北海道の高校受験対策情報

執筆者紹介

S.Yさん

自己紹介
3児の母で子どもの幼稚園受験を経験しており、現在は中学校受験及び小学校受験を目指して情報収集や子どもへの指導を行っております。主人の指導経験及び、受験経験(幼稚園受験・小学校編入試験・中学校受験・筑波大学附属駒場高等学校・東京大学文科一類合格)に基づき、記事の執筆を手がけました。

執筆者経歴

東大螢雪会2年、SAPIX中学部(高校受験)Zクラス2年の指導経験があり、主に高校受験を指導してきました。筑波大学附属駒場高等学校や開成高等学校をはじめとし、多数の難関校への合格実績があります。

受験対策情報

■北海道の高校受験の特徴とは

私立は、
札幌光星高等学校・立命館慶祥高等学校・函館ラ・サール高等学校・札幌第一高等学校

公立は、
北海道札幌西高等学校・北海道札幌南高等学校・北海道札幌東高等学校・北海道札幌北高等学校

上記の学校が偏差値65を超える上位校として知られています。
北海道の高校受験では、公立が優位で、他の都道府県と比べて、人気の上位校には公立高校が多く名を連ねています。
併願先は道内で選択する方が多くいらっしゃいます。

■北海道の高校受験の上位校とは

札幌光星高等学校は、カトリックの精神に基づいた教育を行っている中高一貫の共学です。
高校ではハイレベルな学習環境が整備されている「ステラコース」をはじめ、3つのコースに分かれ、特色のある教育を行っています。
学園寮では、道内の生徒を中心に様々なエリアから生徒が集まっており、道外からの入寮者もいます。

2013年度の合格実績では、北海道大学16名(内六カ年コース5名)、早稲田大学7名(内六カ年コース3名)等、難関大学に多くの合格者を輩出しています。
一般入学試験の他に推薦入学試験や単願入学試験を行っています。

立命館慶祥高等学校は、中高一貫教育を行っている共学の高校です。
入学執権時に選抜される「高入SPコース」では、東京大学や医学部などを目指し学習を行います。
志望にあわせて自分に合ったコースで、様々な学習をすることが出来ます。

附属の立命館慶祥高等学校の、2014年度の大学合格者速報では、東京大学2名(内現役2名)、京都大学3名(内現役2名)、医学部医学科14名他、海外大学へ現役で13名の合格者を輩出しています。
高校の入試では、様々な入試方式があり、募集定人数の男女305名の内、内部進学生は約130名で、高校の募集は約175名です。

北海道札幌西高等学校は、創立100周年を超える歴史と伝統のある共学の高校です。
日本のリーディングハイスクールを目指し、様々な取り組みを行っています。
また生徒の大学進学意識が高いため、キャリア教育にも力を入れています。

2009年度の大学合格実績は、北海道大学106名(内現役71名)、東京大学2名(内現役2名)、京都大学5名(内現役1名)等、難関校へ多くの合格者を輩出しています。

■高校受験の推薦入試のポイント

高校受験の推薦入試では、私立・公立を問わず調査書と面接、そして一部の高校で作文や小論文に実技試験などを組み合わせて判断を行います。
学校長の推薦書が必要なケースもあるなど、出願時に必要な書類は多岐に渡ります。
推薦入試を受けることで、推薦・一般と、志望校を受験できるチャンスが広がります。
志望校がまだ決まっていないお子さんも、まずは可能性を広げるために、出欠や内申点に気を配っておくと良いでしょう。

・調査書(内申書)

<内申点>

推薦入試を受ける上で大切なのが「内申点」です。
内申点が基準値に満たないと、出願しても合格することが出来ません。
その為、推薦入試を狙うのであれば、早い時期から内申点を意識し、学校の勉強を疎かにしないように注意する必要があります。

<出欠の記録>

また、出欠の記録も重視される項目です。
怪我による入院などの特別な理由が無いのに、遅刻や早退そして欠席が多いと、基準値に満たないことがあります。
中学校生活3年間の出欠の記録を提出する事が多くあるので、入学時から気をつけましょう。

<特別活動>

部活動での記録や生徒会活動そして委員会活動、習い事での表彰歴など、様々な特別活動の記録が記入されます。
勉強以外に打ち込んでいる物がある方は、それをアピールすることが出来ます。

<総合所見>

教師から見た、お子さんの学校生活の様子が記載されます。

・面接

面接では、志望理由ややる気そして態度に服装などをチェックします。
いくら第一志望だからといって、身だしなみが整っていなかったり、態度が悪い生徒に入学して欲しいと願う学校はありません。
しっかりとした受け答えが出来れば良いのですが、急な質問で言葉が詰まってしまうお子さんもいらっしゃいます。
面接はあくまで面接官とのコミュニケーションを取る場です。
用意した答えがスラスラと出なくても、焦らずに目を見て自分の思いを伝えることが出来れば良いのです。
事前に自己PR文等の提出を行っている場合には、コピーをしておき、必ずよく目を通しておきましょう。
面接で自己PR文とかけ離れたことを言わないように注意することが大切です。

・北海道の高校の推薦入試とは

北海道の公立高校では、推薦入試を行わない高校もあります。
上位校として知られる、北海道札幌西高等学校・北海道札幌南高等学校等は、推薦入試を実施していません。
また英語による面接が行われるなど、志望校や志望する学科によっても試験内容が異なります。
推薦入試の受験をお考えの方は、北海道教育委員会のHP内で公表されていますので、最新情報をチェックして下さい。

資料請求は1度に最大5社までとなっておりますので、ご注意下さい。
現在、6社以上選択しています。

北海道に関する特集記事

北海道の受験情報や、家庭教師を利用していた元受験生の体験記を記載しています。
家庭教師を選ぶ上で参考になる情報が多くありますので、是非ご活用ください。

合格体験記
S.Sさんの合格体験記
家庭教師を利用し始めた当初の私の成績は志望高校に届くか届かないかというギリギリのラインでした。 結論から言いますと家庭教師を利用した・・・続きを見る
小学校受験対策情報
S.Yさんの受験対策情報
■北海道の受験の特徴とは 北海道の小学校は、私立が3校で国立が4校です。 また、中学校は私立が16校で国立が4校、そして中等教育学校・・・続きを見る

北海道の特集記事一覧を見る

家庭教師比較ネットのおすすめコンテンツ

近くの都道府県から家庭教師を探す

北海道・東北地方
家庭教師派遣会社を探す
無料検索する