栃木県のM.Nさんの合格体験記

執筆者紹介

M.Nさん

自己紹介
はじめまして。
私は、現在一般企業でデスクとして勤めております。何も出来なかった私が、PCや計算が速くなったこと、今の私が在るのは、中学時代の家庭教師の方との出会いがあったからこそだと思います。

家庭教師の利用方法

知り合いの家庭教師をされていたということから、私の母がお願いしたようで、週1回1時間からスタートしました。一回の授業で3000円だったということです。
夏からは週1回2時間となり、5000円お支払いしていました。
科目は5教科全科目を教えていただきました。

合格体験記

私は、中学時代は特に何も特徴の無い、周りからすればボーッと日々を過ごしているだけの生徒でした。栃木県の中でも、栄えているとも廃れているとも言えない場所に住んでいましたので、気分的にも高揚したりなどはほとんど無いと感じていたと思います。なかなか当時の記憶を思い出すことが難しいですが、子どもなりにそんなことを感じていたのかなと思います。勉強にも集中できず、かといって部活にも大して集中していなかった私は、ただただ友達と他愛も無い話で笑い合い、先生に呼び出されても気にも留めなかったことも多々ありました。

そんな時に、家庭教師の先生が私の前に現れます。中学2年から3年に進級するというタイミングです。その方は女性の方で、見るからに頭が良いと感じる方でした。普通に打ち解けることができたことが大きかったのかと思いますが、最初の授業からテンポ良く会話が弾み、そして授業としても楽しいものでした。しかし、私のあまりの出来に(学年でも最下位に近い…)先生の明らかな呆れた顔があり、そして自分も出来ないことにショックでしたが、なんとかなると思っていました。根拠は何も無かったのですが…。そこから始まったのが、中学3年生にして、算数の授業です。そうです、小学校3年生の算数の授業からスタートしました。その問題すら解答することが出来ない私を見て、呆れるかと思ったのですが、家庭教師の先生は違いました。一緒に頑張っていこう!と励ましてくれたのです。一日に何度も同じ問題を繰り返し解き、解説してもらってはまた同じ問題を解き、ということを一ヶ月続けました。なんとか算数がある程度できるようになってきたところで、中学生の内容に入りました。しかし、ここまで計算しかやっていないことに気づき、先生に聞いたところ、返ってきた返事に驚いたことを覚えています。
「計算さえできれば、数学はなんとかなるよ。だって受験問題のほぼ全ては計算でしょ?」
確かにそうですよね。考えてみればすぐわかることです。文章問題すら全ては計算に結びつく、そして最後もまた計算なのだと教えてもらいました。

これで何事も上手くいくかと思いきや、そうではないのが受験ですね。ここから定期テスト、そして実力テスト、さらには模擬試験と受験勉強どころでは無くなってきてしまいます。あっという間に夏休みに入ってしまい、さらに私にとっては地獄のような日々でした。家庭教師の先生の宿題の量が非常に多くなってきたのです。その量は一週間で3教科(国数英)合計120ページ程。終わるはずもなく提出しても、ドンドン宿題は増えるばかり。ペンだこを作りながら何度も泣きそうになりました。この追い詰められた状況が私にとって功を奏したのか、計算は間違えることが少なくなり、漢字や語句も知らぬ間にある程度は覚えていました。しかし点数は伸びず、最下位近くをフラフラ…。

9月頃からは、ガラリと勉強方法が変わります。とにかく実践問題を繰り返し解き、わからないところはドンドン飛ばして、解説を見て解き方を書き写すということをやりました。実際の入試問題や模擬試験の問題一つを最低でも3回解き直すことを入試直前まで行いました。非常に大変だったことを覚えています。一つの科目を解き直すのでさえ1時間、さらに解説を見て解き方を書き写すのに1時間、つまりは1科目で最低でも2時間はかかることになります。その上、またしても定期テストや実力テスト、そのテストの解き直し。やってもやっても終わりは見えず、でもやらなければドンドン増えていってしまう。我を忘れて机に向かう毎日が続きました。そんな私に追い打ちをかけるように、点数が全然伸びない成績表が度々返ってきます。不安になる毎日。でも家庭教師の先生は、毎回必ず、「絶対大丈夫!」と言ってくださいました。どうして言い切れるのかわかりませんでしたが、それでも信じるしかないと思って勉強し続けました。

受験当日、様々なプレッシャーに押しつぶされそうになりながら試験問題を開けると、何故か緊張が和らぎました。今まで何度も解き直しをしてきたことが、ここにきて活きてきたのです。構成に見慣れていたので、リラックスして問題を解くことができました。

そして、結果は見事合格!公立高校なんて到底無理、私立でさえも難しいと言われ続けた私が、なんと公立高校、しかも志望校に合格できたのです。宿題の量が多すぎて、私にとっては全然理解できない自信に満ち溢れた家庭教師の先生でしたが、結果的には私に最適な勉強方法を与えてくれたのだと思います。ただもう少し抑えてくれても良かったのに、とは思いますが…。それでも、最後までこんな私のことを考えて指導してくださった家庭教師の先生には本当に感謝しています。高校に入ってからも、同じような勉強方法で国立大学にも合格でき、現在までに至ります。

1年間でここまで私が変われたのは、私を本気にさせてくれた、本気の家庭教師の先生に出会えたことだと思います。
「努力はきっと報われる。」
まさにこの通りだと、高校受験勉強を通じて感じました。

資料請求は1度に最大5社までとなっておりますので、ご注意下さい。
現在、6社以上選択しています。

関連ページ

栃木県に関する特集記事

栃木県の受験情報や、家庭教師を利用していた元受験生の体験記を記載しています。
家庭教師を選ぶ上で参考になる情報が多くありますので、是非ご活用ください。

合格体験記
Y.Nさんの合格体験記
元々スポーツが大好きで勉強が大の苦手だった私は机に向かって勉強する事にかなりの苦手意識を感じていました。家庭教師をお願いする前は志望校には絶・・・続きを見る
高校受験対策情報
S.Yさんの受験対策情報
■栃木県の高校受験の特徴とは 私立は、 宇都宮短期大学附属高等学校・幸福の科学学園高等学校・佐野日本大学高等学校 公立は、 栃木県立宇都宮・・・続きを見る

栃木県の特集記事一覧を見る

家庭教師比較ネットのおすすめコンテンツ

近くの都道府県から家庭教師を探す

家庭教師派遣会社を探す
無料検索する