佐賀県の高校受験対策情報

執筆者紹介

S.Yさん

自己紹介
3児の母で子どもの幼稚園受験を経験しており、現在は中学校受験及び小学校受験を目指して情報収集や子どもへの指導を行っております。主人の指導経験及び、受験経験(幼稚園受験・小学校編入試験・中学校受験・筑波大学附属駒場高等学校・東京大学文科一類合格)に基づき、記事の執筆を手がけました。

執筆者経歴

東大螢雪会2年、SAPIX中学部(高校受験)Zクラス2年の指導経験があり、主に高校受験を指導してきました。筑波大学附属駒場高等学校や開成高等学校をはじめとし、多数の難関校への合格実績があります。

受験対策情報

■佐賀県の高校受験の特徴とは

私立では、
弘学館高等学校・東明館高等学校・早稲田佐賀高等学校
公立では、
佐賀県立佐賀西高等学校・佐賀県立唐津東高等学校・佐賀県立致遠館高等学校

等が、偏差値60後半の上位校として人気を集めています。
佐賀県の高校受験では、併願先や本命校を県外の学校にするお子さんも多くいらっしゃいます。
近隣の福岡県や長崎県そして熊本県などには、進学実績の良い名門校が沢山あります。
お住まいのエリアによっては、県外の学校を併願高や本命校として選択肢に入れるのもお勧めです。
西日本や九州地区には、学生寮を併設している名門校が沢山あります。
志望校を選ぶ際には、県内だけではなく近隣の他県や、学生寮のある学校へ目を向けてみるのもお勧めです。
勿論佐賀県内にも、弘学館高等学校や早稲田佐賀高等学校など、学生寮を併設している学校は多くあります。
自宅からの通学に時間が掛かってしまう場合には、学施療の利用も検討してみましょう。

■佐賀県の高校受験の上位校とは

弘学館高等学校とは、中高一貫教育を行っている共学の高校です。
学生寮があるので、県内だけではなく県外からも多くの生徒が集まっています。
中学の女子を除いて、原則として入学時の初年度の1年間、入寮を義務にしていますので注意が必要です。
但し専願の合格者で通学を希望する生徒はこの限りではありません。
高校からの外部進学生は、二年次までは特別カリキュラムで学習を行います。

2014年の大学合格実績は、東京大学3名、九州大学9名、そして医学部医学科に47名と、難関校に合格者を多く輩出しています。

佐賀県立佐賀西高等学校は、創立135年を超える伝統ある進学校として知られている共学の高校です。
部活動も盛んで、全国優勝を誇るバスケットボール部などがあり、文武両道を目指す生徒が多いです。

2014年の大学合格者実績は、東京大学4名、京都大学5名で、佐賀大学や九州大学にも多くの合格者を輩出しています。

■親の世代の常識は通用しない!?佐賀県での子供世代の高校受験とは

最近の学校合同説明会では、親御さんが同伴しているケースが非常に多く、お子さんでは無く親御さんが積極的に教師に質問したり情報収集を行っていたりする姿を目にします。
私達親の世代は、高校受験といえば、本人が主体となって学校を選んでいましたよね。

これは頼りないお子さんが増えたのでは無く、高校受験が多様化し、情報が多くなったのでお子さんだけでは管理しきれない事も一因です。
学校の形態が多様化し、別学や男子校そして女子校が共学になり、高校受験の選択肢が多くなったエリアが非常に沢山あります。
そして進学実績の変化や受験倍率の変化が起こり、今や高校の難易度は、私達親の世代の物差しでは測ることが出来ないといっても過言ではありません。

つまり、親も最新の情報を収集しておくことが大切なのです。
「○○高校の進学先の多くは、短大か専門学校だから4年制大学志望なら他の学校だろう」
とお子さんに言った所、「○○高校は東大合格者を輩出している進学校だよ!」と言われてしまうことになりかねません。
客観的な判断材料を、親御さんもお子さんと一緒に収集し、高校選びに関わることが大切なのです。

ここで大切にしたいのが、「過保護になりすぎない」ことです。
高校受験は、小学受験や中学受験と違い、親が関わりすぎるとお子さんに主体性がなくなってしまったり、親子関係が悪化してしまったりすることもあります。
「親は良き理解者であり、アドバイザーである」という立場を守りましょう。
受験直前に慌てないためにも、志望校を絞り込む秋前には、お子さんとのコミュニケーションをしっかりと取って、納得いくまで話し合っておくことが大切です。
もし意見がまとまらない場合には、早い段階で学校の先生や塾の先生などに相談をしてみましょう。
第三者の意見を聞くことで、冷静な判断をすることが出来るケースも多くあります。

■注目を集める早稲田佐賀高等学校

早稲田佐賀高等学校は、中高一貫教育を行っている共学の高校で、2010年に開校した注目を集めている学校です。
早稲田佐賀高等学校へは、佐賀県内だけでは無く、九州地方や首都圏そして海外からも多くの生徒が入学しています。
附設寮があり、二年次からは個室で生活をすることが出来ます。
高校からの入学の生徒は約120名と半数にあたり、一年次に数学や英語を中心として、特別指導を行っています。

早稲田佐賀高等学校の2014年度の大学合格実績速報では、早稲田大学へ推薦及び一般入学で計65名(内現役63名)、東京大学1名(内現役0名)、京都大学2名(内現役1名)、その他医学部医学科の合格者や国公立大学の合格者を多く輩出しています。
早稲田大学への推薦は、入学定員の50%程度と定められており、校内の成績を基準として各学部へ推薦を行っています。
学部により選考基準が異なるので注意が必要です。

資料請求は1度に最大5社までとなっておりますので、ご注意下さい。
現在、6社以上選択しています。

佐賀県に関する特集記事

佐賀県の受験情報や、家庭教師を利用していた元受験生の体験記を記載しています。
家庭教師を選ぶ上で参考になる情報が多くありますので、是非ご活用ください。

家庭教師比較ネットのおすすめコンテンツ
  • ぴったり家庭教師診断
  • 家庭教師ランキング
高校受験にオススメの家庭教師派遣会社

近くの都道府県から家庭教師を探す

九州・沖縄地方
家庭教師派遣会社を探す