春期講習特集

受験生の春休み活用法

受験学年のお子様にとって春期講習は、志望校合格に向けて走り出す上で大変重要な機会です。
春休みにしっかりと勉強を始めることで周りのライバルに大きな差を付けることができます。
ここでは受験生にオススメの春休み活用方法をご紹介します。

自分の得意不得意を把握

春休みは基礎を固める時期です。この時期に復習をしないと、実践形式の問題の勉強を始めた時につまづいてしまい上手く勉強が進まない可能性があります。
そのために春期講習を利用して今までやってきたことの総復習をすることをオススメします。

その中でお子様の得意な部分と不得意な部分をしっかりと把握することも重要です。
お子様の得意不得意とお子様の志望校の出題傾向を見ながら基礎をしっかりと固めていくことで、実践形式の学習をする際にも集中して行うことができるでしょう。

家庭教師の春期講習ではお子様の得意不得意と志望校の出題傾向を比べながらカリキュラムを作ってくれるので、最適な学習方法でしっかりと力を付けていけるでしょう。

目標を決める

お子様の受験に対するモチベーションを高めるためにもお子様の目標を決めることは大切なことです。
この時期にまだお子様の志望校が決まっていない場合でも自分の実力よりも少し高いぐらいの学校を目標にすることで、勉強に対するモチベーションは高まるので、是非目標とする学校を決めるべきです。

また志望校を決めることで、具体的にどのように勉強をしていくべきかをいう計画を立てることもできます。
家庭教師はお子様1人1人をしっかり見て、学習計画を立てるので、志望校を決めることでより最適なカリキュラムを作成することができるでしょう。

このようにモチベーションと勉強効率という面から目標を定めることが重要なのです。

志望校に合格するためには

受験生にとって夏休みや冬休みと比べて、春休みはまだ具体的に受験をイメージしにくい時期でしょう。
しかし「あと一年あるしまだ大丈夫。」という気持ちでは他のライバルたちに遅れをとってしまいます。
「もう一年しかない。」と、気持ちを引き締めることが重要です。

このように受験への気持ちを高めるという意味でも春期講習は大いに役に立ちます。
家庭教師の中には比較的年齢が近く親近感がある学生家庭教師や経験豊富なプロ家庭教師がいます。
学生家庭教師なら自分が実際に経験した受験というものを教えてくれますし、プロ家庭教師なら長年の経験から受験がどのようなものか教えてくれるでしょう。

以上のように春休みに基礎を固めることと受験生であるという意識を持つことで良い状態で新年度を向かえることができるでしょう。