広島県の高校受験対策情報

執筆者紹介

S.Yさん

自己紹介
3児の母で子どもの幼稚園受験を経験しており、現在は中学校受験及び小学校受験を目指して情報収集や子どもへの指導を行っております。主人の指導経験及び、受験経験(幼稚園受験・小学校編入試験・中学校受験・筑波大学附属駒場高等学校・東京大学文科一類合格)に基づき、記事の執筆を手がけました。

執筆者経歴

東大螢雪会2年、SAPIX中学部(高校受験)Zクラス2年の指導経験があり、主に高校受験を指導してきました。筑波大学附属駒場高等学校や開成高等学校をはじめとし、多数の難関校への合格実績があります。

受験対策情報

■広島県の高校受験の特徴とは
私立では、
修道高等学校・如水館高等学校・広島新庄高等学校・比治山女子高校

公立では、
近畿大学附属広島高等学校・基町高等学校・広島高等学校

国立では、
広島大学附属高等学校・広島大学附属福山高等学校

等が、偏差値65以上の上位校として知られています。
広島県では、私立の上位校が多く、県内で併願校を選ぶ方が沢山いらっしゃいます。

■広島県の高校受験の上位校の特徴とは
修道高等学校は、中高一貫教育を行っている男子校です。
進学実績に定評があり、天文ドームや蔵書が10万冊を超える図書館など、施設も充実しています。
1725年に創始された伝統のある学校として知られています。
2013年度の大学合格者実績は、東京大学10名、京都大学10名で、医学部医学科に24名と、難関校に多くの合格者を輩出している名門校です。

如水館高等学校は、中高一貫教育を行っている共学校です。
学生寮や提携の民間寮があり、県内外から生徒が集まっています。
全てのクラスに担任と副担任が居る、2名体制で、サポート体制を整えています。
2014年度の大学合格者速報では、京都大学1名(内現役1名)、東京藝術大学1名(内現役1名)、同志社大学3名(内現役1名)他、難関校に多くの合格者を輩出しています。

比治山女子高校は、中高一貫教育を行っている女子校です。
2期制を採用しており、授業時間をしっかりと確保して、生徒のレベルに応じた指導を行っています。
2013年度の大学合格者実績は、広島大学2名(内現役1名)、同志社大学2名(内現役2名)、立命館大学9名(内現役3名)等、難関校への合格者を輩出しています。

近畿大学附属広島高等学校は、中高大の一貫教育を行う共学校です。
中高大の連携を積極的に行っており、生徒の志望にあった進学指導を行っています。
また、礼節教育や国際交流にも力を入れています。
2013年度の大学合格者実績は、京都大学3名(内現役1名)、医学部医学科に9名(内現役1名)の合格者を輩出しています。
附属の近畿大学へは、130名(内現役129名)が合格しています。

■広島での高校選びに親は何処まで関わるべきか
小学校や中学校受験とは違い、高校受験ではお子さんが主体となって学校を選びます。
今回は実例を挙げて、高校選びの難しさについてご紹介したいと思います。
お子さんの高校生活を、実りのあるものにするためにも、是非参考にして下さい。

・ケース1親御さんの希望
学校の成績が良く、推薦が貰えるからと、親御さんが女子校への進学を決めてしまったお子さんがいらっしゃいました。
彼女の実力からすれば、共学の上位校を狙うことも十分に可能でした。
けれども、その女子校は県内でも有数の進学校だったので、親御さんとしては家からも近いこちらの学校が気に入ったようです。
また、その女子校は、規律を重んじる学校として知られていました。
どちらかというと自由に自分で考えて行動したいタイプの彼女は、入学後やはり学校に馴染めず数ヶ月で退学してしまいました。
「子供のため」が裏目に出てしまったケースです。

・ケース2やっぱり駄目だった
憧れの高校が遠かったり、独自の教育を行っている場合。
お子さんの意思を何処まで尊重すれば良いと思いますか?
あるお子さんは、親御さんの「通学に掛かる時間が長すぎる」との反対を押し切り、学校への通学時間が1時間半掛かる学校を第一志望とし、見事に合格しました。
通勤ラッシュで1時間半。
勿論2時間以上掛かる道のりを通うお子さんは沢山いらっしゃいます。
けれども、病弱だったお子さんには、やはり無理があったようです。
結局退学することになりました。

この2つのケースは、どのご家庭でも起こりうるトラブルだと思います。
懸案事項がある際には、実際に体験をしてみるようにアドバイスをしましょう。
学校の雰囲気をたった1度の説明会で知ることは不可能ですし、説明会は土日なので通勤ラッシュを体験することは出来ませんよね。
もしそれが、意にそぐわない結果になってしまったとしても。
納得いくまで考えて選んだ高校で、お子さんが楽しい高校生活を過ごすことが出来れば、それが1番では無いでしょうか。

広島県の高校受験では、進学実績に定評のある学校が多く、志望校や併願校を決めあぐねてしまう方も多いと思います。
そんな中で学校を選択するには、「大学合格実績」や「難易度」だけではなく、「3年間通える学校」を選びましょう。
合格したらゴールでは無く、そこからがスタートなのです。
ケース2のお子さんの場合、1年間の授業日数を220日とすると、往復3時間だと1年で660時間も通学に掛かってしまいます。
想像力を働かせて、負担の掛からない学校選びをすることが大切です。

中学生は大人の様に見えて、まだまだ失敗してしまうことも沢山あります。
高校選びには、適切なアドバイスと冷静な判断が必要不可欠です。
勉強がうまくいかないイライラで、親御さんの言うことを聞かなくなってしまうお子さんもいらっしゃいます。
そんな時には、親御さんと学校の先生そして塾の講師など、周りに居る大人が連携をして、バックアップをしていくことが大切です。

資料請求は1度に最大5社までとなっておりますので、ご注意下さい。
現在、6社以上選択しています。

広島県に関する特集記事

広島県の受験情報や、家庭教師を利用していた元受験生の体験記を記載しています。
家庭教師を選ぶ上で参考になる情報が多くありますので、是非ご活用ください。

合格体験記
A.Kさんの合格体験記
引っ込み思案だった公立の中学校へ通っていた長女を塾に通わせていたのですが、どうしても人間関係が合わず成績が上がったのに辞めてしまいまし・・・続きを見る
中学校受験対策情報
S.Yさんの受験対策情報
■広島県の中学受験の特徴とは 広島県では、古くから私立・国立の上位校が人気を集めており、中学受験でも選択肢が非常に多くあります。 私・・・続きを見る

広島県の特集記事一覧を見る

家庭教師比較ネットのおすすめコンテンツ
  • ぴったり家庭教師診断
  • 家庭教師ランキング
高校受験にオススメの家庭教師派遣会社

近くの都道府県から家庭教師を探す

中国地方
家庭教師派遣会社を探す