奈良県の高校受験対策情報

執筆者紹介

S.Yさん

自己紹介
3児の母で子どもの幼稚園受験を経験しており、現在は中学校受験及び小学校受験を目指して情報収集や子どもへの指導を行っております。主人の指導経験及び、受験経験(幼稚園受験・小学校編入試験・中学校受験・筑波大学附属駒場高等学校・東京大学文科一類合格)に基づき、記事の執筆を手がけました。

執筆者経歴

東大螢雪会2年、SAPIX中学部(高校受験)Zクラス2年の指導経験があり、主に高校受験を指導してきました。筑波大学附属駒場高等学校や開成高等学校をはじめとし、多数の難関校への合格実績があります。

受験対策情報

■奈良県の高校受験の上位校の特徴とは

東大寺学園高等学校は、幼稚園・中学校を併設しています。
高校入試では、40名の募集を行っています。
2013年度の大学合格者数は、東京大学24名(内現役14名)、京都大学70名(内現役45名)で、進学実績に定評がある名門校です。
進学準備を選択する生徒が約54%と多いですが、浪人生の合格者も多いです。
私立へ進学した生徒は9名と、国公立大学志望の生徒が非常に多い学校です。
国公立の大学への進学指導経験が豊富で、国公立大学志望の方に合う学校といえるかもしれません。

奈良県立奈良高等学校は、文部科学省から、『学年の区分によらない教育課程』の研究指定を受けており、独自の「奈良高校の単位制」のシステムを起用しています。
進路の目標に王子でオリジナルの時間割を作ることが出来ます。
創立90周年を超える歴史と伝統のある学校です。

2013年度の大学合格者実績は、東京大学1名、京都大学33名、同志社大学197名、立命館大学144名で、難関大学に多くの合格者を輩出しています。

■奈良県の高校受験の上位校とは

公立では、
奈良県立奈良高等学校・奈良県立畝傍高等学校
私立では、
東大寺学園高等学校・帝塚山高等学校・西大和学園高等学校
等が人気を集める上位校として知られており、偏差値が65以上の上位校です。

国立では、奈良女子大学文学部附属中等教育学校がありますが、中等教育学校なので、高校での募集は行われておりません。

■奈良県の高校受験の併願校とは

奈良県は、京都府や大阪府等へもアクセスが便利な好立地にあります。

京都府では、
洛南高等学校附属高等学校・立命館高等学校・同志社高等学校
大阪府では、
大阪星光学院高等学校・四天王寺高等学校・清風南海学園高等学校

等が人気のある上位校として知られています。
特に京都府や兵庫県には、学寮のある学校もあり、県内外から多くの受験者が集まります。
併願先は住まいにも寄りますが、近隣他府県の上位校を選択する方も多くいらっしゃいます。
高校入学時に、保護者と居住することが確定していれば、他県でも出願可能な兵庫県立神戸高等学校の様な公立高校も多いので、情報収集をきちんと行うことが大切です。


■どうすればいい?奈良県での校風選び

お子さんの特性を理解し、楽しい高校生活を送るために、高校受験では、校風選びも大切な選択肢の1つです。
今回は、代表的な校風についてご紹介します。

・「自由な校風」「自主性を重んじる」校風とは
難関大学に合格者を多く輩出する上位校は、「自由な校風」や「生徒の主体性・自主性を重んじる」学校が多くあります。
様々な価値観を許容する良い雰囲気のある学校は、勉強だけではなく様々な体験し、バランスを取ることの大切さを教えてくれます。
けれども自由な校風に任せて、ただ遊んでいては落ちこぼれてしまうケースも珍しくありません。

そんな時に大切になるのが「目標を持つこと」「夢を持つこと」です。
自分に必要なことを考え、将来の夢を描くことで、高校生活の3年間を有意義なものにすることが可能です。
その為には、小学校や中学校時代から、キャリア育成について学び、自分の将来を具体的に描くことが必要です。
そして「自由」には「責任」が伴うことを伝えることが大切です。

例えば、東京大学への合格者を多く輩出している筑波大学附属駒場高等学校では、11月に行われる文化祭を、高校3年生が中心になって行い、その後に本格的な受験勉強に着手する生徒も珍しくありません。
日頃から勉強をしておくことは勿論、メリハリの付いた生活を送り、オンとオフの切り替えをしっかりとすることは、高校受験・大学受験を目指す上でも非常に大切なポイントです。
奈良県の上位校でも、筑駒のような自由な校風の学校が多くあります。
自分の大切な物を見失わずに、学校生活を楽しむ為にも、中学生活でその土壌を作ることがポイントです。

・規律を重んじる学校とは
規律を重んじる学校は、軌範意識を高め、節度のある行動が出来る様に生徒の育成を行います。
社会的なマナーや基本的な生活習慣を身につけるために、学校からも様々な働きかけを行ってくれます。
奈良県では県立大淀高等学校などが、教育目標に規律を重んじることを記載しています。
そんな規律を重んじる学校は、在籍中は若干窮屈に感じてしまう生徒が居ることも事実です。
けれども礼儀や規律の大切さを高校生活で学ぶことで、大学生活そして社会人生活で生かすことが出来ます。

高校生は多感な時期であり、校風や友達によって、左右されてしまうことも多くあります。
イギリスでは、子供は大人になる前の大切な準備を行う段階だと考えており、自由を与える前に社会的な規律をしっかりと学ぶことが必要とされます。
例えば愛知県にある、イギリスにあるパブリックスクールでのイートン校をお手本にした海陽中等教育学校は、企業立の学校として話題を集めましたが、寮生活で規律を重んじる学校としても知られています。
社会で生き抜くためには、他者と関わり協力することが必要不可欠です。
規律を守る大切さを知り、コミュニケーション能力を育てることは、高校生活を送るだけではなく、社会人になる上で非常に大切なポイントです。

資料請求は1度に最大5社までとなっておりますので、ご注意下さい。
現在、6社以上選択しています。

奈良県に関する特集記事

奈良県の受験情報や、家庭教師を利用していた元受験生の体験記を記載しています。
家庭教師を選ぶ上で参考になる情報が多くありますので、是非ご活用ください。

合格体験記
M.Kさんの合格体験記
中学一年から塾には通っていたのですが、全然成績が上がりませんでした。たくさん勉強したはずなので、何が原因かわからず、高校2年になっても・・・続きを見る

奈良県の特集記事一覧を見る

家庭教師比較ネットのおすすめコンテンツ
高校受験にオススメの家庭教師派遣会社

近くの都道府県から家庭教師を探す

家庭教師派遣会社を探す