栃木県の高校受験対策情報

執筆者紹介

S.Yさん

自己紹介
3児の母で子どもの幼稚園受験を経験しており、現在は中学校受験及び小学校受験を目指して情報収集や子どもへの指導を行っております。主人の指導経験及び、受験経験(幼稚園受験・小学校編入試験・中学校受験・筑波大学附属駒場高等学校・東京大学文科一類合格)に基づき、記事の執筆を手がけました。

執筆者経歴

東大螢雪会2年、SAPIX中学部(高校受験)Zクラス2年の指導経験があり、主に高校受験を指導してきました。筑波大学附属駒場高等学校や開成高等学校をはじめとし、多数の難関校への合格実績があります。

受験対策情報

■栃木県の高校受験の特徴とは

私立は、
宇都宮短期大学附属高等学校・幸福の科学学園高等学校・佐野日本大学高等学校
公立は、
栃木県立宇都宮高等学校・栃木県立宇都宮女子高等学校・宇都宮東高等学校
国立はありません。

これらの上位校は、偏差値70前後~60後半の難関校として知られています。
茨城県は近隣の上位校へもアクセスが良いので、併願先や本命に他の都道府県の学校を選択なさる方もいらっしゃいます。
栃木県は首都圏の中でも、公立高校の進学実績が良いので、公立に対する信頼が厚い地域といえるかもしれません。

■栃木県の高校受験の上位校の特徴とは

宇都宮短期大学附属高等学校は、普通海外にも音楽科や調理科等、様々な学科のある共学校です。
学力や運動による特待生制度があり、単願・併願にかかわらず、成績が特に優れた生徒には奨学金が支給されます。
「個性を伸ばし進路を拓く」を目標としており、生徒の個性を尊重し、専門性の高い学科を設置しています。

2012年度の大学合格者は、東京大学1名の他、医学部にも合格者を輩出しています。専門課程では、短期大学や専門学校そして就職など、多彩な進路の生徒がいます。

栃木県立宇都宮高等学校は、低学年から進路指導を行っている男子校です。
県内の公立高校ではトップクラスの進学実績を誇っており、弁挙と部活動の両立を図ることを目標としています。

2013年度の大学合格実績は、東京大学21名(内現役14名)、京都大学3名(内現役2名)で、難関校の合格者を多く輩出しています。

栃木県立宇都宮女子高等学校は、リベラルアーツ教育を目標に掲げた女子校です。
三年次からは自由選択が多く、進路に応じ多彩な教科の選択を行うことが出来ます。

2013年度の大学合格実績は、東京大学3名(内現役2名)、京都大学2名(内現役1名)で、医学部にも多くの合格者を輩出しています。

栃木県立宇都宮東高等学校は、男女共学の中高一貫校です。
二年時から文系と理系に分かれ、希望に応じたコースを選択します。
全国大会や関東大会へ出場している部活動も多く、課外活動にも力を入れています。

2013年度の卒業生は、一貫教育校として卒業生を送り出した2回目で、一貫校になる前の2011年度の卒業生の大学合格実績と比較すると、国立大学の合格者が減り私立大学の合格者が増加しています。
新卒の4年生大学の合格率は、90.4%となっています。

■栃木県の高校受験で人気の併願校とは?

栃木県の近隣には上位校が多くあり、近隣他県の難関校を併願する生徒も多くいます。

東京都では、
開成高等学校・青山学院高等部

埼玉県では、
栄東高等学校・早稲田大学本庄高等学院・西武学園文理高等学校
淑徳与野高等学校・開智高等学校・慶應義塾志木高等学校

茨城県では、
江戸川学園取手高等学校・茨城高等学校

群馬県では、
明照学園樹徳高等学校

上記が偏差値70前後の上位校として人気があり、お住まいの場所によっては併願校の選択に入るかもしれません。

■志望校別対策の重要性と、早期から始めるメリット・デメリット

高校受験で志望校を絞り込み、志望校別の対策を行うことは、合格点を得るために非常に大切です。
予め出題傾向に併せた学習を行うことで、入学試験では一般的な偏差値以上の得点を取ることが出来ます。
つまり、志望校入学のためには、きちんと対策を行う必要があるのです。
とはいえあまり早い時期から対策を始めてしまうと、メリットだけではなくデメリットもあります。
今回は志望校対策の重要性等のご紹介をします。

高校受験を経て、大学受験を目標と考えた時。
成績上位者の多くは、東京大学や京都大学を一度は志すと思います。
難関校として知られる東京大学と京都大学を例に取ると、志望校対策の違いがくっきりと浮かび上がります。

東京大学の入試問題では、教科書レベルの知識に対する深い理解が必要とされ、それを高速に運用する能力が大切なポイントになります。
京都大学の入試問題では、教科書レベルの知識を基盤とした高度な発想力が要求されます。
2つの学校では、「教科書レベルの知識」という基礎となる部分が同じです。
東京大学は高速且つ正確な情報処理能力を対策で学び、京都大学では柔軟な発想力を対策で学ぶのです。

志望校対策を早期にはじめると、志望校の試験に特化することが出来、合格点を獲得しやすくなります。
しかし早期にはじめてしまうことで、志望校以外に受かりにくくなるというデメリットもあります。
その為、併願校の選定を本命校と試験の傾向が似た学校にすることが大切なのです。

高校受験を考える場合、もし志望大学が決まっているのであれば、求められる能力が似た高校を選ぶのもお勧めです。
例えば東京大学を目指している方は、栃木県立宇都宮高等学校の様に東京大学への合格者を多く輩出している高校が良いかもしれません。
京都大学を目指している方は発想力がポイントになるので、栃木県内の学校では栃木県立宇都宮東高等学校などの中高一貫校の試験が、学力がある前提で、発想の柔軟性や想像力を問う試験になっています。

資料請求は1度に最大5社までとなっておりますので、ご注意下さい。
現在、6社以上選択しています。

栃木県に関する特集記事

栃木県の受験情報や、家庭教師を利用していた元受験生の体験記を記載しています。
家庭教師を選ぶ上で参考になる情報が多くありますので、是非ご活用ください。

合格体験記
Y.Nさんの合格体験記
元々スポーツが大好きで勉強が大の苦手だった私は机に向かって勉強する事にかなりの苦手意識を感じていました。家庭教師をお願いする前は志望校・・・続きを見る

栃木県の特集記事一覧を見る

家庭教師比較ネットのおすすめコンテンツ
  • ぴったり家庭教師診断
  • 家庭教師ランキング
高校受験にオススメの家庭教師派遣会社

近くの都道府県から家庭教師を探す

家庭教師派遣会社を探す