千葉県の高校受験対策情報

執筆者紹介

S.Yさん

自己紹介
3児の母で子どもの幼稚園受験を経験しており、現在は中学校受験及び小学校受験を目指して情報収集や子どもへの指導を行っております。主人の指導経験及び、受験経験(幼稚園受験・小学校編入試験・中学校受験・筑波大学附属駒場高等学校・東京大学文科一類合格)に基づき、記事の執筆を手がけました。

執筆者経歴

東大螢雪会2年、SAPIX中学部(高校受験)Zクラス2年の指導経験があり、主に高校受験を指導してきました。筑波大学附属駒場高等学校や開成高等学校をはじめとし、多数の難関校への合格実績があります。

受験対策情報

■千葉県の公立高校の入試とは?

千葉県では「前期選抜」と「後期選抜」の2回入試が行われます。学力検査だけではなく、面接や調査書などが選考の資料として用いられます。また後期選抜では面接を行わない高校もあります。2012年度の調査書には各学科の1~3年の評定に加えて、総合的な学習の記録や出欠席、そして行動・特別・部活動の記録などの項目があります。また志望理由書には、志望の理由だけではなく自己アピール等を記入します。

志望の理由は希望している学校や学科に併せて、自分の経験や考えそして入学後の生活について触れながら書きましょう。自己アピールは学校での活動や課外活動等、実体験を具体的に紹介することが大切です。学校や塾などで添削をしてくれることもありますので、心配な場合には相談をしてみましょう。

■千葉県の高校受験での三者面談とは?

千葉県内の中学校では、12月に行われる私立高校の入試相談前に、三者面談を行い志望校や併願校の確認をします。その際「併願推薦」制度があったり、合格が確実に見込める安全校を決めることが大切になります。三者面談前に親子間での意思疎通をしっかりと行い、なるべく早い段階から志望校や併願校を絞り込んでおくことが大切です。
「単願推薦」で志望校の確約を受けることが出来れば良いですが、志望校よりも低い学校を薦められることも多くあります。志望校が早くから決まっている方は、是非早めに相談をしておくことをお勧めします。

また千葉県では近隣の地域とは違い、公立高校の受験が一本化されておらず前期と後期の2回試験を受けることが出来ます。どうしても公立高校に拘りたい場合には、後期も考えていることを伝えておくのが良いでしょう。

教師のアドバイスを参考にすることも大切ですが、興味の無い学校に入るのでは意味がありません。三者面談では安全校でも、入学したいと思える学校をきちんと伝えることが大切です。その際安全校の選定には「絶対に合格が出来る学校」という条件があることを忘れないで下さい。いくら興味があるからといっても、上位校では安全校と認めてもらえないケースも多くあります。

■千葉県の高校受験で人気の上位校とは?

千葉県では
千葉県立千葉高等学校・千葉県立船橋高等学校
渋谷教育学園幕張高等学校・東邦大学付属東邦高等学校・市川高等学校
昭和学院秀英高等学校・専修大学松戸高等学校

が上位校として人気があります。

■千葉県の高校受験で人気の上位校の特徴とは?

千葉県立千葉高等学校は県立の中高一貫校ですが、高校からの入学者が毎年約250名で、内部進学者が約80名なので、高校からの入学でも馴染みやすい環境といえるかもしれません。2013年度には東京大学に25名(内現役13名)が合格しており、難関校への進学実績に定評があります。「千葉高ノーベル賞」として、総合学習の時間に1年次~約2年の歳月を掛け個別研究や調査を行った中から優れた作品に贈られる賞があります。

渋谷教育学園幕張高等学校では、2014年度から前期募集定員を減らしており、前年と比較して倍率が2倍も高くなりました。上位校として人気があり、県内だけではなく東京都等近隣の地域からも受験生が集まります。2013年度には東京大学に61名(内現役41名)が合格しており、その他上位校にも多数の合格者を輩出しています。2・3年次には幅広い科目選択制を採用し、生徒の適正や進路に応じた学習をすることが出来ます。

東邦大学付属東邦高等学校は高校の自分探し学習を行っており、「総合的な学習の時間」や様々なプログラムを通して「本当の自分」に近づく学習を行っています。また「学問体験講座」として、東邦大学や他の大学と連携を行っており、年に3回様々な専門家の講義形式の授業を受けることが出来ます。東邦大学の附属中学校ですが、2013年の進学実績では東邦大学への進学者は卒業生全体の1割程度で、東京大学へ10名(内現役5名)など難関校へ多くの合格者を輩出しています。


千葉県の高校受験で人気の上位校は、中高一貫校が非常に多く、私立高校は殆どが一貫校です。近隣の地域と同様に、女子の一貫校は高校では募集を行っていないことが多くあります。また他都道府県から千葉県の県立高等学校を志願することも可能です、入学志願手続きの説明会を秋に行っています。

■千葉県県の高校受験で人気の併願校とは?

千葉県では県内で併願を行うことが多いですが、近隣の都内や近県へ併願する方もいらっしゃいます。

東京都では
男子校では開成高等学校・桐朋高等学校
女子校では慶應義塾女子高等学校・豊島岡女子学園高等学校
共学では早稲田実業学校高等部・青山学院高等部

神奈川県では
慶應義塾高等学校・桐蔭学園高等学校女子部及び男子部・山手学院高等学校

埼玉県では
栄東高等学校・早稲田大学本庄高等学院・慶應義塾志木高等学校

上記の高校が偏差値70前後の上位校として人気があります。

資料請求は1度に最大5社までとなっておりますので、ご注意下さい。
現在、6社以上選択しています。

千葉県に関する特集記事

千葉県の受験情報や、家庭教師を利用していた元受験生の体験記を記載しています。
家庭教師を選ぶ上で参考になる情報が多くありますので、是非ご活用ください。

合格体験記
匿名5さんの合格体験記
千葉県の家庭教師名門会ご利用者様からの合格体験記をご紹介いたします。 ▼渋谷教育幕張中学(千葉県)に合格した生徒様の声 「飽きること・・・続きを見る
中学校受験対策情報
S.Yさんの受験対策情報
■中学受験の志望校選びのポイントとは? 中学受験を考える場合、大抵は高校での再受験ではなく、中・高一貫で6年間通学をすることをお考え・・・続きを見る

千葉県の特集記事一覧を見る

家庭教師比較ネットのおすすめコンテンツ
  • ぴったり家庭教師診断
  • 家庭教師ランキング
高校受験にオススメの家庭教師派遣会社

近くの都道府県から家庭教師を探す

家庭教師派遣会社を探す