福岡県の高校受験対策情報

執筆者紹介

S.Yさん

自己紹介
3児の母で子どもの幼稚園受験を経験しており、現在は中学校受験及び小学校受験を目指して情報収集や子どもへの指導を行っております。主人の指導経験及び、受験経験(幼稚園受験・小学校編入試験・中学校受験・筑波大学附属駒場高等学校・東京大学文科一類合格)に基づき、記事の執筆を手がけました。

執筆者経歴

東大螢雪会2年、SAPIX中学部(高校受験)Zクラス2年の指導経験があり、主に高校受験を指導してきました。筑波大学附属駒場高等学校や開成高等学校をはじめとし、多数の難関校への合格実績があります。

受験対策情報

■福岡県の高校受験の特徴とは

私立では、
久留米大学附属高等学校・九州国際大学付属高等学校・西南学院高等学校
公立では、
福岡県立修猷館高等学校・福岡県立明善高等学校

等が偏差値70を超える上位校として人気があります。
併願校には、県内の学校以外にも、同じ九州地区にある鹿児島県のラ・サール高等学校や、高知県の土佐高等学校そして佐賀県の早稲田佐賀高等学校等を選択する方もいらっしゃいます。
学生寮を併設していたり、下宿の紹介のある学校が九州地区や西日本には多いため、多彩な選択肢があります。

福岡県内では、久留米大学附属高等学校や福岡大学附属大濠高等学校には、男子寮が併設されています。
また福岡工業大学附属城東高等学校や柳川高等学校には、女子寮があります。


■福岡県の高校受験の上位校の特徴とは

久留米大学附属高等学校は、共学の附属校で中学校と大学がある、伝統と実績のある名門校として知られています。
西日本の各地から生徒が集まる人気校で、男子には学校の敷地内に学生寮があります。
女子は自宅からの通学が前提となっています。
中学校三年生から高校一年生にかけて、基礎学力の定着及び進路志望の確立を行い進路の選択を行います。

2013年度の大学合格実績は、東京大学24名、京都大学17名で、医学部に94名等、九州地方にある高等学校の中でもトップランクの進学実績を誇っています。

福岡県立修猷館高等学校は、共学で福岡県の公立高校の中でもトップクラスの進学実績を誇る名門校です。
勉強の他部活動にも力を入れており、全国大会への出動経験もある英語ディベート部門を擁するESS部や、ボランティア活動を行うJRS部等多彩な部活動や課外活動が行われています。

2012年度の大学合格実績は、東京大学17名、京都大学11名で、その他にも国公立大学の医学部医学科に17名の合格者を輩出しています。
入学者選抜では作文と面接そして提出書類で選考を行う推薦入試を行っており、運動や課外活動で実績のある性との募集を行っています。

■高校受験で合格点を取る為のテクニック

様々な方法で高校受験対策を行い、合格するための努力を惜しまない。
そんな意識の高いお子さんのために、合格点を取る為のテクニックをご紹介します。
ベースとなる学力の向上は勿論ですが、合格をする為には、テクニックを駆使することが明暗を分けるポイントになる事もあります。
過去問の分析を行うだけではなく、様々な情報を活用することで、より合格に近づくことが出来ます。

・時間配分をする

試験問題が配付されたら、1問目から回答を始める方も多いと思いますが、点数を確実に稼ぐためには、「問題を解く順番」が大きな鍵となります。
その為にはまず、「みんなが解けるであろう問題」と「回答に掛かる想定時間」を割り出し、時間配分を行います。
特に過去問を何度解いても、全てを時間内に解くことが出来ないと判っている場合には、時間配分をきちんと行うことが明暗を分けます。

・みんなが解けるであろう問題から解く

みんなが解けるであろう問題から解くことは、比較的容易な問題が多く、自分に自信を持つことが出来るからです。
難しい問題に最初に手を付けると、時間ばかりが取られてしまうだけではなく、不安感に襲われることもあります。
試験会場は自分との戦いの場です。
心の持ちようで点数が大きく変わることも珍しくありませんので、まずはみんなが解ける問題を確実に解き、心を落ち着けましょう。

・合格者最低点を意識する

過去問を解くだけではなく、合格者最低点を意識することで、「この高校の試験は7割取れれば良い」と読むことが出来ます。
言い換えれば、「3割は捨てられる」のです。
判らない問題がある場合には、過去問での点数分配はどうだったかを考えましょう。
点数分配によって、「その問題を切り捨てても良いのか、それとも部分点を狙うのか」という判断を行うことが出来ます。
勿論試験の難度によって、合格者最低点は異なります。
毎年の傾向だけではなく、それに少しプラスして点数を取ることが大切です。

例えば、福岡県で難関校として知られている、久留米大学附属高等学校では、2014年度の合格者最低点は285点ですが、前年度の場合は312点です。
合格者平均点は2014年度は319点で、前年度は336点ですので、310点を狙えば合格範囲には入れるということになります。

・必ずしも上位合格を狙わなくて良い

特待生枠や首席入学を狙わない場合には、上位で合格することに拘るよりは、「確実に合格する」ことを大切にする方が良いと思います。
これは、上位を狙うあまり焦りが出てしまうお子さんが多いからです。
但し入学時の成績によって、進学後のクラス編成が決められる学校もあるので、志望校の傾向を知る必要があります。

如何でしたか?
この合格のテクニックは、本命校・併願校問わず使用することが出来ます。
勿論高校受験だけではなく大学受験でも利用が可能です。
是非参考にして下さい。

資料請求は1度に最大5社までとなっておりますので、ご注意下さい。
現在、6社以上選択しています。

福岡県に関する特集記事

福岡県の受験情報や、家庭教師を利用していた元受験生の体験記を記載しています。
家庭教師を選ぶ上で参考になる情報が多くありますので、是非ご活用ください。

合格体験記
T.Oさんの合格体験記
最初は県内の偏差値で62ぐらいでした。全国の偏差値ではないので、全国偏差値だと50台だと思います。第一志望の県立高校が偏差値71、同・・・続きを見る
中学校受験対策情報
S.Yさんの受験対策情報
■福岡県の中学校受験の特徴とは 私立では、 久留米大学附設中学校・西南学院中学校・明治学園中学校 国立では、 福岡教育大学附属福岡中・・・続きを見る

福岡県の特集記事一覧を見る

家庭教師比較ネットのおすすめコンテンツ
  • ぴったり家庭教師診断
  • 家庭教師ランキング
高校受験にオススメの家庭教師派遣会社

近くの都道府県から家庭教師を探す

九州・沖縄地方
家庭教師派遣会社を探す