大阪府の小学校受験対策情報

執筆者紹介

S.Yさん

自己紹介
3児の母で子どもの幼稚園受験を経験しており、現在は中学校受験及び小学校受験を目指して情報収集や子どもへの指導を行っております。主人の指導経験及び、受験経験(幼稚園受験・小学校編入試験・中学校受験・筑波大学附属駒場高等学校・東京大学文科一類合格)に基づき、記事の執筆を手がけました。

執筆者経歴

東大螢雪会2年、SAPIX中学部(高校受験)Zクラス2年の指導経験があり、主に高校受験を指導してきました。筑波大学附属駒場高等学校や開成高等学校をはじめとし、多数の難関校への合格実績があります。

受験対策情報

■大阪府の小学校受験の特殊性

大阪府は全国的に見ても、私立小学校や付属校が多く、小学校受験に積極的なご家庭が多い地域でもあります。私立小学校の受験者数が多くなり、倍率の高い人気校への合格を手にするためには、「小学校受験の特殊性」について理解する必要があります。

小学校受験は、中学校受験や高校受験とは大きく異なります。これは、小学校受験では確かにペーパー試験はありますが、単純に学力だけで合格が決まるわけではないからです。「行動観察」を行う、自由遊びや集団行動等、いくら事前に対策をおこなっていたとしても、一緒に受験を行うグループによって左右されてしまう不安定な要素もかなりあるのです。

小学受験は、お子さんだけではなく、家庭と学校の校風がマッチしていることが大切だと言われます。小学校の6年間を通し、親が学校生活や行事に積極的に関わることが必要なので、お子さんの特性だけではなく、家庭の教育方針や家庭環境などが問われるのです。その為に小学校受験では、親子面接などの面接を行う学校が非常に多くあります。お子さんの試験の結果だけで合否が決まらないので、小学校受験は特殊だとされるのです。

小学校受験では「ご縁」という言葉が良く使用されます。これは、合否をわけるのはお子さんやご家庭の優劣ではなく、不合格は単に志望校とは合わなかったということなのです。ご縁が頂けなかったからといって、合格者より劣っているわけではありません。その為、頑張れば頑張っただけ伸びる中学受験とは違い、小学受験では意外な巡り合わせが多くあるのです。

志望校の選定は、様々な理由があると思いますが、迷ってしまった場合には、客観的な意見を聞いてみましょう。小学校受験のための塾やクラスの先生や、通っていない場合には短期的な講習の受講でも構いません。親御さんの目から見たお子さんと、第三者の目から見たお子さんが違うことは良くある話です。第三者の意見を聞き、お子さんやご家庭にあったカラーの学校を選択することも大切です。

■小学校受験における「集団行動観察」の重視

大阪府だけではなく全国的な傾向として、2013年の入試では、「自由遊び」や「集団行動観察」をより重視した小学校が多く見受けられました。これは、入学後の学校生活を想定し、コミュニケーションや対応力をみながら、他者を尊重してなおかつ自分の意見を示すものです。試験会場で初めてあったお友達と、コミュニケーションを上手に取り、課題を解決していく必要があります。

その為、会場で一緒に試験を受けるお友達も実は大切なポイントになります。特に国立小学校の受験では、いわゆる「記念受験」をするお子さんも多く、受験のために時間を掛けて準備をしてきたお子さんとは違い、会場内で相応しい態度が取れないことも珍しくありません。そこで記念受験のお子さんと一緒になるのを避けるために、願書は早めに提出するなどの対応策を支持している塾が沢山あります。予防策を講じただけで満足してしまわず、どんな場面でも冷静に対応出来るように、普段から外遊びで初対面のお友達と触れ合う機会を作り、見守ってあげることも大切です。

■大阪府の小学校受験の併願校とは

大阪府には多数の私立小学校があり、府内で併願先を探す方が多いです。住まいの場所によっては、京都府や兵庫県そして奈良県などの私立小学校が併願先とされます。特に京都府や兵庫県には、大阪府同様に特色のある私立小学校が多く集まっています。

■大阪府の小学校受験で注目の学校とは

大阪府には多くの私立小学校があり、新設校も開校しています。注目を集める大阪府の小学校をご紹介します。

四天王寺学園小学校は、2009年に開校した共学の小学校です。共学ですが女子の比率が高くなっています。聖徳太子の仏教精神に基づいた人間教育を行っており、伝統文化を学ぶ教育にも力を入れています。学校には、大型天文観測施設や約4万冊の蔵書を誇る図書館等があります。2014年には、併設の四天王寺学園中学校の第1期生の入学試験が行われました。併設の四天王寺学園中学校は、「中・高一貫コース」と、小学校からの内部進学生を対象にした「小・中一貫コース」に分かれています。

関西大学初等部は、初等部・中等部・高等部があり、12年間の一貫教育を行っています。英語教育に力を入れており、国際理解を進める教育活動を行っている他、情報教育であるICT教育などの特色のある教育を行っています。併設の関西大学高等部では、2013年度には、関西大学併設校独自の関西大学入試制度を利用し、関西大学への114名の合格者を輩出しています。また上智大学に2名等、他大学にも多数合格者を輩出しています。

追手門学院小学校は、創立125年を超える名門の共学校として知られています。「ピロティクラブ」と呼ばれる、放課後預かりを有償で行っています。また「放課後活動」では、月謝制で英会話や体操などの指導を受けることが出来ます。追手門学院大手前中学校、追手門学院中学校への内部進学推薦制度があり、優先的に進学をすることが可能ですが、中学受験へのバックアップ体制に優れていることで知られており、卒業生の8割以上が外部進学をしています。2013年度には、明星中学校に8名や高槻中学校に4名の進学者を輩出し、大阪府の上位校への進学実績に定評があります。

大阪教育大学附属池田小学校は、附属の中学校・高等学校と併せて12年間の一貫教育を行っています。大阪教育大学附属池田小学校では教育の研修会が行われており、国際交流も活発に行われています。2013年度には、併設の高等学校が、東京大学に1名、そして京都大学に16名の合格者を輩出しています。

資料請求は1度に最大5社までとなっておりますので、ご注意下さい。
現在、6社以上選択しています。

大阪府に関する特集記事

大阪府の受験情報や、家庭教師を利用していた元受験生の体験記を記載しています。
家庭教師を選ぶ上で参考になる情報が多くありますので、是非ご活用ください。

合格体験記
T.Oさんの合格体験記
私は高校在学中に予備校へ通っていましたが、いまいちやる気が出ず大学受験に失敗してしまいました。当時の志望校は偏差値60程度の地方国立大・・・続きを見る
高校受験対策情報
S.Yさんの受験対策情報
■高校受験で大切にしたい「親子のコミュニケーション」 高校受験は、小学校受験や中学校受験と違い、「全て不合格になってしまったら公立へ・・・続きを見る

大阪府の特集記事一覧を見る

家庭教師比較ネットのおすすめコンテンツ
  • ぴったり家庭教師診断
  • 家庭教師ランキング
小学受験にオススメの家庭教師派遣会社

近くの都道府県から家庭教師を探す

家庭教師派遣会社を探す