高知県の高校受験対策情報

執筆者紹介

S.Yさん

自己紹介
3児の母で子どもの幼稚園受験を経験しており、現在は中学校受験及び小学校受験を目指して情報収集や子どもへの指導を行っております。主人の指導経験及び、受験経験(幼稚園受験・小学校編入試験・中学校受験・筑波大学附属駒場高等学校・東京大学文科一類合格)に基づき、記事の執筆を手がけました。

執筆者経歴

東大螢雪会2年、SAPIX中学部(高校受験)Zクラス2年の指導経験があり、主に高校受験を指導してきました。筑波大学附属駒場高等学校や開成高等学校をはじめとし、多数の難関校への合格実績があります。

受験対策情報

■高知県の高校受験の特徴とは

私立は、
土佐高等学校・土佐塾高等学校・高知学芸高等学校

公立は、
高知県立高知追手前高等学校・高知県立高知西高等学校・高知県立高知小津高等学校

等が偏差値60前後の上位校として知られています。
高知県の高校受験では、上位校を私立が占めており、近隣の他府県のように公立優位ではありません。
その為、上位の私立高校の人気が高く、併願校の選定の際には注意が必要です。
西日本には、九州エリアや四国エリアを中心に、学生寮を併設している高校が多くあります。
上位校で併願校を探すのであれば、学生寮や下宿などがある高校を選択肢に入れるのも良いかもしれません。

■高知県の高校受験の上位校とは

土佐高等学校は、中高一貫の共学校で、男子寮があります。
部活動にも力を入れており、全国大会出場を果たした部活動が多くあります。

2014年の大学合格者速報では、東京大学5名、京都大学7名、医学部医学科26名等、難関校への合格者を多く輩出しています。

土佐塾高等学校は、全国レベルの私学の創造を目標に掲げる一貫校で、共学の高校です。
学生寮があり、海外への短期派遣留学プログラムや、多角的な角度からサポートを行う進路サポートプログラムなど、特色のある教育を行っています。

2014年の大学合格者速報では、東京大学1名、京都大学1名等の難関校への合格者を輩出しています。

高知県立高知追手前高等学校は、2学期制の共学の高校です。
少人数クラスの吾北分校があります。二年次より文系と理解に分かれた学習を行っています。

2013年度の大学合格実績は、東京大学1名、京都大学1名で、高知大学に39名等の合格者を輩出しています。
■高知県での受験勉強の基本とは

ご自身の経験から、受験勉強に様々なアドバイスを送る親御さんも多いと思います。
お子さんによってはそのアドバイスが有意義なこともありますが、性格や特性によっては合わないことも珍しくありません。
そこで今回は、受験勉強の基本をご紹介します。
高知県の高校では、文武両道を掲げる学校も多く、勉強のコツを抑えておかないと、入学してから両立が難しいと感じるようになってしまいます。
是非中学校の内から、勉強のコツを抑えて、自分なりの勉強法をマスターしましょう。

・勉強は量よりも質ではない
「量より質」は確かに正しい勉強法ではあります。
けれども、上位校を狙いたい場合には、「量と質」の2つが必要です。
だらだらと勉強するのであれば、気分転換に30分身体を動かして、それから勉強に取り組みましょう。
大切なことは「量」を他人と比べないことです。
1つの事を理解するのに掛かる時間は、誰もが同じ訳ではありませんよね。
勉強時間の比較をすることに意味はありません。

・問題集はどの位必要か
「受験勉強」というと、問題集や参考書を多く買い込む方がいらっしゃいます。
けれども問題集や参考書を選ぶ際に大切なことは、数ではなく質です。
質の良い問題集を1冊もしくは2冊程度、きちんと仕上げる方がお勧めです。
塾のテキスト等でも勿論構いません。「判らないことがない」状態に仕上げることが大切です。

・集中力をあげる為に
本番の試験では60分程度の、長時間集中できる集中力が必要になります。
普段の授業で、60分きちんと集中できているお子さんは少ないのではないでしょうか。
そこでお勧めなのが集中力をあげるポイントを抑えることです。
1コマ分の学校や塾の授業を、先生が言ったこと全てを覚えてみましょう。
家に帰って復唱してみて想い出せるか実験してみて下さい。
思った以上に忘れていることが多く、集中できていないことが判ります。

集中力をあげる為には、「集中できる環境づくり」がポイントです。
勉強を始める前に机を片付けて、気になることは全て済ませましょう。
そして「簡単な勉強からはじめる」ことがお勧めです。
例えば毎日やる計算問題。全問正解だと、嬉しいしやる気が起きますよね。
また、集中力が切れてきたと感じたら、教科を変えて気分転換をするのもお勧めです。

■高知県での小学校時代からできる高校受験対策

高知県では私立優位の傾向があり、私立中学校の受験経験者も比較的多いと言えます。
リベンジ組や、私立中学校からの再受験組に混じって、上位校を狙う場合の、小学校時代から出来る高校受験対策をご紹介します。

・計算
私立中学校の受験経験者の多くがメリットとして口を揃えるのが、「計算問題を解くスピードの速さ」です。
計算問題を速くそして正確に解くことは、高校受験だけではなく大学受験でも大切なポイントです。

・漢字
読み書きは勿論、正しい送り仮名もきちんと覚えてしまいましょう。
一度間違えて覚えていてしまうと、覚え直すのに苦労します。
最初に正しい書き順で、正しい漢字を覚えることが大切です。

・英単語
私立中学の受験をお考えの方は、小学校時代からあえて英語には時間を割かないお子さんもいらっしゃいます。
多くの時間を割く必要は無いかもしれませんが、英単語は漢字と同様に、覚えていないと書くことが出来ません。
少しずつで構いませんので、英単語の学習も進めましょう。

・読書
受験勉強をする時期には、読書をしないお子さんが多くいらっしゃいます。
読書は勉強にもリフレッシュにもなる貴重な時間です。
是非、通学や空き時間を利用して読書をするように促してあげて下さい。
入試問題に出るような名作は、慣れない言葉遣いの物も多くあります。
音読して読んでみることで、聞き慣れない文章に親しみ、判らないことがあったら調べることで、知識を広げることが出来ます。

資料請求は1度に最大5社までとなっておりますので、ご注意下さい。
現在、6社以上選択しています。

高知県に関する特集記事

高知県の受験情報や、家庭教師を利用していた元受験生の体験記を記載しています。
家庭教師を選ぶ上で参考になる情報が多くありますので、是非ご活用ください。

合格体験記
K.Kさんの合格体験記
家庭教師を利用した期間が短かった為、学習能力の変化は特に無かったと思います。 家庭教師との主な勉強方法は、利用した家庭教師会社特有の・・・続きを見る

高知県の特集記事一覧を見る

家庭教師比較ネットのおすすめコンテンツ
  • ぴったり家庭教師診断
  • 家庭教師ランキング
高校受験にオススメの家庭教師派遣会社

近くの都道府県から家庭教師を探す

四国地方
家庭教師派遣会社を探す