岡山県の高校受験対策情報

執筆者紹介

S.Yさん

自己紹介
3児の母で子どもの幼稚園受験を経験しており、現在は中学校受験及び小学校受験を目指して情報収集や子どもへの指導を行っております。主人の指導経験及び、受験経験(幼稚園受験・小学校編入試験・中学校受験・筑波大学附属駒場高等学校・東京大学文科一類合格)に基づき、記事の執筆を手がけました。

執筆者経歴

東大螢雪会2年、SAPIX中学部(高校受験)Zクラス2年の指導経験があり、主に高校受験を指導してきました。筑波大学附属駒場高等学校や開成高等学校をはじめとし、多数の難関校への合格実績があります。

受験対策情報

■岡山県の高校受験の特徴とは

私立は、
岡山白陵高等学校・明誠学院高等学校・就実高等学校
公立は、
岡山県立岡山朝日高等学校・岡山県立岡山城東高等学校・岡山県立倉敷青陵高等学校
等が偏差値65前後の上位校として知られています。

岡山県には、難関校が多くあり、併願先の選択肢も広いといえます。
また、近隣の広島県や兵庫県に目を向けると、進学実績に定評のある高校が多く、併願先に他県を選択なさる方もいらっしゃいます。
関西地方・九州地方の特色として、学生寮を併設している学校や、岡山県立岡山城東高等学校のように下宿先の斡旋がある学校も多くあります。
その為、親元を離れて高校に通う道を選択するお子さんもいらっしゃいます。

■岡山県の高校受験の上位校とは

岡山白陵高等学校は、中高一貫教育を行っている共学校です。
学生寮を併設しており、県内外から生徒が集まっています。
70分授業制を採用し、土曜日にも授業を行ってゆとりある授業時数を確保しています。
2014年の大学合格実績は、東京大学6名、京都大学5名、医学部医学科に40名と、難関校へ多くの合格者を輩出している名門校です。

明誠学院高等学校は、多彩なコースがある共学校です。
個別学習室が設けられており、土日も利用することが出来ます。
数学の100分授業や合宿など、様々な特色のある教育を行っています。
2014年の大学合格速報では、京都大学3名、国立大学の医学部医学科6名等、難関校へ多くの合格者を輩出しています。

岡山県立岡山朝日高等学校は、グローバル人材育成プログラムを起用している共学校です。
進路指導だけでは無く部活動にも力を入れており、インターハイ出場を果たした強豪の部活動もあります。
2013年の大学合格者実績では、東京大学19名(内現役10名)、京都大学18名(内現役9名)など、難関校に多くの合格者を輩出しています。

岡山県立岡山城東高等学校は、単位制を取り入れた共学校で、新しいタイプの高校として知られています。
寄宿舎や学生寮はありませんが、下宿から通う生徒さんもいらっしゃいます。
45分7限制を採用しており、高大連携事業やキャリア教育等の特色ある教育を行っています。
2013年度の大学合格実績は、京都大学4名(現役3名)、同志社大学37名(現役20名)他、ニューヨーク州立大学等、海外の大学や難関校に多くの合格者を輩出しています。

■岡山県での高校受験でお子さんへの接し方に悩んだ時は

高校受験を控えたお子さんに、どんな風に寄り添えば良いのかお悩みの親御さんもいらっしゃると思います。
そんなお悩みをお持ちの方に、親としての指針をご紹介します。
相手を変えることは出来ませんが、視野を広く持ち様々な角度から考察することで、自分を変え結果としてよりより関係を構築できることは多くあります。
上手に取り入れて、お子さんとのより良い関係を目指して下さい。

・親の背をみて子は育つ
以前話題になったニュースに、「大学受験をする息子さんと一緒に勉強して、東大に合格したお母様」がいらっしゃいました。
残念ながら同じく東大志望だったお子さんは、別の大学に進学したそうですが、50歳の親御さんでも、このように勉強をすることは可能です。

この例はちょっと極端かもしれませんが、お子さんが高校受験の勉強をする頃になると、子供も手が離れて、ご自分のキャリア形成や人生計画をお考えになる方も多いと思います。
お子さんが勉強している時に、一緒にご自分の勉強をしてみては如何でしょうか。
資格取得の勉強でも、趣味の時間を持つことでも構いません。
ステップアップするための時間を共有することで、お子さんに刺激を与えるだけでは無く、ご自身の成長にも繋がります。

親が「いくつになっても勉強を続ける」姿を見せることは、将来の自分のキャリアプランを考えるためにも、お子さんにとって非常に大切な体験です。

・親が一番のファンになる
「親御さんが、お子さんの一番のファンになる」というお話は、私が子供の演劇関連の習い事で伺ったものです。
親御さんを信じて、苦しみも喜びも分かち合う「ファン」になることは、従来の親子関係からはちょっとずれているかもしれません。
けれども、家族の形が多様化し、親子関係にも変化が見られ、「友達親子」も珍しくありません。
友達のように何でも話し合える仲は理想ですが、難しいこともありますよね。
どうしても口や手を出してしまいたくなる親御さんも多いと思いますが、親がお子さんの一番のファンになることで、お子さんの気持ちを考え、そっと寄り添い支える存在になりましょう。

岡山県の高校受験では、上位校に公立と私立が混在しており、併願校を含めて様々な選択肢があります。
お子さんが、安心して勉強することが出来る環境を作るのは親の義務です。
親子関係に悩んだら、まずは全てを完璧にこなそうとせず、自分を見直してその上でお子さんと話し合って下さい。
親御さんが焦っても、成績は伸びません。
お子さんをきちんと受け止める余裕を持ちましょう。

資料請求は1度に最大5社までとなっておりますので、ご注意下さい。
現在、6社以上選択しています。

岡山県に関する特集記事

岡山県の受験情報や、家庭教師を利用していた元受験生の体験記を記載しています。
家庭教師を選ぶ上で参考になる情報が多くありますので、是非ご活用ください。

合格体験記
匿名36さんの合格体験記
岡山県の家庭教師名門会ご利用者様からの合格体験記をご紹介いたします。 ▼岡山白陵中(岡山県)合格 夏休みから本格的に始めた受験勉強。・・・続きを見る

岡山県の特集記事一覧を見る

家庭教師比較ネットのおすすめコンテンツ
  • ぴったり家庭教師診断
  • 家庭教師ランキング
高校受験にオススメの家庭教師派遣会社

近くの都道府県から家庭教師を探す

中国地方
家庭教師派遣会社を探す