山口県の高校受験対策情報

執筆者紹介

S.Yさん

自己紹介
3児の母で子どもの幼稚園受験を経験しており、現在は中学校受験及び小学校受験を目指して情報収集や子どもへの指導を行っております。主人の指導経験及び、受験経験(幼稚園受験・小学校編入試験・中学校受験・筑波大学附属駒場高等学校・東京大学文科一類合格)に基づき、記事の執筆を手がけました。

執筆者経歴

東大螢雪会2年、SAPIX中学部(高校受験)Zクラス2年の指導経験があり、主に高校受験を指導してきました。筑波大学附属駒場高等学校や開成高等学校をはじめとし、多数の難関校への合格実績があります。

受験対策情報

■山口県の高校受験の特徴とは

公立は、
山口県立下関西高等学校・山口県立山口高等学校・山口県立宇部高等学校

等の学校が、偏差値65以上の上位校として知られています。

私立は、
慶進高等学校・高水高等学校

等の学校が、偏差値60以上の上位校です。
山口県の高校は、公立優位で、上位校のほとんどを公立高校が占めています。

■山口県の高校受験の上位校とは

慶進高等学校は、中高一貫教育を行っている共学の高校です。
将来の進路の希望に応じて、難関大学を目指すアドバンスコースと、部活動や行事も頑張る文武両道を目指すグローバルコースに分かれています。
全国大会に出場する強豪の部活動も多くあり、勉強だけではなく課外活動にも積極的に取り組んでいます。

2014年度の大学合格者実績は、東京大学1名、山口大学22名、医学部医学科16名等、難関校への合格者を輩出しています。

山口県立下関西高等学校は、創立95年を超える歴史と伝統のある共学校です。
日々の家庭学習を大切にしており「学年+2時間」の定着を目標としているほか、よい生活習慣の確立を目指しています。
自主自立の校風で、進路指導も積極的に行っています。

2013年度の大学合格実績では、東京大学1名(内現役0名)、京都大学3名(内現役0名)、同志社大学25名(内現役14名)、立命館大学42名(内現役25名)等、難関校に多くの合格者を輩出しています。

山口県立山口高等学校は、全日制以外に定時制や通信制そして徳佐分校など、様々な形態で学ぶ生徒が多くいる共学校です。
希望する進路を実現できるように、進路指導に積極的に取り組んでおり、全日制では65分授業や2学期制を起用しています。

2014年度の大学合格実績は、東京大学4名(内現役2名)、京都大学3名(内現役0名)、医学部医学科10名(内現役4名、東京大学1名含)等、難関校に多くの合格者を輩出している高校です。

■山口県での高校入試の対策(計画編)

中学校入学時点から、高校受験を見据えた勉強を始めるお子さん向けに、中学校3年間の時間の使い方を考えてみました。
抑えておきたいポイントをご紹介しますので、参考にして下さい。

・受験勉強を始める前に
「言霊」という言葉もありますし、ポジティブに考えることは、受験期のメンタルのキーポイントでもあります。
「出来ない」「無理」という言葉を使うのは、辞めてみませんか。
お子さんが自信を持って試験に臨めるように、楽観視する必要はありませんが、良いところを見つけて励ましてあげることも大切です。

・中学1年生
小学校の復習をしっかりと行い、基礎を固めましょう。
勉強をする習慣や生活習慣の見直しを行い、自分のことは自分で出来る様にしてあげましょう。
そして、勉強の計画をしっかりと立て、実行できるように、きちんと高校受験のベースを作りましょう。
受験間近になると難しくなるので、体験学習の機会をつくることもお勧めです。
また、志望校を決めていないお子さんは、様々な学校の説明会や文化祭などにも足を運んでおきましょう。
中1~中2にかけて、様々な本を読むことも非常に大切です。
試験問題に良く起用される本だけでは無く、様々な本を読みましょう。
入試本番の雰囲気に慣らしたり、実力を知るために、様々な模試を受けてみるのもお勧めです。

・中学2年生
志望校はなるべく、2年生までにある程度まで絞り込んでおきましょう。
成績が急に伸びることもありますし、この時期は目標と実力に差があっても、複数の選択肢の内なら気にすることはありません。
学校の説明会は、3年生になると中々時間も取れないので、2年生には気になる学校に行っておくことが大切です。
夏休みや冬休みなどの長期休みを利用して、復習をしっかりとしましょう。
先取り学習ばかり進めても、基礎が身についていなければ、勉強をし直す必要があるので注意しましょう。

・中学3年生春
中学校3年間の勉強は、なるべく春までに終らせておきましょう。
苦手や躓きをチェックし、夏までには中学校の単元で判らないところのリストアップを行います。
判らないところが判れば、後はそこを勉強するだけです。
早い人はこの時期から過去問に取りかかっています。
焦らずに、上手に気分転換をしましょう。

・中学3年生夏
過去問に取り組み始めましょう。
勉強の計画が狂っている場合には、夏休みの間に修正を行いましょう。

・中学3年生冬
メンタルケアと体調管理に気を配り始めましょう。
夜更かしして勉強をするのを辞め、受験当日を見据えた規則正しい生活に戻します。

・入試直前
「勉強は量よりも質」といわれることも多いですが、3年間高校受験に向けて頑張った勉強量は自信に繋がっている筈です。
自分を信じて、最後まで手を抜かないように心がけましょう。
特に山口県の高校受験では、公立優位なので、本命校の試験が遅い方が多いと思います。
試験直前に息切れしないためにも、ゆっくりと休息を取ることも大切です。
睡眠時間をしっかりと確保して、身体を休めましょう。

資料請求は1度に最大5社までとなっておりますので、ご注意下さい。
現在、6社以上選択しています。

山口県に関する特集記事

山口県の受験情報や、家庭教師を利用していた元受験生の体験記を記載しています。
家庭教師を選ぶ上で参考になる情報が多くありますので、是非ご活用ください。

合格体験記
S.Tさんの合格体験記
私は山口県山口市で生まれ育ちました。中学校3年生の夏までは、一般入試で志望校を受ける予定でした。しかし、秋にオープンハイスクールに行っ・・・続きを見る

山口県の特集記事一覧を見る

家庭教師比較ネットのおすすめコンテンツ
  • ぴったり家庭教師診断
  • 家庭教師ランキング
高校受験にオススメの家庭教師派遣会社

近くの都道府県から家庭教師を探す

中国地方
家庭教師派遣会社を探す