鹿児島県のK.Rさんの合格体験記

執筆者紹介

K.Rさん

自己紹介
高校受験の時に家庭教師を利用していました。わたしの体験談が少しでもお役に立てば幸いです。

家庭教師の利用方法

家庭教師を利用していたのは1年程で、時給1500円くらいで週3回お願いしていました。

合格体験記

わたしは高校受験の時に家庭教師を頼みました。最初両親と相談して大手の家庭教師を紹介してくれる会社が良いのか、知り合いの優秀な方に頼むのかいろいろ悩みました。当時のわたしは、人並みより少し成績も良かったのですが、科目によってムラがあったため、弱い科目を他の科目と同じくらいにまで引き上げる事が出来れば、それで十分くらいに考えていました。

元々、高望みしていたわけではありませんでしたし、一流高校や大学に合格して、大手の企業に勤めてという考えもありませんでした。どちらかというと、小規模の会社でアットホームに働くのが性格的にあっているだろうと考えていましたから、そこまで成績には固執していませんでした。なので、わたしには個人家庭教師の方が向いているだろうというのが、わたしと両親で話あって出した結果だったんです。

迷われている方は、自分の性格にあった勉強方法というのが、一番自分を伸ばせてあげられるという事に気づいた方が良いかもしれません。家庭教師だから、集中的に伸ばせるとか、ピンポイントで弱点を克服出来るという事はないと思います。要はどれだけ生徒が、家庭教師を使って伸びようとする気持ちがあるかどうかというだけであって、すごく伸びる人は塾でも学校でも家庭教師でも、どの方法でも伸びると思います。

それと男性の先生か女性の先生かというのも相性があると思うので、どんな先生が良いか考えた方が良いと思います。わたしは年上の女性が、なぜかちょっと苦手だったので、自然と男性教師という選択肢となり、苦手な面も恥じる事なくそのまま伝える事が出来たので、それが結果としてよかったのではないかなと思います。苦手な分野や、分からないところを隠そうとする人がいますが、失敗恐怖症というのは、手放さないと受験は勝てません。

それにはまず、ありのままの自分を先生に見せて、自分の改善点を教えてもらう事だと思います。わたしのように競争の苦手なタイプは、家庭教師の方が向いているかもしれません。塾にも行っていた時期があるのですが、みんなの勢いにのまれてしまって、自分は集中する事が出来ませんでした。また、わたしは自宅で勉強する事が出来なかったので、よく家庭教師の先生とファミレスで、勉強していました。適度なノイズがあると集中出来るようなので、勉強出来る環境を整える事が出来るのも、家庭教師を雇うメリットかなと思います。

また、先生のタイプですが、やはり厳しい先生の方が良いとわたしは思います。基本的に、ひとりでは勉強が出来ないから、家庭教師を雇ったり、塾に行ったりするわけで、全部自分だけで完結させられるほどの強い意志があるのであれば、誰もお金払って先生をつけるなんて事はしないんです。厳しい先生をつけ、苦手な科目の、苦手な問題集の作成を依頼し、集中的に宿題を出してもらい、出来なかったら更に宿題を増やすという感じで、わたしの先生は指導してくれました。

わたしは、すぐになまけるタイプだったので、先生にスケジュール管理もしっかりしてもらいました。自分を律する事が出来ない人は、先生という手段を使って自分を伸ばすというのも英断だとわたしは考えています。やはり、人って、なんでも自分で出来るほど強くありませんし、人が見ていないとすぐさぼりますから、何か目的があったり、強い動機がないとすぐにさぼって結果は望ましくない結果にという落ちが普通かなと思うんです。自分の弱さを知っている人は、厳しい家庭教師を雇うとうまくいくかもしれません。

わたしは文系だったので、理系に得意な先生を希望したんですが、雇ったのは文系でしかも理系の苦手な先生だったんです。わたしの両親が決めたその先生が、たまたま理系が苦手な人だったのですが、その苦手な分野に対して力を注いで来た人だったので、なぜ出来ないのかというわたしの気持ちを理解してくださる方でした。厳しいながらも、とても親身になって考えてくださり、今のわたしがあるのかなと大変感謝している部分もあります。また、メンタルブロックという、出来ないまたは苦手であるという思い込みを取り除く方法もこの先生に教えてもらいました。わたしは数学が苦手だったんですが、まずはやってみましょうと言って、躊躇してるわたしにどんどん問題を解かせました。最初は出来なかったんですが、やっていくうちに、数学自体に慣れて来て、苦痛じゃなくなってきたんですよね。そして、いつしか宿題も完璧にこなせるようになり、どちらかと言うと嫌いではないくらいまでこれたんです。

結果として理系科目全体の成績も上がり、希望していた高校に合格する事が出来ました。家庭教師も塾も、結局はきっかけにすぎません。どちらを選んでも、本人がやる気にならなければ、やはり効果は薄いです。なので、受験する本人がどうしたいのかというのを優先し、客観的に両親や先生がサポートしていくというのが理想なのかなと思います。

資料請求は1度に最大5社までとなっておりますので、ご注意下さい。
現在、6社以上選択しています。

鹿児島県に関する特集記事

鹿児島県の受験情報や、家庭教師を利用していた元受験生の体験記を記載しています。
家庭教師を選ぶ上で参考になる情報が多くありますので、是非ご活用ください。

高校受験対策情報
S.Yさんの受験対策情報
■鹿児島県の高校受験の特徴とは 私立では、 ラ・サール高等学校・樟南高等学校・鹿児島実業高等学校 公立では、 鹿児島県立鶴丸高等学校・鹿・・・続きを見る

鹿児島県の特集記事一覧を見る

家庭教師比較ネットのおすすめコンテンツ

近くの都道府県から家庭教師を探す

九州・沖縄地方
家庭教師派遣会社を探す
無料検索する