大阪府の高校受験対策情報

執筆者紹介

S.Yさん

自己紹介
3児の母で子どもの幼稚園受験を経験しており、現在は中学校受験及び小学校受験を目指して情報収集や子どもへの指導を行っております。主人の指導経験及び、受験経験(幼稚園受験・小学校編入試験・中学校受験・筑波大学附属駒場高等学校・東京大学文科一類合格)に基づき、記事の執筆を手がけました。

執筆者経歴

東大螢雪会2年、SAPIX中学部(高校受験)Zクラス2年の指導経験があり、主に高校受験を指導してきました。筑波大学附属駒場高等学校や開成高等学校をはじめとし、多数の難関校への合格実績があります。

受験対策情報

■高校受験で大切にしたい「親子のコミュニケーション」

高校受験は、小学校受験や中学校受験と違い、「全て不合格になってしまったら公立へ進学」という救済がありません。その為小学校受験や中学校受験では、実力の高い学校へのチャレンジ受験をする受験生も居ますが、高校受験では1つでも合格を抑えるために、ランクをかなり下げた安全校の確保をすることが一般的です。大阪府の高校受験でも、やはり複数の高校を併願し、安全校を抑える方が多くいらっしゃいます。

親子のコミュニケーションをしっかりととっていないと、志望校と実力の乖離が大きかった場合の併願校・安全校を選ぶ際に、トラブルを担ってしまうことが多くあります。親の期待が大きすぎて、子供へプレッシャーを与えてしまい、伸び悩んでしまうケースも珍しくありません。大切なことは「受験をし、高校へ通うのは子供である」という、基本に戻ることです。模試の結果に親御さんが一喜一憂し、勝手に併願校や安全校選びを進めてしまい、結果としてお子さんの意にそぐわない学校へ入学することになり、そのまま馴染めずに退学になってしまうケースもあるのです。

普段から親子のコミュニケーションをしっかりととり、お子さんの意思を尊重しましょう。必要に応じて、成績だけではなく先生や塾の講師など、第三者の意見を聞き、それを踏まえた上で家庭の方針を一致させることが大切です。高校受験をするお子さんは、自分の将来について希望と不安を抱えています。家族が適切なサポートをすることで、のびのびと自分の力を発揮できるような環境を整えることが大切です。

■大阪府の高校受験の併願先とは?

大阪府で高校受験をする場合、大阪府内で併願先を探す方が多いです。大阪府は全国的に見ても私立の学校が多く集まっており、選択肢が多くあります。県外の併願先は、居住地に近い京都府や兵庫県などの隣接県が人気を集めています。京阪神地区では公立だけではなく、私立の人気も高く、様々な併願校を探すことが出来ます。

■大阪府の公立高等学校入学者選抜

大阪府では、県外からの大阪府の公立高等学校への入学者を、2014年度の選抜では、条件付きで受け入れています。大阪府内に転居される方だけではなく、転勤では無い場合にも、問い合せをすることで入学者選抜を受けることが出来るケースもあるとされています。(参考:大阪府公式HP「大阪府公立高等学校への入学を志願する方の応募資格審査の案内」)

また2014年には、大阪府内に設定されていた公立高校の学区は、1つとなり学区が撤廃されます。その為、今までは学区制限のために受けることの出来なかった高校でも、入学者選抜を受けることが出来ます。そして「進学指導特色校」として、2014年現在10校が指定されており、府立高等学校における進学指導をより充実させるために、進学指導に特色のある専門学科を設置しています。

大阪府立高校の入試では、2017年春からTOEFLや英語検定試験等の、外部試験を活用することが決まっています。TOEFLは大学入試での受験資格や、卒業要件に起用しようという流れもありますし、国家公務員の採用試験にも起用を検討するべきという声もあります。英語が得意な方や、語学力を磨きたいと考えている方は、受験勉強と併せて、英検やTOEFL等の外部試験の取得を目指すのがお勧めです。2017年以降に大阪府の公立高校を受験する方は、是非受験勉強とあわせて、英検やTOEFL等の外部試験の対策を進めましょう。

大阪府の公立高等学校の入学者選抜では、毎年様々な入学試験改訂が行われています。受験に関する情報配信は、大阪府のホームページでも行われていますので、常に最新情報をチェックするように心がけましょう。

■大阪府の高校受験の上位校とは?

私立の男子校では
大阪星光学院高等学校、明星学園

私立の女子校では
四天王寺高等学校、大阪女子学院高校

私立の共学校では
清風南海学園高等学校、清教学園

公立高校では
大阪府立北野高等学校、大阪府立茨木高等学校、大阪教育大附高校池田校舎

等が偏差値70を超える上位校として人気を集めています。大阪府には他にも、沢山の上位校があり、選択肢が多くあります。

■大阪府の高校受験の上位校の特徴とは?


大阪星光学院高等学校とは、カトリックの精神に基づき、中・校一貫教育を行っている男子校です。高等学校の募集は20名の狭き門ですが、2014年の1次試験の実質倍率は1.4倍と難関校の中では低くなっています。進学実績に定評があり、2013年度には、東京大学18名(内現役15名)、そして京都大学に53名(内現役36名)の合格者を輩出しています。

四天王寺高等学校は中学校を併設しており、聖徳太子の和の精神や仏教精神を礎として、90年以上の伝統がある、全国でも屈指の進学実績を誇る女子校です。2013年度には、東京大学2名(内現役1名)、そして京都大学23名(現役13名)の合格者を輩出しています。

清風南海学園高等学校は、中学校を併設している一貫校です。高校入試では、男女各40名の計80名の募集があります。中高共に50分授業で、土曜日も授業を行っています。2013年度には東京大学に2名(内現役0名)、京都大学に30名(内現役24名)の合格者を輩出しています。

大阪府立北野高等学校は、進学指導特色校として、2年進級時に、「文科」と「理科」の学科に分かれた教育を行います。また文部省から、先進的な理数教育や大学との共同研究などをする学校で、科学技術に携わる人材の育成を目的としている、「スーパーサイエンスハイスクール」(SSH)の認定を受けており、各学年に2クラスのSSコースがあります。また前期・後期の2期制を採用しています。2013年度には、東京大学4名(内現役0名)、そして京都大学に65名(内現役27名)の合格者を輩出しています。

資料請求は1度に最大5社までとなっておりますので、ご注意下さい。
現在、6社以上選択しています。

大阪府に関する特集記事

大阪府の受験情報や、家庭教師を利用していた元受験生の体験記を記載しています。
家庭教師を選ぶ上で参考になる情報が多くありますので、是非ご活用ください。

合格体験記
匿名12さんの合格体験記
大阪府の学校に合格した生徒様の合格体験記をご紹介致します。 ▼高槻中(大阪府)合格 集団塾では質問が全然できず思うように点数に結びつ・・・続きを見る
小学校受験対策情報
S.Yさんの受験対策情報
■大阪府の小学校受験の特殊性 大阪府は全国的に見ても、私立小学校や付属校が多く、小学校受験に積極的なご家庭が多い地域でもあります。私・・・続きを見る

大阪府の特集記事一覧を見る

家庭教師比較ネットのおすすめコンテンツ
  • ぴったり家庭教師診断
  • 家庭教師ランキング
高校受験にオススメの家庭教師派遣会社

近くの都道府県から家庭教師を探す

家庭教師派遣会社を探す