福島県の高校受験対策情報

執筆者紹介

S.Yさん

自己紹介
3児の母で子どもの幼稚園受験を経験しており、現在は中学校受験及び小学校受験を目指して情報収集や子どもへの指導を行っております。主人の指導経験及び、受験経験(幼稚園受験・小学校編入試験・中学校受験・筑波大学附属駒場高等学校・東京大学文科一類合格)に基づき、記事の執筆を手がけました。

執筆者経歴

東大螢雪会2年、SAPIX中学部(高校受験)Zクラス2年の指導経験があり、主に高校受験を指導してきました。筑波大学附属駒場高等学校や開成高等学校をはじめとし、多数の難関校への合格実績があります。

受験対策情報

■福島県の高校受験の特徴とは

公立は、
福島県立福島高等学校・福島県立安積高等学校・福島県立安積黎明高等学校

等が、偏差値65以上の上位校として知られています。

私立は、
日本大学東北高等学校・いわき秀英高等学校

等が、偏差値60前後の人気校として知られています。

福島県の高校受験では、公立優位で、私立の上位校の選択肢が少なく、併願校のランクをかなり下げる方もいらっしゃいます。
公立志向が強いので、学校によっては倍率が3倍を超える学校もあります。
首都圏と比較すると、倍率は低く受験しやすい印象を持ちますが、併願校が少ないので、公立が残念な結果になった場合に難しい選択になるケースもあります。
進学実績に定評のある学校への入学を希望している場合には、学生寮を併設している学校を選択肢にいれるのがお勧めです。

■福島県の高校受験の上位校とは

日本大学東北高等学校は、大学付属校の特色を生かした高大一貫教育を行っている共学校です。
国際交流や付属校の交流など、様々な特色のある教育を行っています。
日本大学への入学に便利な、付属推薦制度があり、様々な方式で試験を受けることができます。
この制度を利用して、2013年には228名(内現役226名)が日本大学に合格しました。
他にも早稲田大学や医学部医学科等に、多くの合格者を輩出しています。

いわき秀英高等学校は、中高一貫教育を行っている共学校です。
100分授業を採用しており、補講や個別指導が充実しています。
2人担任制できめ細かい指導を行っています。
2014年の大学合格実績は、福島大学6名(内現役5名)、早稲田大学2名(内現役2名)など、難関校に多くの合格者を輩出しています。

福島県立福島高等学校は、2014年に新築校舎が完成した共学校です。
県内ではトップクラスの進学実績を誇る、伝統ある高校です。
2014年の大学合格実績は、東京大学4名、京都大学2名で、医学部医学科にも多くの合格者を輩出している名門校です。

福島県立安積高等学校は、進学実績に定評のある共学校です。
部活動にも力を入れており、全国大会出場を果たした部活動も多くあります。
2013年度の大学合格者実績は、東京大学3名(内現役2名)、京都大学5名(内現役4名)で、難関校に多くの合格者を輩出している進学校です。

■福島県の高校で取り入れられている「キャリア教育」の重要性とは

「生きる力」の育成を目標とした「キャリア教育」を取り入れる学校が、文部科学省の指導によって増えてきています。
中高一貫校に限らず、多くの高校でもこの「キャリア教育」を取り入れています。
生徒1人1人が希望に合った進路選択をすることは、高校入学後の生活だけではなく、将来の職業や生き方にも繋がる大切なことです。

・多様化する進路
終身雇用制度の崩壊で、「正社員」の比率が年々下がり、「非正規社員」や「派遣社員」が増えています。
人手不足とされる職業もありますが、弁護士のように国家資格を持っていたとしても、飽和状態で平均年収が大きく下がったと言われている資格は沢山あります。
また、政府が発表した2050年の日本の人口は9700万人と、1億人を大きく割り込む試算です。
福島県でも、過疎化が振興している地域がありますが、今後更に過疎化が進むと、ライフラインの維持が難しくなるため、都心や一部の人口密集地に人が集まるようになると言われています。
変化が目まぐるしい社会の中で、将来どのような仕事に就きどんな生活をしたいのか。
中学や高校時代から、明確に自分の目標を立てることが出来るお子さんばかりではありません。
多様化する進路や働き方にあわせて、自分に合った進路選択を出来る「キャリア教育」を利用して、志望校や就職先の選定に役立てましょう。

・家庭で出来るキャリア教育
キャリア教育を学校に任せるだけでは無く、家庭でも積極的に行っていくことが大切だとされています。
けれども、キャリア教育といきなり言われても、戸惑ってしまう方も多いと思います。
家庭で出来るキャリア教育の基本は、

(1)多様な職業の存在を認知させ、それらの内容を理解させる
(2)働くことの意味を考えさせる
(3)人とかかわることの大切さを理解させ、それを円滑に行う力を身につけさせる
(出典:国立教育政策研究所 「家庭におけるキャリア教育の可能性」)

ことであるとされています。
簡単なことだと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、特に2番や3番のポイントは、核家族では難しいことも多くあります。
しかし、人は触れ合い関わり合って育ちます。
小さな頃から、「働く」ことについて考え、労働の喜びを知ることが、将来のキャリア形成に繋がるのです。
受験期だからといって、他の者を全て犠牲にして勉強をしてしまうと、合格や入学がゴールになってしまいます。
自分の将来に明確な目標を持ち、夢を持つ為にも、是非ご家庭でも積極的に「キャリア教育」を意識したコミュニケーションを図ってみて下さい。

資料請求は1度に最大5社までとなっておりますので、ご注意下さい。
現在、6社以上選択しています。

福島県に関する特集記事

福島県の受験情報や、家庭教師を利用していた元受験生の体験記を記載しています。
家庭教師を選ぶ上で参考になる情報が多くありますので、是非ご活用ください。

合格体験記
T.Hさんの合格体験記
最初に受験初期の僕の成績について話しますと、高3の夏の模試での成績は私大3科目で偏差値38でした。にも関わらず第一志望を偏差値70を超・・・続きを見る

福島県の特集記事一覧を見る

家庭教師比較ネットのおすすめコンテンツ
  • ぴったり家庭教師診断
  • 家庭教師ランキング
高校受験にオススメの家庭教師派遣会社

近くの都道府県から家庭教師を探す

北海道・東北地方
家庭教師派遣会社を探す