兵庫県の小学校受験対策情報

執筆者紹介

S.Yさん

自己紹介
3児の母で子どもの幼稚園受験を経験しており、現在は中学校受験及び小学校受験を目指して情報収集や子どもへの指導を行っております。主人の指導経験及び、受験経験(幼稚園受験・小学校編入試験・中学校受験・筑波大学附属駒場高等学校・東京大学文科一類合格)に基づき、記事の執筆を手がけました。

執筆者経歴

東大螢雪会2年、SAPIX中学部(高校受験)Zクラス2年の指導経験があり、主に高校受験を指導してきました。筑波大学附属駒場高等学校や開成高等学校をはじめとし、多数の難関校への合格実績があります。

受験対策情報

■兵庫県の小学校受験の特徴とは

私立の共学では、
関西学院初等部・仁川学院小学校・甲南小学校
等に人気があります。

国立は、
兵庫教育大学附属小学校 ・神戸大学附属小学校
等があります。

併願校は、住まいにも寄りますが、私立小学校の多い大阪府や近隣県も受験が可能です。
選択肢を広げたい方は、近隣にも目を向けてみては如何でしょうか。

■兵庫県の私立小学校とは

関西学院初等部は、創立125周年を超える歴史と伝統のある関西学院の附属小学校で、大学までの一貫教育を行っています。
「世界市民の育成」を掲げ、グローバルな感覚を養うことを目標としています。
カウンセリングシステムを取り入れており、子供達の様々な問題に、スクールカウンセラーや宗教主事そして養護教諭などが、相談に応じるサポートシステムがあります。

関西学院初等部の通学圏は、自宅から1時間程度で初等部に通える範囲内で、自動車での送迎や送り迎えは、原則として禁止されています。
附属の関西学院中学部へは、条件を満たしていれば進学が可能です。
基本的には、中学部・高等部・大学への進学には、それぞれ条件がありますが、ほぼ全員が進学しています。

仁川学院小学校は、幼稚園から高等学校までの一貫教育を行っている小学校です。
カトリックの教えに基づき、心の教育に力を入れている他、課外活動以外に奉仕部活動を行っています。
国際社会のリーダーを育成することを目標に掲げ、「和と善」の精神を大切にし、ネイティブによる英語の学習や宗教礼拝など、様々な特色のある教育活動を行っています。

仁川学院小学校の入学試験では、男女約90名の募集です。
卒業後の進路は、仁川学院中学校へ内部進学をする生徒は約2割程度で、甲陽学院中学校に灘中学校や甲南女子中学校、そして洛南高等学校附属中学校等へ進学しています。
外部進学者の割合が高いので、中学受験をお考えのご家庭に特に適している環境と言えます。

■兵庫県の国立小学校とは

兵庫教育大学附属小学校は、幼稚園から中学校までの一貫教育を行っている共学校です。
「確かな学力・豊かな心・健康な体」を3つの柱とし、実地教育や実地研究の実施や大学への研究協力校として様々な任務を行っており、また、義務教育学校として教育に関する研究を行っています。
幼稚園からエスカレーターですが、国立大学法人の運営であり、今後変更になる可能性もあるとアナウンスされています。
高校受験がありますが、附属中学校の進学実績は非公開のようです。

・兵庫県の国立小学校受験で抑えておきたい、神戸大学附属学校園の再編
神戸大学附属小学校は、幼稚園から中学校までの付属校で、2007年~2020年にかけて、附属学校の再編を行っています。
再建後の神戸大学附属学校園の小学校は、附属小学校と中高一貫教育を行う「附属中等教育学校」の2校になります。
附属中等教育学校の一般募集は、2015年度に開始されます。

神戸大学附属小学校及び、神戸大学附属中等教育学校の通学区域などについては、公式HPに記載があります。
カリキュラムの特色などについても記載されていますので、是非チェックしてみて下さい。

■兵庫県での小学校受験に疲れを感じてしまったら

小学校受験のために、勉強・工作・体操など、様々な教室に通われているお子さんもいらっしゃいますが、5~6歳のお子さんにとっては、負担が多すぎることも珍しくありません。
お教室だけで合格が決まるわけではありませんし、小学校受験はゴールではありません。
ご縁を頂いたその後が大切であり、そしてお子さんにとっては慣れない小学校生活が始まるので、大変時期でもあるのです。
そのため、小学校受験の準備段階でお子さんが疲れてしまい、「憧れの小学校に通いたい」という大切な想いが潰れてしまわないように気をつけてあげましょう。

お子さんに負担が多いと感じたら、少しお休みしてご家庭で出来ることに取り組んだり、場合によってはお教室を変えて、総合的にみて頂ける先生にお願いするのも選択肢の1つです。
週に4~5日の習い事が、1回減るだけでも、お子さんの負担はぐんと軽くなります。

お休みをすることに不安がある場合には、教室の先生に相談をしてみましょう。
無理なく続けられるように配慮して頂けることもありますし、ご家庭での教育に関するアドバイスを貰うことが出来ます。
小学校受験では、芸術的なセンスに溢れる絵や、ため息の出るような完成度の高い工作は、出来るに越したことはないかもしれないですが、求められていません。
指示に従うことが出来、「道具をきちんと使えるか」等の基本的なポイントを大切にしています。

お子さんへの負担が大きすぎる場合には、まず「全部スペシャリストに習わないと合格できない」という概念を捨てましょう。
信頼でき教育方針を共有することが出来る先生を見つけること、そしてご指導下さる先生に従うことが大切です。
お子さんは、お母様やお父様だけが頼りです。
情報に振り回されずに、お子さんとしっかりと向き合って、進んでいきましょう。

資料請求は1度に最大5社までとなっておりますので、ご注意下さい。
現在、6社以上選択しています。

兵庫県に関する特集記事

兵庫県の受験情報や、家庭教師を利用していた元受験生の体験記を記載しています。
家庭教師を選ぶ上で参考になる情報が多くありますので、是非ご活用ください。

合格体験記
S.Kさんの合格体験記
個人契約で家庭教師を依頼した先輩とは住んでいるマンションが一緒だったので小学生の頃はよく遊んだりもしましたが、中学は離れてしまい疎遠で・・・続きを見る
中学校受験対策情報
S.Yさんの受験対策情報
■兵庫県の中学受験の特徴とは 兵庫県の私立の共学校では、 白陵中学校・須磨学園 男子校では、 灘中学校・甲陽学院中学校 女子校では、・・・続きを見る

兵庫県の特集記事一覧を見る

家庭教師比較ネットのおすすめコンテンツ
  • ぴったり家庭教師診断
  • 家庭教師ランキング
小学受験にオススメの家庭教師派遣会社

近くの都道府県から家庭教師を探す

家庭教師派遣会社を探す