静岡県の高校受験対策情報

執筆者紹介

S.Yさん

自己紹介
3児の母で子どもの幼稚園受験を経験しており、現在は中学校受験及び小学校受験を目指して情報収集や子どもへの指導を行っております。主人の指導経験及び、受験経験(幼稚園受験・小学校編入試験・中学校受験・筑波大学附属駒場高等学校・東京大学文科一類合格)に基づき、記事の執筆を手がけました。

執筆者経歴

東大螢雪会2年、SAPIX中学部(高校受験)Zクラス2年の指導経験があり、主に高校受験を指導してきました。筑波大学附属駒場高等学校や開成高等学校をはじめとし、多数の難関校への合格実績があります。

受験対策情報

■静岡県の高校受験の特徴とは

公立は、
静岡県立浜松北高等学校・静岡県立清水東高等学校・静岡県立富士高等学校

等が偏差値65を超える上位校として知られています。

私立は、
御殿場西高等学校・藤枝明誠高等学校

等が偏差値60前後の上位校として知られています。

静岡県の高校受験では、公立優位で、進学実績に定評のある併願校の、選択肢が少ないといえます。
進学実績に定評のある難関校は、近隣他府県にも多くありますので、併願校選びに迷ったら是非県外にも目を向けてみて下さい。
都内まで新幹線で通うお子さんもいらっしゃいますが、ご家庭の事情に合わせて、無理の無い併願校を選択するように心がけましょう。
通学時間が長くなりそうな場合には、学生寮や下宿の斡旋がある学校を探してみるのもお勧めです。
学生寮や寄宿舎での生活を通して、自立心を養うことが出来るだけではなく、コミュニケーションスキルを磨くことも可能です。

■静岡県の高校受験の上位校とは

御殿場西高等学校は、きめ細かい進学指導を行っている共学校です。
部活動や同好会が多く、カーディニア・インターナショナル・カレッジ校と提携しているため、留学生は授業料が免除になる特典があります。
日本人スタッフが駐在している安心できる環境で、留学をすることが可能です。
同志社大学や立命館大学など、様々な大学への合格実績があります。

静岡県立浜松北高等学校は、進路指導に定評のある共学校です。
7時間授業を採用しており、インターハイ出場を果たした部活動も多く、勉強だけでは無く課外活動にも力を入れています。
漕艇部や英語ディベート部など、多彩な部活動があります。
2013年度の大学合格者実績は、東京大学8名(内現役2名)、京都大学18名(内現役10名)等、難関校へ多数の合格者を輩出している、進学実績に定評のある県内でもトップレベルの高校です。

静岡県立清水東高等学校は、大正時代に創立された伝統ある共学校です。
進学実績だけでは無く、部活動にも積極的に取り組んでいます。
アーチェリー部や水泳部などの、校外で活動を行っている部活動もあります。
2013年の大学合格実績は、東京大学2名(内現役1名)、京都大学2名(内現役1名)、東京大学と京都大学及び医学部医学科に系16名(内現役5名)の合格者を輩出しています。

■受験勉強をしているお子さんへの接し方を見直してみませんか?

お子さんの高校受験で、親御さんができるサポートは非常に限られていると言えます。
小学校受験のように親子面接はありませんし、学校の説明会にも、お子さんだけで参加することもあります。
お子さんが徐々に自立し、大人になっていく中で、親御さんが適切にサポートをすることが必要です。
今回は、お子さんへの「声かけ」で、やってほしくないことを中心にご紹介します。
お子さんのやる気やモチベーションは、些細なことで失われてしまいます。
「お子さんを信じて、適切なサポート」を出来る親御さんになって下さい。

・他人と比較しない
「○○ちゃんは」
「お父さんの小さい頃は…」
ご自分の経験談を話すのは良いですが、優劣を付けて比較をしないこと。
「出来る子」と「出来ない子」という考え方を捨てましょう。
頭の回転が速かったり、記憶力が良かったり。
お子さんの長所であったら褒めてあげるのは重要ですが、お子さんに足りない部分を挙げ連ねて否定するのは辞めましょう。

もし比較対象が欲しいのであれば「お子さん」自身と比べてみて下さい。
去年より沢山の漢字を覚えて、本を沢山読んで、身長も高くなりました。
「やれば出来る」ことを、親御さんが否定しては、出来るものもできなくなってしまいます。

・すぐに結果を求めない
「高校受験のために塾に入ったのに、成績が伸びない」と焦る親御さんは沢山いらっしゃいます。
塾や家庭教師は、お子さんがすぐに勉強が出来るようになる魔法の道具ではありません。
努力が実を結ぶには、最低でも3ヶ月程度の時間が掛かると思って下さい。

毎日の積み重ねの中で、お子さん自身の心が折れてしまうこともあります。
そんな時には、焦る必要は無いことを伝え、少し簡単なテストや問題を解くように進めてみましょう。
1つ1つ課題を確実にクリアすることは、自信に繋がります。

・勝手にゴールを決めない
お子さんの人生は、お子さんのものです。
高校受験をゴールとしてしまわないで下さい。
また、志望校の選択は、時にはお互い歩み寄り、きちんと意思の疎通をした上で行いましょう。
時には不安になったり、気が変わったりして、志望校や将来の夢が変わることも珍しくありません。
心変わりを責めずに、多感な時期だからこそ、しっかりと向き合う親でありたいものですね。

静岡県の高校受験では、県立優位の傾向が非常に強いため、志望校や併願校の変更を考えるお子さんも多くいらっしゃいます。
お子さんを信じることは勿論ですが、二手三手先を読んでおくことも親のできるサポートだと思います。

資料請求は1度に最大5社までとなっておりますので、ご注意下さい。
現在、6社以上選択しています。

静岡県に関する特集記事

静岡県の受験情報や、家庭教師を利用していた元受験生の体験記を記載しています。
家庭教師を選ぶ上で参考になる情報が多くありますので、是非ご活用ください。

合格体験記
M.Aさんの合格体験記
私は、家庭教師利用前の学校内のテストではそれほど良くなく280人中180位くらいで夏休み前の模試の偏差値も50前後で第一志望校はE判定・・・続きを見る

静岡県の特集記事一覧を見る

家庭教師比較ネットのおすすめコンテンツ
  • ぴったり家庭教師診断
  • 家庭教師ランキング
高校受験にオススメの家庭教師派遣会社

近くの都道府県から家庭教師を探す

東海地方
家庭教師派遣会社を探す