春期講習特集

春期講習の活用方法

春からの新年度でスタートダッシュをきる為の準備としてできることは多くあります。
ここでは春休みを無駄に過ごさないためのオススメの春期講習の活用法をご紹介していきます。

前年の総復習

春休みは1年が終わり、新しい1年が始まる直前の長期休みです。
そのため前年度の総復習を行うことで新年度の土台となる基礎を再確認し、苦手部分の克服をすることが非常に重要になってきます。
この基礎の部分がしっかりしていないと、新年度の勉強で遅れてしまう可能性があります。
逆に復習をしっかりと行っていれば新年度の勉強でつまづくことはなく、勉強の理解度も深まるでしょう。

総復習では全ての単元や科目を確認していくことが大切です。
そうすることで今まで見落としていた苦手な部分も確認ができるでしょう。
苦手分野に関しては春休みを使ってじっくり向き合い克服していくことが重要です。

家庭教師の春期講習ではお子様の得意不得意に合わせて指導内容を決めてくれるので、苦手分野の克服にはぴったりです。
春期講習を利用して総復習、苦手分野の克服をしていきましょう。

新学期の予習

現状で苦手分野があまりないお子様であるならば、総復習と合わせて新年度の勉強や志望校の出題傾向に合わせた先取りの勉強をすることがよいでしょう。

新年度の学習を予習することで、新年度に一歩進んだ状態でスタートできるため新年度の勉強の理解力が上がり、周りの人に差を付けることができるでしょう。
また予習と総復習を春休みに行うことで、前年度に勉強したことを思い出しながら予習ができるため、春期講習でこの2つの勉強をすることは非常に効果的です。

また受験生で志望校が決まっているお子様は志望校の出題傾向を把握し、出題傾向に合わせた対策を行うことも大切であると言えます。
新年度が始まり、夏休みに入るころには実践形式の勉強方法が多くなってきます。
そのためなかなか基礎的な部分を勉強する時間がなくなってきます。春期講習では出題傾向を早めに確認して、どの単元や分野が多く出題されているかを把握できれば対策勉強も効果的であると言えるでしょう。
家庭教師ではお子様の志望校を確認したうえでカリキュラムを組んでくれるので、より効果的な志望校のための勉強が先取りで行えます。

このように1人1人に合ったカリキュラムを組んでくれる家庭教師の春期講習は非常に必要な部分を伸ばすという上で効果的であると言えます。