大阪府の中学校受験対策情報

執筆者紹介

S.Yさん

自己紹介
3児の母で子どもの幼稚園受験を経験しており、現在は中学校受験及び小学校受験を目指して情報収集や子どもへの指導を行っております。主人の指導経験及び、受験経験(幼稚園受験・小学校編入試験・中学校受験・筑波大学附属駒場高等学校・東京大学文科一類合格)に基づき、記事の執筆を手がけました。

執筆者経歴

東大螢雪会2年、SAPIX中学部(高校受験)Zクラス2年の指導経験があり、主に高校受験を指導してきました。筑波大学附属駒場高等学校や開成高等学校をはじめとし、多数の難関校への合格実績があります。

受験対策情報

■中学校受験にある補欠合格・繰り上げ入学

大阪府内の中学校に限らず、最近では補欠合格者の中から繰り上げ入学を行うケースが多くあります。合格発表時に補欠合格として知らされる場合もありますが、電話などで突然通知がある学校も珍しくありません。人気校や上位校の場合、いくつもの学校を併願するケースが多く、合格しても入学を辞退する方が多く居るのが原因です。

繰り上げ入学の場合、成績が下位なので、入学後の勉強を心配する方も多いようです。けれども、中学校の成績というのは、入学時の成績がずっと保たれるわけではありません。入学後に努力しコツコツ勉強することで、成績が上位になるお子さんも沢山いらっしゃいますので、あまり成績の面だけを心配する必要は無いと言われています。

繰り上げ入学の連絡は、併願校の拘束日以降に行われることもあり、場合によっては、制服の採寸が済んでしまっていることもあります。折角気持ちを切り替えた中での合格の連絡は、お子さんにとって非常に大変な選択となる場合もあります。お子さんの将来を考え、しっかりと話し合って進路を選択することが大切です。

■中学校受験での「転塾」

中学校受験では、お子さんにあった塾を探すために塾を変えたり、終盤の追い込みの時期に家庭教師をつけたりなさる方も多くいらっしゃいます。確かにお子さんに合わない塾や、ご家庭の方針に合わない塾の場合には、塾を変えると成績が伸びることもあります。けれどもお子さんの成績を全て塾のせいにして、転塾を繰り返すのは危険です。

お子さんは塾の講師や友人とコミュニケーションをとり、信頼関係を築きながら受験に向かいます。成績が一時的に伸び悩んだからといって、環境を変えてしまうと、また人間関係や信頼関係を築くところからはじまります。これは、お子さんにとって大きな負担になります。

勿論勉強量を強制的に増やすことによって、成績が伸びるお子さんもいらっしゃいますが、きちんとしたフォローが出来ないと、お子さんへの負担ばかりが増えてしまい、かえって伸び悩んでしまうこともあります。塾とお子さんそして家庭との意思の統一をしっかりとし、お子さんには不必要な不安感を与える行為は避けましょう。

転塾は、非常にデリケートで大切な問題です。特にラストスパートが必要になる、冬休み以降の対策は、場合によってはお子さんのメンタル面に多大な影響を与えてしまう可能性もあります。安易に考えずに、まずはお子さんの状況をしっかりと確認しましょう。場合によっては、担当講師や教室長等に相談をすることで、改善できることもあります。親御さんが心の余裕を失ってしまうと、お子さんが追い詰められてしまいます。適切なサポートが出来るように、冷静にそして落ち着いて状況を確認し、必要に応じて第三者の意見も取り入れてみましょう。

■大阪府の中学受験における併願校の傾向とは?

大阪桐蔭中学校では、「前期入試[P.M.]」として、午後16時過ぎから始まる変則的な午後入試を導入しています。関西圏でも「解禁日午後入試」は大阪府内を中心に広がりをみせており、併願校を府内から選ぶ生徒も多く居ます。併願先の選定は府外へ目を向けるのではなく、近距離にある学校の最新の入試情報を収集し、「解禁日午後入試実施校」を検討するのもお勧めです。

■大阪府の中学受験の上位校とは?

大阪府は全国的に見ても、私立の中学校が多く、中学受験の選択肢が沢山あります。その為上位校は倍率も高く、難関校が多いことでも知られています。

私立の男子校では
大阪星光学院中学・高等学校、高槻中学校・高槻高等学校

私立の女子校では
四天王寺中学・高等学校

私立の共学では
清風南海学園中学・高等学校、大阪桐蔭中学校

公立では
大阪教育大学附属池田中学校

が偏差値70~65前後の上位校として人気があります。

■大阪府の中学受験の上位校の特徴とは?

大阪星光学院中学校とは、キリスト教の精神に基づいた教育を行っている、男子の中高一貫校です。中学校の教育課程では、2年間でほぼ中学の課程を終えてしまい、大学進学を目指したカリキュラムを採用しています。進学実績に定評があり、併設の高等学校では2013年度に、東京大学18名(内現役15名)、そして京都大学に53名(内現役36名)の合格者を輩出しています。

四天王寺中学校は、聖徳太子や仏教の教えに基づいた教育を行っている、女子の中高一貫校です。長期休暇中には講習を行っており、毎月第4土曜日以外は土曜日にも授業を行っています。2013年度には、併設の高等学校が、東京大学2名(内現役1名)、そして京都大学23名(現役13名)の合格者を輩出しています。

清風南海学園中学校は、男女比がおおよそ6:4の中高一貫校です。中学校から専門の講師を招聘してセミナーや講演を行っており、様々な分野への興味や関心を育てる教育活動を行っています。2013年度には東京大学に2名(内現役0名)、京都大学に30名(内現役24名)の合格者を輩出しています。

大阪教育大学附属池田中学校は、阪教育大学の研究校で、教育実習校でもあります。
附属には小学校及び高校があり、一貫教育を行っています。2013年度には、併設の高等学校が、東京大学に1名、そして京都大学に16名の合格者を輩出しています。

資料請求は1度に最大5社までとなっておりますので、ご注意下さい。
現在、6社以上選択しています。

関連ページ

大阪府に関する特集記事

大阪府の受験情報や、家庭教師を利用していた元受験生の体験記を記載しています。
家庭教師を選ぶ上で参考になる情報が多くありますので、是非ご活用ください。

合格体験記
匿名7さんの合格体験記
大阪のプロ家庭教師の総合進学セミナーご利用者の合格体験記をご紹介致します。 ■中学受験合格体験記 家庭教師のおかげで、大好きなサッカ・・・続きを見る
高校受験対策情報
S.Yさんの受験対策情報
■高校受験で大切にしたい「親子のコミュニケーション」 高校受験は、小学校受験や中学校受験と違い、「全て不合格になってしまったら公立へ・・・続きを見る

大阪府の特集記事一覧を見る

家庭教師比較ネットのおすすめコンテンツ
  • ぴったり家庭教師診断
  • 家庭教師ランキング
中学受験にオススメの家庭教師派遣会社

近くの都道府県から家庭教師を探す

家庭教師派遣会社を探す