになろうと思っていたのです。
幸い、宮城県仙台市には高校へ進学しなくても美容師の見習いを募集しているお店が多かったものですから、安心をしていた部分もあり、余計に勉強をしない日々が過ぎていきました。

しかし、ある日突然、私に好きな人がいました。そして、その人が普通高校へ進学を希望していることを知ったため、中学三年生の夏になって初めて「高校へ行きたい!受験しなくちゃ!」と思うようになったのです。
私は、恋をするととんでもない底力を出すタイプだったため、今まで勉強に対して消極的だったのが、急に行動力が芽生え、今まで味わったことがないほどの漲る勉強したい気持ちが私を襲いました。

しかし、今まで全く身になった勉強をしてこなかった私です。
今さら、自力で勉強をするのは無理だと思い、父に泣きついた結果、父の会社の人の知人を紹介してもらいました。
父は某公務員で周りには大学出の人ばかりのエリート会社だったことがラッキーでした。
すぐに個人契約を結び、次の日から来てもらうことにしたのです。

時給的には一時間千円を支払っていたと後から聞きました。
最初のうちは一週間に一回、二時間のペースで来ていただいて、教えてもらっていたのですが、一か月経ってみて「これでは全く身につかない!勉強時間が足りない」ということが、手に取るようにわかり、自分としても家庭教師をお願いしたからには絶対に高校に受かりたかったので、週に三回のペースに変更してもらいました。
金額的には週6,000円、月約24,000円の出費は出ましたが、それでも、恋の力が成せる業、私は必死に勉強を頑張りました。

最初は辛かったです。学校が終わって、家に帰り、自主勉をしてから、家庭教師の先生と集中的に二時間の勉強をするのは、慣れるまでは地獄の日々でした。先生は、宿題を出してくれるので、その勉強もしなければいけませんし、好きな人が数学が得意だったため、私は集中して数学を勉強しました。
一番苦手な科目ではあったのですが、なんとか彼に追いつきたい一心で、必死に先生にしがみついて勉強しました。

でも、秋口に入って、私のやる気は徐々に失せていき、冬に入ったころには「やっぱり美容師の見習いでもいいかなぁ」と思うようになったのです。
勉強が面倒くさいということと、好きな人に彼女がいるということがわかったことが、私にやる気をなくしてしまったのです。

しかし、そんな私に先生はこう言ってくれました。「最初に君に勉強を教えたころは、志望校に入れるのはほぼ無理だろうと思っていたけど、今の君なら、もう少し頑張れば、確実に合格圏内に入れるんだ!好きな人のために始めた勉強だっていいじゃないか!好きな人に彼女がいたっていいじゃないか!念願の高校に入学さえしてしまえば、女子高生ライフが待ってるんだぞ!だから、俺と頑張ろう!」と言ってくれました。

私は顔から火がでる思いで先生の言葉を聞きました。その場には母も居たのですが「先生、うちのバカ娘のためにそんな勿体ない言葉をかけて下さるなんて、本当に申し訳ないです、と涙目になっていました。そんな母の姿を見たら、すごく肩幅がなく、やせ細って小さく見えました。そういえば、母は私の家庭教師代を稼ぐためにヘルパーの仕事を深夜にも増やして頑張ってくれていたことを思い出しました。こんな私のために、母は眠る時間を削って働いてくれています。父も残業を沢山引き受けて死にもの狂いで働いています。先生も私を元気づけようと必死で言葉を探して言ってくれたのもわかりました。じゃあ、私は?私はみんなのために何をしてあげられるの?それは、絶対的に高校に合格することしかありません。そう思えた瞬間に、私はまたやる気と根性を奮い立たせて、先生と父と母とみんなで頑張りました。

そして、念願の志望校へ合格することができました。
あの時、高校へ行くことをあきらめなくて本当に良かったです。なぜなら、旦那様は高校時代に付き合っていた彼だからです。
あきらめない気持ちが人生を良い方向へ変えてくれるのだと思っています。
そして、何度もくじけそうになった私を、必死に説得して、勉強を続けさせてくれた先生には感謝しきれません。

勉強を教えることが上手な先生はもちろんですが、人として、いかに必死に生徒を合格させてやるんだ!という意気込みが見える先生を選べば、必ず信頼関係が築くことができて、より受験に合格できる確率が高くなるのではないかと実感しました。

家庭教師は高上りに思うかもしれませんが、塾へ行って、みんなと右へならえの勉強をするよりは、かなり自分に合っていた勉強方法だったと感じます。

資料請求は1度に最大5社までとなっておりますので、ご注意下さい。
現在、6社以上選択しています。

関連ページ

宮城県に関する特集記事

宮城県の受験情報や、家庭教師を利用していた元受験生の体験記を記載しています。
家庭教師を選ぶ上で参考になる情報が多くありますので、是非ご活用ください。

合格体験記
E.Nさんの合格体験記
私は国立大学の薬学部が第一志望でしたが、地元である宮城県の東北大学に限らずどこの大学も薬学部は偏差値・競争倍率ともに高く、模試などでは・・・続きを見る
高校受験対策情報
S.Yさんの受験対策情報
■宮城県の高校受験の特徴とは 公立は、 仙台第一高校・仙台第二高校・仙台二華高校 等が偏差値65以上の上位校として知られています。 ・・・続きを見る

宮城県の特集記事一覧を見る

家庭教師比較ネットのおすすめコンテンツ
  • ぴったり家庭教師診断
  • 家庭教師ランキング
中学受験にオススメの家庭教師派遣会社

近くの都道府県から家庭教師を探す

北海道・東北地方
家庭教師派遣会社を探す