熊本県の高校受験対策情報

執筆者紹介

S.Yさん

自己紹介
3児の母で子どもの幼稚園受験を経験しており、現在は中学校受験及び小学校受験を目指して情報収集や子どもへの指導を行っております。主人の指導経験及び、受験経験(幼稚園受験・小学校編入試験・中学校受験・筑波大学附属駒場高等学校・東京大学文科一類合格)に基づき、記事の執筆を手がけました。

執筆者経歴

東大螢雪会2年、SAPIX中学部(高校受験)Zクラス2年の指導経験があり、主に高校受験を指導してきました。筑波大学附属駒場高等学校や開成高等学校をはじめとし、多数の難関校への合格実績があります。

受験対策情報

■熊本県の高校受験の特徴とは
私立では、
真和高等学校・熊本学院大学附属高等学校

公立では、
熊本県立熊本高等学校・熊本県立済々黌高等学校・熊本県立第二高等学校

等が偏差値65以上の上位校として知られています。
熊本県の高校受験では、県立が優位で、進学実績の良い公立高校が多くあります。
併願先には、佐賀県や福岡県の上位校を選択する方も多くいらっしゃいます。
学生寮を併設している、弘学館高等学校や早稲田佐賀高等学校、男子寮のある久留米大学附属高等学校に女子寮のある岡工業大学附属城東高等学校、そして鹿児島県のラ・サール高等学校等、多くの進学校に学生寮が併設されています。

■熊本県の県立高校の入試とは

熊本県では、少子化に伴い統廃合される高校がある一方で、多彩なニーズに応えるために、入試が多様化しています。
学区外の枠は13%以内となっており、県外からの受験も可能です。
前期(特色)選抜では、学力だけではなく様々な能力や適性について選考を行い、面接や小論文などの独自の検査で入学者を決定します。
後期(一般)選抜では、学力検査の他に調査書の評定が選考に使用されます。
熊本県教育委員会のHPに、最新情報が掲載されますので、県立高校の受験をお考えの方は是非チェックしてみてください。

■熊本県の高校受験の上位校とは

真和高等学校は、中高一貫教育を行っている共学の高校で、男女ともに学生寮を併設しています。
浄土宗の宗門学校であり、仏教の精神に基づいた教育を行っています。
衛生講座を活用し、テキスト代金のみで大学受験予備校の授業を受けることが出来ます。
2013年度には、熊本大学38名(内現役20名)、医学部・歯学部20名の合格者を輩出しています。

熊本県立熊本高等学校は、創立110年以上を誇る伝統のある学校で、男女共学です。
一学年約400名と、大人数の学校で、特性や知能だけではなく体力にも優れた、「士君子」の育成を目標に掲げています。
幅広い教養を持つジェネラリストの育成を目標に、情報教育や国際交流にも積極的に取り組んでいます。
2012年度の大学合格実績は、東京大学12名(内現役6名)、京都大学11名(内現役8名)など、難関校に多くの合格者を輩出している、進学実績に定評のある学校です。

■勉強を部活や塾と両立させるためのコツ

高校受験では、勉強時間を如何に上手に確保するかが大切な鍵を握っています。
熊本県の高校受験に限らず、大学受験にも使えるポイントなので、是非参考にして下さい。

・勉強時間の取り方
部活や塾が終ってから勉強しようとしても、疲れてしまい集中できない。
結局宿題をするのが精一杯で、寝てしまう…。
そんなお子さんにお勧めなのが、「昼寝」です。
昼寝といっても、学校から帰った帰宅後なので、早くても夕方の時間帯ですね。
この時間に1時間弱の昼寝をすることで、頭がスッキリとして、勉強に打ち込むことが出来ます。
ポイントは、起きたら入浴してさっぱりとして気持ちを切り替えることです。
リフレッシュしてオンとオフの切り替えをしっかりとすることで、短時間でも勉強に集中して効率よく勉強をしましょう。

お子さんが朝早く起きられるならば、思い切って朝型にシフトしてしまうのもお勧めです。
シャワーをさっと浴びれば目が覚めますし、朝は身体が疲れていないので、勉強の途中で寝てしまう心配もありません。
朝の時間を有効活用するためには、寝る前にきちんと準備をしておくことも大切です。

<朝の勉強例>
5:00 起床・シャワー
5:15 勉強
7:15 朝食
7:45 出かける
前日22時に就寝すれば、7時間の睡眠を確保することが可能です。
部活で疲れて帰宅して、勉強に中々身が入らない場合には、思い切って寝てしまい、朝の時間を活用するのも良いかもしれません。

・規則正しい生活
勉強をする上で大切にしたいのが、「ご飯をしっかりと三食食べる」ことと、「食べ過ぎないこと」です。
食べ過ぎて眠くなってしまった経験をお持ちの方も多いと思います。
そこで、受験勉強をしている時期には、1回の食事を夕食と夜食に分けるのもお勧めです。
活動量が多いので、食べても食べても太らないというお子さんもいらっしゃいますが、ここで身についた食生活や生活習慣は、高校入学後にも響きます。
受験の時期だから大目に見るのではなく、受験の時期だからこそ、規則正しい生活やバランスの取れた食生活を心がけることが大切です。

・小学校時代から意識しておきたい「身体づくり」
受験勉強にどれだけリソースを割くことが出来るかは、「どれだけ体力があるか」という事にも影響されます。
高校受験を見据えて、小学校時代や中学校時代から勉強をするのは、勿論無駄にはなりませんが、1番やっておきたいことは身体づくりです。
体力をしっかりとつけて、健康的な身体をつくることは、高校受験だけではなく、大学受験の際にも非常に大切なポイントになります。
小学校時代にサッカーや野球などの運動や、公園などで思いっきり遊んでおくことは、ルールを守ることの大切さやチームワークを学ぶだけではなく、体力をつける為にも必要なことです。

資料請求は1度に最大5社までとなっておりますので、ご注意下さい。
現在、6社以上選択しています。

熊本県に関する特集記事

熊本県の受験情報や、家庭教師を利用していた元受験生の体験記を記載しています。
家庭教師を選ぶ上で参考になる情報が多くありますので、是非ご活用ください。

合格体験記
匿名20さんの合格体験記
熊本県の学校に合格した生徒様の合格体験記をご紹介致します。 ▼熊本大(熊本県)合格 どうしても客観的に学力をみてもらう必要があると感・・・続きを見る

熊本県の特集記事一覧を見る

家庭教師比較ネットのおすすめコンテンツ
  • ぴったり家庭教師診断
  • 家庭教師ランキング
高校受験にオススメの家庭教師派遣会社

近くの都道府県から家庭教師を探す

九州・沖縄地方
家庭教師派遣会社を探す