香川県の高校受験対策情報

執筆者紹介

S.Yさん

自己紹介
3児の母で子どもの幼稚園受験を経験しており、現在は中学校受験及び小学校受験を目指して情報収集や子どもへの指導を行っております。主人の指導経験及び、受験経験(幼稚園受験・小学校編入試験・中学校受験・筑波大学附属駒場高等学校・東京大学文科一類合格)に基づき、記事の執筆を手がけました。

執筆者経歴

東大螢雪会2年、SAPIX中学部(高校受験)Zクラス2年の指導経験があり、主に高校受験を指導してきました。筑波大学附属駒場高等学校や開成高等学校をはじめとし、多数の難関校への合格実績があります。

受験対策情報

■香川県の高校受験の特徴とは

私立は、
大手前高松高等学校

公立は、
香川県立高松高等学校・高松第一高等学校・香川県立丸亀高校

等が、偏差値65以上の上位校として知られています。
香川県では公立優位で、進学実績に定評のある私立高校は数えるほどしかありません。
その為、お住まいのエリアによっては、四国地方の他県の併願校や、学生寮を併設している学校を受験することも珍しくありません。
併願校や滑り止め校の選択肢を広げるために、学生寮を併設している学校や、下宿の斡旋を行っている学校を探しておくのも良いかもしれません。
男子校だけでは無く、女子校や共学校でも、九州地方や関西圏を中心に多くの学生寮を併設している学校を探すことができます。
週末は家族とゆっくり過ごせるように、近隣のエリアで併願校を探す方も多くいらっしゃいます。

香川県の公立高校の高校受験では、自己推薦入試を取り入れている学校が多くあります。
総合問題や適性検査を課さない学校もありますので、受験勉強の時間を確保することが難しい場合には、自己推薦入試を検討してみるのも良いかもしれません。
但し香川県の公立高校は、県外からの受験を保護者の転勤や一家で転住する場合に限り認めていますが、自己推薦入試は「香川県内在住」と規定されていますので注意が必要です。

■香川県の高校受験の上位校とは

大手前高松高等学校は、グローバル教育に力を入れている中高一貫の共学校です。
医学部への進学に定評があり、創立50年以上の歴史と伝統がある高校です。
2014年の大学合格実績速報では、香川大学10名、医学部医学科にも10名の合格者を輩出しています。

香川県立高松高等学校は、創立120年を超える歴史のある共学校です。
65分制の授業を採用しています。
校友会と呼ばれる部活動・同好会の加入率はのべ104.7%で、掛け持ちをしている生徒もいます。
2013年度の大学合格実績は、東京大学12名、京都大学14名と、県内でもトップランクの合格実績を誇り、進路指導に定評があります。

高松第一高等学校は、県内でも唯一の市立校として知られており、創立85年を超える伝統ある共学校です。
文武両道を目標に掲げており、勉強だけでは無く部活動にも力を入れています。
生徒の登校手段が公式HPで公開されており、船舶で通学する生徒もいます。
2013年の大学合格実績は、京都大学1名、同志社大学31名で、国公立大学に227名と多くの合格者を輩出しています。

■香川県での「受験勉強」と「学校の成績」

受験勉強が中々学校の成績に結びつかないと、焦りを感じる親御さんやお子さんも多くいらっしゃいます。
「受験勉強」と「学校の成績」の関係についてご紹介します。

・受験勉強をはじめたのに成績が伸びない
実は、「受験勉強」と「学校の成績」は関係がありません。
塾で高校受験の勉強をしていたからといって、学校の成績が急に伸びるわけでは無いのです。
多くの進学塾の場合、「先取り学習」を進めます。
その内容が学校で教える範囲と被らなければ、当然学校と塾の2種類の勉強が必要になります。
つまり、塾に入ることで、今までの成績を維持するためには、単純に計算して2倍の勉強量が必要になります。
いきなりそこまで、手が回らない生徒さんが非常に多く居るのが現実です。
その為「入塾したのに学校の成績が伸びない」ということが起きてしまうのです。

多くのお子さんは、塾に入ると、勉強量が増える実感が沸きます。
けれども、学校の成績が上がらないと焦ってしまったり、モチベーションが低下してしまうことも珍しくありません。
また、親御さんが「受験勉強」と「学校の勉強」を分けて考えられないと、頑張っているお子さんに理解の無い言葉を掛けてしまうこともあります。
志望校に入学するためには、お子さんの学習の進度や理解度にあわせて、勉強をする必要があります。
高校受験の受験勉強をはじめるのが、部活動引退後というお子さんもいらっしゃいます。
短期集中で難関校への合格を目指す場合、特に勉強量の確保が難しいため、学校の勉強まで手が回らないケースは珍しくありません。

・大切なことは優先順位をはっきりとさせること
受験勉強のスタートが遅い場合、受験勉強の時間を確保することが最優先になります。
けれども、志望校の選考に内申点が関係する場合には、学校の勉強も手が抜けませんよね。
そこで大切なことが、「優先順位」をきちんと決めることです。
どうしても部活動を優先したい場合には、志望校を選ぶ際、調査書の内申点が関係ない、私立高校を選ぶ方が受験勉強の時間を確保しやすいです。
また、内申が良いお子さんの場合には、学校の勉強に力を入れて、推薦を狙うのもお勧めです。
面接と小論文そして内申点で選考される推薦入試を受けて合格すれば、受験勉強をしなくても済みます。
ただし合格後は、一般入試の生徒と一緒になるので、受験が終っても勉強をしっかりとすることが大切です。

資料請求は1度に最大5社までとなっておりますので、ご注意下さい。
現在、6社以上選択しています。

香川県に関する特集記事

香川県の受験情報や、家庭教師を利用していた元受験生の体験記を記載しています。
家庭教師を選ぶ上で参考になる情報が多くありますので、是非ご活用ください。

合格体験記
M.Gさんの合格体験記
高校時代までずっとバスケットボールをしていた私は、中学、高校とどの進学でも全てバスケットボール中心で、勉強よりも自分のバスケットボール・・・続きを見る

香川県の特集記事一覧を見る

家庭教師比較ネットのおすすめコンテンツ

近くの都道府県から家庭教師を探す

四国地方
家庭教師派遣会社を探す