香川県のF.Hさんの合格体験記

執筆者紹介

F.Hさん

自己紹介
親の意向により地元の私立中学受験を経験したことがあります。
私はスポーツが好きでしたので、受験勉強中はそれが制限されていましたが合格後は思い切りできる環境になりました。

家庭教師の利用方法

親の知り合いに京大に合格した女性がいたので、その方に中学受験の国語算数理科社会を見てもらいました。

合格体験記

私は、中学校はこのまま公立に進むのだろうと思っていましたが、小学校六年生になって秋になった頃、両親が突然中学校受験を勧めてきました。受験は高校もあるしわざわざ中学受験をするのは億劫と感じていましたが、両親は公立の指導法に小学校での現状を見て不信感を覚えていたため、私はその日から受験をするはめになったのです。だからといって、当時住んでいた香川県高松市は都会ほどの感じはなくて、中学校受験するまわりの子も私くらいだったと思います。そのため塾に通うといっても当時は大手の進学塾よりも、信頼できる家庭教師にまかせようという風潮にありました。幸い、親の知り合いの娘さんが京大生だった経歴があり、中学校の教員免許も持っていました。その時は地元に戻って、高学歴なのにフリーターのようなことをしている人でした。私としては家で個人契約の知り合いの家庭教師に教えてもらうなんて面倒くさいような気がしていました。だけど親としては、信頼できる知り合いの娘さんだから間違いないだろうと言っていました。

初めてその家庭教師が家にやってきて、勉強を教えてもらう日がやってきました。女の人でしたので、見た目的にもとっつきやすそうな人でしたから私はまずほっとしました。やはり家庭教師というのはお互いの相性があると思いますから、向こうはどう思っているかわかりませんでしたが、とりあえず私が気に入っているということはいいことなのではと子供ながらに思っていました。その家庭教師は、やはり教員免許を持っているということだけはあって、私が通っていた小学校のおばちゃん先生より教え方がうまいなと素人ながらに思いました。なぜそう思ったかというと、私の解いた問題の答えの正誤だけを見ているのではなくて、主に解き方を見ているような気がしました。だから自分がいつも間違えていた算数の数式や、国語の文章の解読力などがみるみる向上していくような期待感を持ちました。だけど普通の勉強とは違うのが、中学校の受験勉強でした。今習っているより少し先まで勉強するのは、通学して小学生をしている身としては大変でした。だけど家庭教師の人も大変だったと思いますし、一週間のうち金曜日、土曜日、日曜日と受験がある月の間際まで来ることはもしかしたらいろいろ予定を動かして合わせていてくれたのだと思います。だから自分ひとりだけが大変なんじゃないんだと思えることができましたし、いつからか両親のためにも、そしてその家庭教師の人にも中学受験を合格してやるんだという意気込みに変わっていったのではないかと思います。これが塾の先生だとしたら私の場合気持ちが入らなかったかもしれませんから、両親はよく私の性格を分かっているのだと思いました。

秋から受験勉強が始まって、年内まで基本をおさらいしたり受験範囲を勉強していました。私としては、本当は早く試験の過去問題を解きたかったのですが、家庭教師はまだそんなのいいからと繰り返しのドリルやお手製問題を作ってくれるだけでした。私としては今どのくらいの力量があって何点くらい点数が取れるのだろうと、とりあえず確かめておきたかったのだと思います。だから家庭教師と意見が相違したこの時期は少しストレスがたまりつらかったのですが、もともと苦手意識のあった理科や社会が学校で点数が安定してきたので、このままいけばいいんだよなと言い聞かせていました。繰り返しはつまらない勉強でしたが、今になって考えてみると、その繰り返しこそが勉強力の根底にあるからこそ、応用力がついていったのだと思います。

年が明けて受験予定日一カ月前からは、応用力をつけるための問題や中学校受験の過去問題を解くことを始めました。
最初に過去問題を解いた時に結構点数が悪くて私としては落ち込んでいたのですが、家庭教師はまだこの時期はこれでいいから、と励ましてくれて、さらには自分の中学受験の経験を聞かせてくれました。やはり経験者に話を聞くということはとても貴重でしたし、当日のための気持ちの持ち方など参考になりました。

いよいよ二月になり受験前日の日には、入試当日は勉強してきたことが本番で出せなくなるというアドバイスを受けたので、寝ることにしました。けれど途中で何度か目を覚ましてしまったのですが、また勉強ノートや参考書を見返すとさらに眠れなくなるので言われたとおり我慢しました。そして本番は雪が降っていて少し予想外でしたが、まわりの子より私は本当に落ち着いているという気持ちでテストに取り組むことができました。家庭教師の人が以前、分からない問題があったら後回しにして解いて、と言っていたので、時間配分に失敗することもなく私は無事に受験を乗り切りました。

三日後、合否が明らかにされて私は合格の二文字を受け取ることができました。
受験は人生の大舞台だと思いますので、勉強の仕方だけでなく心の持ち方も教えてくれた家庭教師には今もとても感謝しています。

資料請求は1度に最大5社までとなっておりますので、ご注意下さい。
現在、6社以上選択しています。

香川県に関する特集記事

香川県の受験情報や、家庭教師を利用していた元受験生の体験記を記載しています。
家庭教師を選ぶ上で参考になる情報が多くありますので、是非ご活用ください。

合格体験記
K.Mさんの合格体験記
家庭教師の利用にあたり、当初両親は半年程度の利用を考えていたそうです。勉強が嫌いとはいえ周辺の公立高校なら特に問題なく受験できる程度に・・・続きを見る
高校受験対策情報
S.Yさんの受験対策情報
■香川県の高校受験の特徴とは 私立は、 大手前高松高等学校 公立は、 香川県立高松高等学校・高松第一高等学校・香川県立丸亀高校 ・・・続きを見る

香川県の特集記事一覧を見る

家庭教師比較ネットのおすすめコンテンツ
  • ぴったり家庭教師診断
  • 家庭教師ランキング
小学受験にオススメの家庭教師派遣会社

近くの都道府県から家庭教師を探す

四国地方
家庭教師派遣会社を探す