長崎県の高校受験対策情報

執筆者紹介

S.Yさん

自己紹介
3児の母で子どもの幼稚園受験を経験しており、現在は中学校受験及び小学校受験を目指して情報収集や子どもへの指導を行っております。主人の指導経験及び、受験経験(幼稚園受験・小学校編入試験・中学校受験・筑波大学附属駒場高等学校・東京大学文科一類合格)に基づき、記事の執筆を手がけました。

執筆者経歴

東大螢雪会2年、SAPIX中学部(高校受験)Zクラス2年の指導経験があり、主に高校受験を指導してきました。筑波大学附属駒場高等学校や開成高等学校をはじめとし、多数の難関校への合格実績があります。

受験対策情報

■長崎県の高校受験の特徴とは

私立では、
青雲高等学校

公立では、
長崎県立長崎西高等学校・長崎県立長崎北陽台高等学校・佐世保工業高等専門学校

等が、偏差値60以上の上位校として知られています。
長崎県では公立優位で、上位校はほぼ県立が占めています。
その為、近隣他県を併願先に選択するケースが多く、福岡県の久留米大学附属高等学校や、鹿児島県のラ・サール高等学校など、学生寮や下宿のある学校を選択する方も多くいらっしゃいます。

■長崎県の高校受験の上位校とは

青雲高等学校は、中高一貫教育を行っている共学校です。
男子寮があり、高校の女子生徒は、学校指定の下宿を利用することが出来ます。
その為、県内だけではなく県外からも多くの生徒が集まっています。
長期休業期間を利用して、課外授業を行っており、希望の進路を実現するための学力の向上をはかっています。

2013年度の大学合格者実績は、東京大学11名、京都大学2名、そして医学部に90名と、難関校に多くの合格者を輩出しており、長崎県でもトップクラスの進学実績を誇る学校です。

長崎県立長崎西高等学校は、県内でもトップクラスの進学実績を誇る公立の共学校です。
勉強だけではなく、部活動にも力を入れており、ジュニアオリンピックへの出場等の、輝かしい実績のある部活動もあります。

2014年度の大学合格者実績は、東京大学14名(内現役4名)、京都大学5名(内現役3名)、そして国公立大学の医学部医学科に20名(内現役11名)の合格者を輩出しています。

■長崎県の県立・公立高校の特徴

長崎県では、公立が優位で、上位の人気校には公立高校が多く名を連ねています。
県では公立高校に多彩な特色のある施策を行い、学科を設置・改編しており、より良い教育を目指して様々な取り組みを行っています。
最新情報は長崎県のHPの「ハイスクールガイダンス」に記載されていますので、参考にして下さい。
今回は、数多くあるガイダンスの中から、長崎県の特徴的な制度や高校受験のトピックスをご紹介します。

・長崎県の「高校生の離島留学制度」とは

長崎県では、しまの豊かな自然、そして歴史や文化に触れながら、学ぶことが出来る特色のある学校づくりを、県が主体となって勧めています。
2003年から、全国でも初となる「高校生離島留学制度」を創設して、県内外から多くの留学生を受け入れています。
例えば壱岐高等学校では、「東アジア歴史・中国語コース」を解説し、言語や文化だけではなく、交流の歴史や考古学などについても、専門的に学び、国際的に活躍することが出来る人材の育成を目標としています。
二年次からは歴史学と中国語の専攻に分かれ、遺跡の見学旅行や語学研修など、様々なプログラムを通して多角的に学ぶことが出来ます。

・新たな中高一貫校

連携型の中高一貫校として、大崎高等学校の普通科が、中高同居で2013年にスタートしました。
また2014年には、上対馬高等学校が、連携型の中高一貫校としてスタートします。

・国際関係に関する学科を新たに設置

2015年から、長崎東高等学校では、国際関係に関する学科を新たに設置します。
それに伴い、2014年には併設の長崎東中学校でも、国際的な人材の育成を目的とした教育を導入します。
外国語教育の研究を行う拠点校として、指導法の研究開発や発信を行います。

■塾?それとも家庭教師?長崎県のお子さんのタイプ別の学習法の選び方

高校受験を目指して、塾に通ったり、家庭教師に勉強を教えて貰うお子さんも多いと思います。
首都圏では、塾の掛け持ちや、塾の学習を補うために家庭教師をつけることは珍しくありません。
長崎県でも、塾へ通うお子さんも多くいらっしゃいます。
とはいえお子さんのタイプによっては、思ったような効果があがらないケースもあります。
そこで今回は、お子さんのタイプ別の学習法の選び方についてご紹介します。

・大人数の塾
一緒に勉強する仲間が増え、切磋琢磨することが出来るので、目に見える目標があると頑張れるタイプのお子さんにお勧めです。
スケジュールに融通が利かないので、部活動や習い事との両立は少し難しいです。
大人数の塾での、受験へ向かう一体感を体験すると、周りの雰囲気に流されやすいお子さんは、勉強する意識が非常に高まり、モチベーションがあがるようです。

・少人数の塾や個別指導
恥ずかしがり屋で沢山居る生徒の前で先生に質問することが苦手なお子さんや、マイペースなお子さんは、アットホームな雰囲気の少人数の塾や、1対2等の個別指導の方がお勧めです。
きめ細かく丁寧な指導を受けることが出来ます。

・家庭教師
塾での苦手を補いたい、部活との両立をしたい、そんなお子さんにピッタリです。
自分のペースで勉強が出来るので、「判らないことだけを教えて欲しい」というお子さんもお勧めです。
自分のためのオリジナルのカリキュラムを組むことが出来るので、受験対策にピッタリです。

・通信教育
コツコツと計画を立てて勉強する必要があるので、意志の強いお子さんにお勧めです。
忙しい合間を縫って勉強するのにも役立つので、習い事や部活動との両立も可能です。
判らないところは親がフォローしたり、学校で先生に聞くことで解決する必要がありますが、1人の学習の先取りをしやすいです。

資料請求は1度に最大5社までとなっておりますので、ご注意下さい。
現在、6社以上選択しています。

長崎県に関する特集記事

長崎県の受験情報や、家庭教師を利用していた元受験生の体験記を記載しています。
家庭教師を選ぶ上で参考になる情報が多くありますので、是非ご活用ください。

合格体験記
Y.Yさんの合格体験記
小学生のころから女には珍しく理系頭だった私は、地元公立の進学高校では迷うことなく理系コースを選んだ。「理系に進めば、文系科目(社会や国・・・続きを見る

長崎県の特集記事一覧を見る

家庭教師比較ネットのおすすめコンテンツ
  • ぴったり家庭教師診断
  • 家庭教師ランキング
高校受験にオススメの家庭教師派遣会社

近くの都道府県から家庭教師を探す

九州・沖縄地方
家庭教師派遣会社を探す