愛媛県の高校受験対策情報

執筆者紹介

S.Yさん

自己紹介
3児の母で子どもの幼稚園受験を経験しており、現在は中学校受験及び小学校受験を目指して情報収集や子どもへの指導を行っております。主人の指導経験及び、受験経験(幼稚園受験・小学校編入試験・中学校受験・筑波大学附属駒場高等学校・東京大学文科一類合格)に基づき、記事の執筆を手がけました。

執筆者経歴

東大螢雪会2年、SAPIX中学部(高校受験)Zクラス2年の指導経験があり、主に高校受験を指導してきました。筑波大学附属駒場高等学校や開成高等学校をはじめとし、多数の難関校への合格実績があります。

受験対策情報

■愛媛県の高校受験の特徴とは
私立は、
愛光高等学校・新田高等学校

公立は、
愛媛県立今治西高等学校・愛媛県立松山東高等学校・愛媛県立松山南高等学校

国立は、
愛媛大学附属高等学校

等が偏差値60を超える上位校として知られています。
愛媛県では公立が優位で、上位校の多くは公立高校です。
併願校はお住まいのエリアによって、同じ四国地方の高校を選択する方も多いですが、九州や本州などの学生寮のある高校を併願先になさる方も多くいらっしゃいます。
同じ四国の高知県にある土佐高等学校や、土佐塾講当学校には学生寮があり、県外からも多くの受験者がいます。

■愛媛県の高校受験の上位校とは

愛光高等学校は、中高一貫教育を行っている共学校です。
キリスト教精神を基にした教育を行っています。
学生寮があり、「寮務部」として学校教員の寮の訪問や、担任の寮訪問があります。
二年次からは文系・理系のコース別に分かれて大学受験を目指した学習を行います。

2012年度には東京大学22名(内現役13名)、京都大学7名(内現役4名)など、難関校に多くの合格者を輩出しています。

愛媛県立今治西高等学校は、創立110年を超える伝統ある共学校です。
進路指導に定評があり、高大連携等の特色のあるキャリア教育を行っています。
また部活動にも積極的に取り組んでおり、全国大会へ出場する部も多くあります。

2013年度の大学合格者実績は、東京大学4名(内現役1名)、京都大学4名(内現役4名)で、医学部医学科8名(内現役1名)など、多くの合格者を輩出しています。

愛媛大学附属高等学校は、中高一貫教育を行っている共学の高校です。
進学サポート体制が整っており、高大連携の教育プログラムを起用しています。

2013年の大学合格者実績は、愛媛大学61名で、四国や関西の大学を中心に様々な大学の合格実績があります。
入試では附属中学校からの連絡入学者約20名を含む、推薦と一般あわせて計120名の募集があり、高校からの入学の生徒が多いので馴染みやすいと言えます。

■愛媛県にある中高一貫校への高校からの入学

愛媛県では、愛光高等学校や愛媛大学附属高等学校の様に、中高一貫教育を行っている高校も珍しくありません。
そこで今回は、中高一貫教育を行っている高校へ、高校受験で入学する方へ向けてのアドバイスをご紹介したいと思います。

・カリキュラムを確認する
多くの学校のHPでは、中高一貫教育のカリキュラムを公表しています。
進学実績の良い上位校の場合には、中3の段階で高1の内容を終えてしまう学校も珍しくありません。
「内部進学生と外部進学生の合流時期」を考慮することは、非常に大切なポイントです。
いきなり高1から合流だと、勉強についていくのが大変ですし、かといってずっと別の授業を受けている学校では、難関校合格は内部進学生のみの場合もあります。
多くの学校では、二年次もしくは三年次に合流し、コース選択を行います。
また、先取り学習を行わない一貫校では、最初から合流してクラス編成を行うケースも珍しくありません。
受験校選定の際にカリキュラムをしっかりと確認し、無理のない勉強計画を立てることが大切です。

・外部入学の際の勉強計画の立て方
合格が決まってから入学まで、私立の場合には2~3ヶ月、公立や国立の場合には1ヶ月程度の時間があります。
その時間を如何に有効に使うかが、勉強の大切なポイントになります。
まず中学校の復習をしっかりと行うこと、そしてできる限り予習を行うことも大切です。
高1年生の範囲を終えてしまっている一貫校は、特に授業の進度が速いことが多いです。
春休みとゴールデンウイークを上手に使わないと、一学期に挫折感と無力感を味わうことになってしまいます。
その為、入学までにしっかりと予習を行い、学習計画をきちんとたてることが大切です。

・他人と比較をしないこと
どれだけ入念に準備をしても、不測の事態や予想外の出来事は起きてしまうものです。
勉強の進度だけではなく、持ち物や話題など、他の生徒と比較して、「浮かない」ようにあれこれ考えすぎてしまうお子さんも多くいらっしゃいます。
人の目が気になるお年頃ではありますが、気にしすぎないことも大切なポイントです。
自分を信じて、楽しい学校生活を送れるように、中学校時代から自信をつけておきましょう。

・高校入学は、ゴールではない
高校受験全般にいえることですが、「合格したら○○していい」を目標にするのは辞めましょう。
高校合格はあくまで通過点の1つに過ぎません。
受験が終ったからと、開放感で羽目を外しすぎてしまい、入学後に苦しい思いをするお子さんも珍しくありません。
受験をゴールにしてしまわずに、親御さんが言動に気をつけることで、高校入学そして大学受験までをスムーズに繋げてあげましょう。
必要に応じて勉強をするのではなく、学ぶ楽しさを知ることで、勉強をするのが当たり前の習慣になっていることが望ましいといえます。

資料請求は1度に最大5社までとなっておりますので、ご注意下さい。
現在、6社以上選択しています。

愛媛県に関する特集記事

愛媛県の受験情報や、家庭教師を利用していた元受験生の体験記を記載しています。
家庭教師を選ぶ上で参考になる情報が多くありますので、是非ご活用ください。

合格体験記
M.Oさんの合格体験記
 僕は、小学校の頃は家であまり勉強をしていなくても、授業さえ聞いていればテストはソツ無くこなせるタイプで、成績も可もなく不可もなくとい・・・続きを見る

愛媛県の特集記事一覧を見る

家庭教師比較ネットのおすすめコンテンツ
  • ぴったり家庭教師診断
  • 家庭教師ランキング
高校受験にオススメの家庭教師派遣会社

近くの都道府県から家庭教師を探す

四国地方
家庭教師派遣会社を探す