石川県のA.Hさんの合格体験記

執筆者紹介

A.Hさん

自己紹介
家庭教師の先生にお世話になり始めたのは、長男が高校受験をした時からです。長男は高校受験・大学受験と合格するまでお世話になりました。今回は進学校を目指して受験をした二男の体験をお話しさせて頂きます。

家庭教師の利用方法

キッカケは長男の高校受験でした。塾よりも個人指導が良いと判断し家庭教師を探しました。

厳しい先生でしたが入試1か月前に来て頂いたにもかかわらず、長男の苦手部門を指導して下さり見事に合格まで導いてくださいました。「弟さんの時も必要なら是非また」とご相談を頂いていましたので、それから2年後の5月、二男がお世話になる事になりました。

合格体験記

長男より5歳年下の二男は、自分が小学校の頃から隣の部屋で兄さんが家庭教師の厳しい指導を受けるのを聞きながら宿題をしていました。そのせいで、中学に入学してすぐに「家庭教師は嫌だ、塾にも行かない」と宣言したのです。困ったなぁと言うのがその時の本音ですが、まだ中学一年生だし大丈夫だろうと思っていました。親としては、進学校で無くて楽しい高校生活を送れるような学校に入ってくれればそれでいいとも考えていました。

二男は部活動はサッカー部に入部しました。サッカー初心者でしたが持ち前の友達づきあいと人付き合いが上手な面を活かして中学校生活は入学から順風満帆のようでした。中学生の生活は何と言っても部活が大きく影響します。二男はサッカー初心者でしたが、中学二年生になってゴールキーパーに任召されました。監督もチームの皆も信頼を置き本人もそれに応えるように頑張ってチームに貢献していました。しかし、その裏には実は二男なりにかなりプレッシャーを感じていて試合の前は眠れない、試合当日はお腹が下がってトイレばかり行くと言う精神面から来るストレスと戦っていました。

では、勉強の方はどうだったかというと成績は悪い方では無くむしろ良い方でテストの順位でもいつも10番内でした。特に数学が得意でダントツでいつも95点以上の点数を取り、100点も当たり前のようにとっていました。他の教科も国語以外は高得点でなんら心配の無い成績でした。一年生の時も二年生になってからも担任の先生に「このままの状態をキープして高校を選んでください」と言われました。親にとっては何ともありがたく、喜ばしい事です。

では、なぜそんな二男が家庭教師の先生をお願いする事になったかというと、サッカーの試合・実力テストの時に必ず二男を襲う下痢でした。中学二年の5月、先輩が引退する試合が近づいた時にポツリと、「母さん、家庭教師の先生に来て貰えないかな」と二男が言うのです。先生とは長男がお世話になっていた家庭教師の先生でした。理由は言わなくてもわかりました。二男には緊張を和らげるための相談相手が必要だったのです。

「この子の相談を聞いて貰うために、あの家庭教師の先生にお願いしよう」と思いました。部活でゴールキーパーというポジションに付き責任の偉大さと、その頃から勉強にも自分の可能性を見出した時いざ、大事な試合やテストになるとお腹が痛くなり途中で交代したりテスト中にもトイレに行く事が多くなったからです。本人の意思が変わらないうちに、すぐ「県家庭教師教会」さんへ連絡しました。営業の担当の方も「お久しぶりです」と覚えていた下さって事情を話すと迅速に対応して下さり、翌週から先生に週に1回来て頂く事になったのです。

初日は雑談、そして二男と先生の志望校合格への道が始まりました。先生はまず、緊張してお腹が痛くなるという事に怯えている二男の精神状態を克服するために、二男の得意分野を活かし「君は出来るんだから大丈夫」という指導法でなかなか上がらなかった英語の成績をまずはみるみる上がるようになりました。そして勉強を通して「君は出来るんだから大丈夫」という言葉で試合前のプレッシャーに勝つ方法を指導して下さり、先輩方の最後の試合から自分たちが引退する3年生最後の大会まで試合前にお腹が痛くなる事は無くなったのです。

小学校の頃から引っ込み思案で、ガキ大将の子が来ると隠れていた子が、今まで気づかなかった自分の持っている力に気付いたのです。少しずつ自信を持った二男は日ごろから担任の先生に言われていたクラスの役員や学校の役員にも自分から積極的に取り組むようになりました。特に二年生の後半からは学校行事にも貢献し忙しい中でも成績が下がらず学年順位が5番から上の状態に上がって行きました。家庭教師の先生は予測通りだったようで、見事な指導に頭が下がりました。

中学三年生になり二男は生徒会会長になりました。そして、明確に自分の志望校を決めて担任の先生に告げたそうです。その志望校が石川県内でも3本の指に入る進学校で難関校です、さらに受験する学科は難度が高く、さすがに親としては心配になりました。しかし、家庭教師の先生は「よし、きましたね」と笑みを浮かべて「後は任せてください」とおっしゃるのです。

それから、二男は家庭教師の先生のいう事はすべて守り実行しました。勉強面だけでなく、生活リズム・部屋の整理整頓・自分の事は自分でするなど、できることは何でもしていたと思います。そうしていくうちに入学試験当日を迎えました。緊張していたのはわかりました、でも自信にあふれていたのもわかりました。前日、家庭教師の先生から「もう、後は自分の力を全部出してくる事」と言われたそうです。

試験の結果、見事に合格しました。試験の点数ですが、科を受けた中でも40人中3番目の成績で、もちろん中学出身者ではトップでした。

合格発表の日、なかなか連絡が無いので、いても経っても居られなくて発表場所まで見に行く途中で、家庭教師の先生と出会いました。「先生、あの子は・・・」「あぁ、合格しましたよ、おめでとうございます!お母さん、○○君は大したものですよ」と笑ってホッとして泣き崩れる私の背中をトントンとさすってくださいました。

家庭教師の先生に着て頂いて本当に良かったと思います。勉強だけでは無くて、二男のまだまだ奥に隠れている可能性を引き出してくれました。そして自信を持てる人間に導いてくださいました。その先生には今もお世話になっています。今度は2年後の大学受験に向けて、先生と二男の挑戦は始まっています。

資料請求は1度に最大5社までとなっておりますので、ご注意下さい。
現在、6社以上選択しています。

石川県に関する特集記事

石川県の受験情報や、家庭教師を利用していた元受験生の体験記を記載しています。
家庭教師を選ぶ上で参考になる情報が多くありますので、是非ご活用ください。

合格体験記
T.Iさんの合格体験記
中学時代の私の学校は、いわゆる荒れた学校で、私の友人もそういう人が多かったです。影響を受けやすかった私は、やはり先生に反抗してみたり、授業を・・・続きを見る
高校受験対策情報
S.Yさんの受験対策情報
■石川県の高校受験の特徴とは 公立は、 石川県立金沢泉丘高等学校・石川県立小松高等学校・石川県立金沢二水高等学校 国立は、 金沢大学附属高・・・続きを見る

石川県の特集記事一覧を見る

家庭教師比較ネットのおすすめコンテンツ

近くの都道府県から家庭教師を探す

信越・北陸地方
家庭教師派遣会社を探す
無料検索する