広島県の中学校受験対策情報

執筆者紹介

S.Yさん

自己紹介
3児の母で子どもの幼稚園受験を経験しており、現在は中学校受験及び小学校受験を目指して情報収集や子どもへの指導を行っております。主人の指導経験及び、受験経験(幼稚園受験・小学校編入試験・中学校受験・筑波大学附属駒場高等学校・東京大学文科一類合格)に基づき、記事の執筆を手がけました。

執筆者経歴

東大螢雪会2年、SAPIX中学部(高校受験)Zクラス2年の指導経験があり、主に高校受験を指導してきました。筑波大学附属駒場高等学校や開成高等学校をはじめとし、多数の難関校への合格実績があります。

受験対策情報

■広島県の中学受験の特徴とは
広島県では、古くから私立・国立の上位校が人気を集めており、中学受験でも選択肢が非常に多くあります。

私立の共学校では、
AICJ中学校・広島なぎさ中学校・近畿大学附属福山中学校
男子校では、
広島学院中学校
女子校では、
ノートルダム清心中学校

国立では、
広島大学附属中学校・広島大学附属福山中学校・広島大学附属三原中学校

等が偏差値60以上の上位校として知られています。
併願校の選定では、県内の私立を併願する方が多くいらっしゃいます。
また、西日本では学生寮を併設している学校も多いので、学生寮を併設している他の都道府県の上位校を併願なさる方もいらっしゃいます。

■広島県の中学受験の上位校の特徴とは
AICJ中学校は、IB(国際バカロレア)の認定を受けており、国内だけでは無く海外の大学へ進学を希望する方にもお勧めの共学校です。
学園寮があり、週に4日の英会話レッスンを受けることができます。英語を学ぶのでは無く「英語で学ぶ」ことを実践しており、中学校修了までに生徒全員が英検の2級を取得することを目標としています。
海外の大学へ進学を希望する生徒は、AIC高校ニュージーランド校への進学をすることにより、IB教育を受けることができます。
2012年の卒業生進学先は、東京大学7名、京都大学2名をはじめ、世界各国の難関校へ多くの合格者を輩出しています。

広島学院中学校は、キリスト教に基づいた教育を行っている中高一貫の男子校です。
宗教活動や国際交流など、様々な特色のある教育を行っており、進学実績に定評のある学校として知られています。
広島学園高等学校の2014年4月の大学別進学者数は、東京大学16名、京都大学20名で、医学科に32名と、難関校に多くの合格者を輩出しています。

ノートルダム清心中学校は、カトリック教育を行う中高一貫の女子校です。
学習だけでは無く「心」の育成を目標に掲げ、様々な特色のある教育を行っています。
ノートルダム清心高等学校の2014年度の大学合格者実績は、東京大学4名、京都大学4名、立命館大学57名、同志社大学48名と、難関校に多くの合格者を輩出しています。

広島大学附属中学校は、中高一貫教育を行っている共学校です。
100年を超える伝統ある学校で、受験用の学力だけでは無く、豊かな人間性の確立を目指しています。
広島大学附属高等学校の2014年の大学合格者速報では、東京大学7名(内現役4名)、京都大学14名(内現役7名)と、難関校へ多くの合格者を輩出しています。

■広島県での受験に必要となる「発想力」と「感受性」
広島県の中学受験では、「発想力」を問う問題が出題されます。
他の都道府県の中高一貫校の入試や、私国立の入試でも、「発想力」が必要とされる問題が出題されています。
「発想力」は「感受性」が必要とされますが、豊かな感受性を育むのは、一朝一夕では難しいですよね。
そこで今回は、「発想力」に注目してみようと思います。
発想力は学力の向上だけでは無く、人間性を豊かにしてくれる大切なポイントです。
発想力が必要な問題がなかなか解けないお子さんは、問題の数をこなすだけでは無く、日常生活で「発想力を鍛える」ことがお勧めです。

・発想力が何故大切なのか
発想力は、「自分が持っている知識を如何に上手に組み立てることができるか」がポイントです。
例えば、暑い日にアイスを持って外に出たとします。
「アイスは氷っている」「氷は溶ける」という2つの知識があれば、「アイスは溶けてしまう」ということに気がつくことが出来ます。
私達は誰もが、このような発想力を持っています。
「発想力」が必要とされる問題を解けないお子さんは、「発想力が無い」のではなく、「知識を組み合わせられない」だけなのです。

・発想力の鍛え方
発想力を鍛えるためには、「疑問を持つこと」が大切です。
お子さんがまだ、幼稚園にあがる前を思い出してみて下さい。
「なんで空は青いの?」「なんで雲は白いの?」
世の中は不思議で満ちあふれていたと思います。
その頃のように、「身の回りのものに興味関心を持つ」ことが大切です。
空が青いことを「当たり前」として認識するのでは無く、多角的に考えましょう。
様々な物事に疑問を持ち、多角的に考えることが身につくと、問題を解く際にも、与えられた条件をきちんと整理して、しっかりと考えることが出来ます。

・発想力が必要な問題を解くためには
発想力が必要な問題を解くためには、「着眼力」を鍛えることも大切です。
目の付け所が悪ければ、いつになっても正解にたどり着くことは出来ません。
着眼力は、発想力や感受性と同様に、多角的な角度で物事を見ることがポイントになります。
受験で取り上げられるような文学作品に触れて、主人公や友人など様々な立場で考えてみましょう。
多彩な解釈に耐えられる文学作品は、本を読む楽しさも教えてくれる、優秀な教科書でもあります。
短い文章でも構いませんので、1つの作品について、多角的に検討をする練習をしてみましょう。

資料請求は1度に最大5社までとなっておりますので、ご注意下さい。
現在、6社以上選択しています。

関連ページ

広島県に関する特集記事

広島県の受験情報や、家庭教師を利用していた元受験生の体験記を記載しています。
家庭教師を選ぶ上で参考になる情報が多くありますので、是非ご活用ください。

合格体験記
A.Kさんの合格体験記
引っ込み思案だった公立の中学校へ通っていた長女を塾に通わせていたのですが、どうしても人間関係が合わず成績が上がったのに辞めてしまいまし・・・続きを見る
高校受験対策情報
S.Yさんの受験対策情報
■広島県の高校受験の特徴とは 私立では、 修道高等学校・如水館高等学校・広島新庄高等学校・比治山女子高校 公立では、 近畿大学附属広・・・続きを見る

広島県の特集記事一覧を見る

家庭教師比較ネットのおすすめコンテンツ
  • ぴったり家庭教師診断
  • 家庭教師ランキング
中学受験にオススメの家庭教師派遣会社

近くの都道府県から家庭教師を探す

中国地方
家庭教師派遣会社を探す